桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 古くて新しい、からカッコイイ -イマドキの男前踊る『鯱』-

<<   作成日時 : 2013/05/05 03:47   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

半年ほど前の話。
人気の男前役者さんが鳥羽一郎を踊るのを観た。
曲名は、ずばり、『鯱(しゃち)』。
イケメンが、櫓を持って、ロン毛鬘で、
「オレは鯱になりたい、でっかい男になるんだゼ」みたいな曲を踊っていた。
ワシは一人勝手にテンションが上がった。
だから思わずアホのように声をかけた、「あれ!めっちゃええ!鯱!」。
すると返ってきた答えは「ええやろ〜っ!!俺も好きやねん!!鯱!!」。
イケメンが、もう、満面の笑顔で!

意外でした。

なぜなら彼はイマドキのPOPSが似合う。
例えば東方神起、例えばソナー・ポケット。
カッコイイ。テッパン。客席の温度もめちゃ上昇する。眩しい。

しかし鳥羽一郎は正反対だ、ド演歌だベタベタだ、こてこてだ。
てか「鯱になりたい」って、よく考えたらギャグだ。
でも、これぞ、ザッツ鳥羽一郎ism=≪これが「男」だ! ≫、たまらねぇ!

そんな鯱がきっかけで、
開演前に客席におられた彼に少し声をかけて話したら、彼は言うた。
≪POPSはお客さんは好むけれど、踊りにくい≫のだと。
≪演歌は乗れて、テンションが上がる≫のだと。

なんだか、また、勝手に嬉しくなった。

近頃のファンは舞踊ショーに於ける演歌をあまり好まないらしい。
若い子だけでなくオバサン(失礼)も、
演歌じゃなくわりとイマドキの曲を好んだり、
演歌は演歌でもポップ調の演歌を好んだり。
うん、解る、それが時代なのかもしれない、時代なのだろう。

けれどワシは思う。

演歌って日本人の血と肌に馴染むリズムで構成されている。
だから踊っている方はきちんとそのリズムに合わせてきちんと「舞踊」が出来る。
観ている方も知らん曲でも拍手が出来るし自然と身体がメロディーに乗れる。
演歌って作詞家が精魂込めて書いた味わい深い(笑)歌詞があって、物語がある。
それは現代の感覚ではちょっと古臭い物語だったり、
ちょっとダサく感じる男と女像だったりするかもしれないけれど、
でも、言葉遊びとかじゃなくヨコモジでもなく、1本の芝居のような「物語」になる。
だから役者の力が表れるし、役者の力も向上するのではないかと。(私見)

先月、またまた鯱になった(笑)彼を観た。

今風の顔したイマドキのイケメンが、
茶髪で、ばっと肌脱ぎして、ムキムキの筋肉を見せて、
「オレは鯱になりたいゼ」ってなコテコテの演歌を踊る姿は悪くなかった。
いや、それはなんだか新鮮だった、古臭いのに新しかった、非常にカッコよろしかった。

画像


画像


画像


ワシはニタリと笑顔になった。

「これ、ええなぁ」、「古くて新しい」、「こういうのって、大衆演劇ならではやないかなぁ」。

ワシは、こういうの、次の時代に持って行って欲しいと思うねん
こういうの、ずっと続いて欲しいと思うねん。
こういうの、もっと、ウケていって欲しいと思うねん。

で、またまたひとり勝手にテンション上がり、
「やっぱ男は演歌やろ!やっぱ役者は演歌やろ!」
なーんて調子に乗り言うてもうたら、彼はまた満面の笑みで返してくれました、

「せやろ!せやで!」。

わはは。

ええでぇ、ワシはほんまええと思うねんで、
POPSが似合う、文句無しのイケメンがしゅっと踊る、こってこてのド演歌、『鯱』!

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
4月9日、木川劇場、紅秀吉花形。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『惚れ神』にみる大衆演劇のちょいワル楽しい魅力
『惚れ神』と云う曲があります。 超かいつまんで言うと、 ≪パッとせぇへん一人の人間が惚れ神≠ノ会った≫って曲です。 超要約して言うと、「ヤバい!惚れちゃった! ヤバい!ハマっちゃった! わー、この先辛そう面倒くさそう! でも楽しい!…たまらない!うふふ!」って曲です。 これ、ドMの快楽? いえいえ、これはオトナの高尚な遊び。 ハマり、惚れ、落ちて堕ちた己を客観的冷静に眺めてニヤリ、翻弄される事を「楽しむ」。 なかなかデキたアソビ方やない、精神的ちょいワル男女のアソビ方ホレ方... ...続きを見る
桃花舞台
2013/08/15 18:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
古くて新しい、からカッコイイ -イマドキの男前踊る『鯱』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる