桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 無法松≠ェ好きな訳 -大衆演劇における『無法松の一生』-

<<   作成日時 : 2013/02/19 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

無法松、こと富島松五郎は、あほ≠ナす。
旅役者、こと大衆演劇の役者は、あほ≠ナす。
それを愛してやまないワシも、あほ=Aいっちゃん、あほ≠ナす。

無法松をご存知?
村田英雄の演歌でお馴染み、
北九州は小倉の車引きさん。
映画ではバンツマ≠ウんが演じたよね、カッコ良かった。
そんな無法松が大衆演劇でも演じられている。
ワシが目にするのは、紅劇団で演じられるもの、
同魂会・紅あきら会長主演による無法松。(※正式タイトル『無法松の一生』)
何年前かな、それこそ、同魂会という会が出来る前、
その座長大会がされる前、きっかけとなった
博多新劇座のチャリティー公演で演じられたものが有名(※市販ビデオもあり)やが、
ここ数年、また、頻繁にではないが劇団で演じられている。

ワシは、これが、好きや!
ベタやけど!好きや!
ラブストーリーは嫌いやけど、
綺麗事は嫌いやけど、でも、これは好きや!
そしてそして。
ワシが今追っている役者氏も「俺、これ、好きや!
最後どないなるか解ってても、演じてて心から泣ける」言うてた!

なぜなら、無法松はあほ≠ナある。
あほ≠ニ云うと語弊を招くが、敢えてこの書き方をする。あほ≠ナある。

車引きの無法松は喧嘩好きで一本気で荒くれ者で。
でもヒロインである吉岡の奥さん(未亡人)が好きになったら、
尽くす働く、働く尽くす。自分のことはそっちのけに、
奥さんのため、そしてその奥さんの大事な息子敏雄くんのため働く尽くす、尽くす働く。
で、ぼろぼろになって、死ぬ。

…あほ≠キぎる。

なんもせぇへん訳や。
手ぇも握らへん訳や。
エエ男や。(どういう意味?!笑)

せやけどエエ人すぎるやろ。
見返りなく。
求めず。
ひたすら尽くし。
死んでもうた。
最後、お金残して。

これぞ、「THE 純愛」です!
この言葉安っぽい、けど、でもTHE 純愛!
そんなヤツおりゃせんでぇ!(※大木こだま師匠風に)
けど、超・格好いいぜ!
もはやファンタジーだぜ!
けど…理想だぜ!!

大衆演劇の役者さんには純粋な人が多いとワシは思います。
ん?純粋?!
うん。
男と女、お金、生活…いわば人間の汚さがもろに出る世界と言っても過言ではない。
だからただ、ただただいい人ではおられない。だって生きていかないといけない。
舞台の上は夢のようにうつくしい、でも生活って決してただ美しくはない。
それはワシら一般人でも同じだけれどもこんなに人・人・人だらけの世界なら、なお一層。
でもせやからこそ彼らはその中でそれでもひたすら純で一本気。
そう、演じるお芝居の中の人物のように、
時に損すらするだろうほどに、純粋で、一本気で、やさしく、
理想の男であろう、目指そう、格好良くあろう、格好良く生きよう!
…としている人(ゆえに少々ヒネクレテ解りにくかったりすらする。笑)が多い気がする。

そんな世界で。
そんな世界だからこそ。
このあほ≠ニいうストレートな言葉で表現したくなるほど、
まっすぐ、まっしぐらな、「男」、無法松が演じられ、愛されていることって、
「ああ、もぉ。なんか、エエなぁ」って、ワシは思います。
しみじみ、愛しいな、素敵やな、って、ワシ、思うのです。

人間、かくありたいね。
いや、人間、皆、心の中は、こうだよ、ネ。

というワシもまた、情けないことに器用に生きられない人間です。
先日も大ミスして、仕事一本クビなりかけて、
世話になってる作家のおとーさまに「お前のこと昔から知ってるけど!
お前のまっすぐさ∞ばか正直さ≠ヘな!映画や物語の中ではエエかもしれんが、
ゲンジツ世界ではあかんねん!損するぞ!ええ加減にせぇ!」と言われました。
とほほ! もう30やのに! 恥ずかし!

でも、だからこそ、あほ≠ネ無法松が、好きなんだよーっだ!

(カッコ悪! でも、ワシ、他人のために死ぬまで頑張るんはたぶん無理っ!笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
2月8日、紅劇団、羅い舞座堺東店。
この劇団のこの芝居はこの劇団とここの役者さんのカラーと良さが超出ているエエ芝居
…の1つやとワシは思います。(※前回記事

どうでもええがワシは村田英雄が好き。歌もキャラも好き。三波春夫じゃなくて。いや、三波春夫も好きやけど。
(つってたら若い役者さんに先日茶化された。なんでやろ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
まるで、やはり、無法松-紅あきら、なう-
≪紅さん≠ヘ無法松≠フようだ≫ 十八番狂言『無法松の一生』を初めて観た時思ったその気持ちは 今、改めて、更に、強くなっています。 紅さん=Aそれは「同魂会 会長」、 そして今は「紅劇団 責任者」という肩書きになった「紅あきら」さん。 無法松=Aそれはかの有名な富島松五郎(『無法松の一生』)…松っちゃん=I ...続きを見る
桃花舞台
2013/08/14 00:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無法松≠ェ好きな訳 -大衆演劇における『無法松の一生』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる