桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 私的《本物》の『飢餓海峡』A -その「目」-

<<   作成日時 : 2013/03/02 19:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

暗い目が光る。
出の瞬間にギラリと光る。
その目が表すものはまさしく「飢餓」なんじゃないだろうか。
それは空腹による飢餓ではなく、心の飢えによる飢餓。
漕いでも漕いでもかつての時代には戻れぬ岸ない飢餓。
それは一番上を見て、今、下に降りたた人間だからこそ噛みしめる飢餓であり
一番上を見て、今、下に降りたた人間にしか解らぬ飢餓なんじゃないだろうか。
それは、寂しさに負けるほど頭が悪くはない人間が
舞台という職場で、今、それでも己の矜持をかけて魅せる生き様なんじゃないだろうか。

それは、のらりくらりと
この人間蠢く百鬼夜行の魑魅魍魎の舞台人間世界を
まるで狸のように素敵に泳いで生きてきながらも、
今の自分がその飢餓感を味わう意味を、理由を、
心の底では解り、受け止め…きれんが受け止め、
ゲンジツを「舞台」に生きる者が魅せる虚実ないまぜの「飢餓」…

というと、エエ様に言いすぎかなぁ。

でもそんなゲンジツそんな気持ちが全て現れるかのようなあの目は、
ゾッとするような目。冷たい目。プロの目。
だから、いろっぽい目。怖い。凄い。

そこにあるのは暗く冷たい海。

取り込まれそう。取り込まれたい?取り込まれない。観たい。追いたい。面白い。

って、ニヤリ勝手に勝負を挑んだ気になり調子に乗っているのはワシだけ。

その飢餓は、他人にはきっとずっと永遠に理解できないものだろう。

でも、その舞台のその目にゾクゾクすることをワシはやめられない。

画像


画像


地獄だねぇ(笑顔)

だから、その「目」ゆえに、それはワシにとって一番の『飢餓海峡』なのです。
そう、これまでのどんなものより、そしてこれからどんなものに出会おうとも。
かつての若い頃は解らないしもう観られないけれど、
「今」のその『飢餓海峡』は、他の誰より、『飢餓海峡』。

役者は見た目だけど見た目だけじゃない。
生活=舞台=人生という旅である大衆演劇の役者の舞台には、
その人の性格とか生き方とか道のりがそして「今」が全て反映され、滲み、漏れる。
そう思いこれまで大衆演劇の舞台を追ってきたワシは、
多少の目の眩みや情の移りはあるだろうけれど、ほんまに、そう思います。

だからもうちょっと泳いでてよ、犬飼サンもとい見城サン。

生き続けようじゃない。こっちの岸とあっちの岸で。

なぁーんて。

やっべぇ〜、ワシ、キモい〜。
まるで最後のシーンで鬼気迫るほど情寄せる左幸子(※以前の記事)。

え? そんなエエもんちゃうって?!

わはは! うん!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
【その@】から、ほんで、【そのB】に続きます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
私的《本物》の『飢餓海峡』@ -その理由-
『飢餓海峡』は元は小説です。 水上勉が書いた暗い暗い小説です。 恋愛小説ではありません、社会小説です。 そこから映画化もされました。 暗い暗い、よく出来た映画でした。 『飢餓海峡』という曲はそれをモチーフに 作詞家吉岡治が石川さゆりに賭けて書けた一曲です。 よく大衆演劇で使われます。 けれど、その中で、ワシには≪本物≫と思う『飢餓海峡』があります。 ...続きを見る
桃花舞台
2013/03/02 20:05
男? 女? 役者! -殿様『さのさ』の色気は人生-
ちょっとヤバいんじゃないの? ってくらい、色っぽい! そう思ったしそう言うたから変な誤解されたならヤだなーもー(笑) でも「わ!」って思ったのは、 きっと、無駄に情の入ってるワシだけじゃないと思うのです。 若い頃女形でならした今は若くないその人が かっちりした殿様風鬘、立役姿で、ゆらぁ〜り踊る『さのさ』を観て。 だって殿様姿で『さのさ』って、思いつきますか? で、くるぅり回って、目を流して、ぼわぼわ色気出せますか? ...続きを見る
桃花舞台
2013/03/19 03:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私的《本物》の『飢餓海峡』A -その「目」- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる