桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS Yes, You're King of Kings!-若葉しげる総帥の笑顔と舞台-

<<   作成日時 : 2013/05/25 23:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

若葉しげるさん、
その人はKing of 女形
こってり塗ってぷりぷり踊って
ヨヨヨと泣き崩れる演技をする、THE King of Kings。
先日朝日劇場にゲストで出られた若葉さんは、
ご自身が若き日に立てられた名作芝居『花街の母』をこってり主演し、
ショーの2番手で現れ、五木ひろしの『べにばな』をぷりぷり踊り、
ニコニコうっふん帰って行かれましたよ、「あー、しんど(笑顔)」。

若き日は相当厳しい先生だったと耳にします。

うん。

孫みたいな歳の(?!)若い子たち(スーパー兄弟)と舞台に上がっていても、
ちゃんと芝居上の女ヒロインに成り切りながらも、
若い子にゃ負けん、なんなら食うて潰してやろうくらいの気迫とプライドを感じた。
ニコニコ笑いながらボコボコ殴る(※そんなシーンが劇中ある)、その殴り方に容赦ないし、
クライマックス、ヨヨと泣き崩れながらも、ばっちり、客席に顔をキメておられた。

『べにばな』なんて、ふつーのかる〜い演歌を
ぷりぷり踊って、時に、むぅ〜っと唇寄せて肩すぼめて、女形な私≠アピール、
そして、「アラよっこいしょッ、ウフ、はいドォゾ観て頂戴」
とでも言うように、体を寝かせたりして、ニコニコ、たっぷり、満面余裕の笑みをくれた。

あの笑みは山越え谷越え辛苦すべてを越えてきた人の笑みなんだろう。
あの真っ白なお顔と真っ赤な唇は、とても分厚い。
厚い化粧にとびきりの矜持を塗りこめる若葉さん、
彼はその矜持ゆえに正体不明に可愛く、嬉しいほどに逞しくって色っぽい。
あざといほどに女形、過剰なくらいに女形。ああ、女形。ああ、役者! 皆の、先生!

たっぷりどっぷり、人生の重みを塗って、生きて、
けれどもぷりぷり軽やかに、全てを塗って、
ぷりぷり、むぅん、「ア〜ラよっこいしょッ」、「はいドォゾ(ハートマーク)」。

若い頃は、どんな凄かってんやろなぁ。

「若い頃から(踊りは)あんな感じだったよ。
そうか、今もまだブリッコしてるかあの歳で(苦笑いしながらも笑顔)」

これはかつてこの人に女形を教わった、これももう若くはない某役者さんの弁。

「でも芝居はホント凄かった。
さっき観てきた映画をもう立てて稽古して明日の舞台にかけるんだよ」

そんな若葉さんは今も、若い子たちにたくさんの芝居を立ててる、教えてる、継がせてる…

さて、『べにばな』を踊り終えた若葉さんは、
胸元に付いた一万円札をひょいっと外して手に取り、
ニコニコしながら、ウチワみたいにして顔を煽ぎ、笑顔残してハケていかれました。

「ああ、しんど」…「って、ポーズも、私、キマってるでしょう? うふ」
「人生って、しんどいのよ。でも、ふふふ、楽しいのよ。さぁ、明日も仕事仕事っ!」

…みたいな?! 感じ?!

うん、一万円札を煽いで、
変にいやらしくなく、でも軽いジョークでもなく、絵になるのってきっとこの人だけ。

先生、塗って来過ぎて、もう暑いですか?

けど、どうぞ、いつまでもKingとして生き続けて下さい、

ご自分の納得がゆくその時まで、役者として。

だってワシらはその笑顔にもっと、もっともっと学ばせてもらいたいのもの。

Yes, You're King of Kings! (not ,QUEEN!)


◆omake◆
今では(そしてワシの住む大阪では)あまり沢山観る機会がなくなったしまった若葉さん(若葉劇団・総帥)。
でも、でもでも、何度か観たときの記事は、コチラ。
ごちゃごちゃやかましいですが、もし、お暇な際、よろしければ。

「おんながたの、背中 -若葉しげる-」 (2010年、10月、千葉は太陽の里にて)
「大衆演劇の「母」 、または梅干しおむすび -ねぇ総帥篇- 」 (2011年、4月、大阪・新歌舞伎座にて)

息子さんである愛さんについても…
「It’s so cool、It’s so 立ち役! -若葉愛-」 (2010年、10月、太陽の里にて)


そしてそして大好きなこのお芝居『花街の母』…

◆「厚い化粧に憂いを隠し、酒で涙をごまかし継ぎ、継がれ、継がせ -『花街の母』」 (2011年、9月、とある劇団の初演篇)
◆「リアリティ -『花街の母』@大衆演劇-」 (2012年、3月、いろーんな劇団のこのお芝居篇)
◆「リアル -『花街の母』@スーパー兄弟-」 (2012年、3月、若葉さんが立て、スーパー兄弟&お母様が演じたもの篇)
◆「虚実 -『花街の母』@ワシと大衆演劇-」 (2012年、4月、この芝居を中心に、ワシの徒然語り篇) 


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
5月15日、朝日劇場夜。

すっげー勇気を振り絞って送り出しで声をかけようと思った。
ら、送り出しにはもうおられませんでした。(もう帰られていたのでしょうか)
若葉さんの立てられたといういろんなお芝居、ええのも、凄いのも、ふつうのも、いっぱい観てみたいな。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yes, You're King of Kings!-若葉しげる総帥の笑顔と舞台- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる