桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS その瞬間 -龍美麗×『歌麿-UTAMARO-』(石川さゆり)-

<<   作成日時 : 2013/05/24 02:45   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

その瞬間、舞台上の歌麿さんは口にくわえていた半紙と画筆をパァッと宙に放した。
放して、その綺麗な顔をこちらに向けた、客席に…。
嗚呼。
ワシは思った、
ほんまに、「貴方、まるごと、歌麿。」
「龍美麗」座長(※以前の記事)が踊った、『歌麿-UTAMARO-』(石川さゆり)を観て。

『歌麿-UTAMARO-』、ワシはこの曲が嫌いです。
いや、正確に言うと。ワシは大衆演劇でのこの曲の使われ方が嫌いなんです。

なぜ皆こぞって面踊りをする? なぜ皆花魁や遊女姿で踊る?(※以前の記事

うーん、でも、そうだよね。
この曲は、ちょっとヤベぇ恋をする女が「ふふ、私ってまるで歌麿の画の女みたい」って
ちょい自嘲&ちょいナルシスに…いいえ、覚悟を決め強い笑顔でつぶやく歌だもんね。

けど浮世絵マニア江戸マニアのワシは嫌なのです。

だってそれじゃ、
歌麿の画のただ色気だけが変な形でクローズアップされてるみたいじゃん?
いい意味で≪色気≫が重要となってくる大衆演劇世界だけど、
よくない意味で≪色気≫だけが受け取られがちにもなりがちな大衆演劇世界だからこそ、
歌麿が、そういう風に、過剰に魅せられ、客席にもキャッて言われるのは嫌だよ…。

完全にオタクの呟きでお恥ずかしい限りですが(笑)、そう思うのです、思っちゃうのです。

しかし、そんなワシが目にしたのは、ほんまの歌麿さんやってん。

イントロが流れ、幕が開いたそこに居たのは、
画筆をくわえ、手には半紙、でも、長髪、長身長髪の、歌麿さん。
綺麗過ぎるくらい綺麗な顔の若い彼…宇野亜喜良が描いた絵みたいな顔の歌麿さん。

そんな綺麗な、人形みたいな歌麿さんは、
曲のいっちゃんの盛り上がりで、パァッ!、画筆と紙を宙に放りました。
描けない、描けない、とでも言うように、もがき、そしてパァッ!と。

ワシ、思った、「あ、描けた。」
ドキッとした。
「描かれてはないけれどきっと描かれていたであろう紙の中の女が、天に帰った!」

あの綺麗な歌麿さんの手によって。
いいえ、あの綺麗な歌麿さんがもがいてもがいて描き上げた事によって。

いいえ、いいえ。そうじゃない。それだけじゃない。

もがいてもがいてもがいて、
役者として生き、凄い弟(※前回記事)を意識し、
いや、でも、自分のカラーで毎日舞台に立ち自分のカラーを成立させ、
そして今、この曲をこんな風に、決して巧くはないかもしらんが、
そのもがきとセンスによって舞台にこう表現した彼の手によって、
あの瞬間、画の中の女たちは生き、
彼女らを生かした歌麿さんは役者として、入った…
スイッチ入った、つまり、いった、「神」(?!)になった!

そんな歌麿さんの姿は、いや、役者さんの姿は、とても、いろっぽかった。
もがいているだろう(と思う)けれど、ただひたすら涼しく、美しかった。

嗚呼、大衆演劇を観ていて一番、最もゾクゾクするのはこういう瞬間なんだ。

人(役者そのもの)と、曲(のナカミ・内容)が期せずしてだぶり、
本物以上に本物の≪正解≫を見せてくれる瞬間。
そして人(役者)が己の意識を越えてスイッチ入る(ように見えた)瞬間。
いった、っつうか、神になった、っつうか、そんな、一瞬の、瞬間…。
とてつもなくいろっぽくて、とてつもなく人間臭い、あの、瞬間…!

ゾクッとさせてくれた彼は、ほんま、まるごと、歌麿、でした。

歌麿みたいな恰好をしていたからという理由(だけ)ではなく。
女形じゃなかったから、でもなく。
彼だから、こそ。
彼が彼だからこそ、その一瞬を感じさせてくれたから、こそ。
ねぇ、そうだよねぇ。天国(地獄)におられる、歌麿さん(御本人!)?

ワシ、思わず語りかけたよ。
あ、いや、知り合いでもなんでもないけど。
てか会った事もないけど。
せやのにまるで歌麿の女みたいな、気分で、サ(笑)



人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
5月15日、朝日劇場夜。
ゲストで来られた若葉しげるさん(※以前の記事)を観に行ったら、こんな瞬間に出会えたよ。
ま、ワシは歌麿っつうより北斎派なんですが。笑

と、ひとつお知らせ(?!)もどき。
久々にプロフィール(PCからのみ)を書き換えました。お仕事関係&興味を持って下さった方は是非ご一読頂ければ幸いです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
その瞬間 -龍美麗×『歌麿-UTAMARO-』(石川さゆり)- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる