桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS タイムスリップと心意気 -「行田 湯本天然温泉 茂美の湯」(行田・もさく座)-

<<   作成日時 : 2013/07/20 23:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

ゼリーフライで有名、古墳で有名、
いや、最近では映画化もされた『のぼうの城』の舞台でお馴染みの埼玉は行田。
そこで、迎えてくれたのはくるくる回る風車の湯けむり温泉。
古里(ふるさと)調の外観になんだかタイムスリップしたみたいな気分で中に入ると、
あら、大勢が皆「ちゃんと」、芝居を観ている、なんだか綺麗な新しい広間で。
そこは「行田 湯本天然温泉 茂美(もみ)の湯」(行田・もさく座)。

「なんかひとつの建物の中に新しそうな場所と古そうな場所が極端にわかれて、あるなぁ」

画像


画像


画像


画像


画像


そう思い後から調べると、色々と改装を重ねたことを知りました。
公演会場も、以前は2階の飲食兼用大広間で公演されていたようなのですが、

画像


今は飲食する場ではなく「専用大広間」。

画像


画像


画像


そこで大勢の皆が、リラックスしながらも、「ちゃんと」観てる。

画像


画像


画像


で、ふ、と思いだしたのは子供の頃、
学校の体育館やら多目的ホールなんかで皆で観た映画や演劇。
ワシなんぞは映画でもどんな演劇でも喜んで観ていたが、そんなん興味ない子もおる。
けれど内容が進む内、そんな最初は興味なさそうだった子もぐいぐい引き込まれ。
最後は場内が一体化する、あの感じ。
そう、お湯目的で来た人もこの「芝居専用広場」があれば…ハマってまうかも?!
勿論、芝居目的で来た人間にはありがたく。
そして、舞台上で演じる皆にも演りやすく、気持ちがいい場でもあるだろう。
 
表の看板には「浅草木馬館でお馴染みの大衆演劇が観られます」ってなフレーズ。
関東の心意気のようなものを感じ、悪くない。
こんななんとも言えない遠き土地、歴史の町で皆揃って芝居鑑賞、温泉付、
いや、温泉堪能、芝居もエエね。いや、芝居もエエで!

タイムスリップしたようなこの建物の中ではそんな風に、
形は見えねども人々の心がワクワク動いているのかもしれません。
それは改装・工夫されているからこそ。心意気、故。

「行田 湯本天然温泉 茂美(もみ)の湯」(行田・もさく座)は
そうして行田という歴史の町に根付き、
関東でなくてはならないセンターのひとつとして愛され続けているのですね。

…と思うと、風呂入る暇あれへんかったけど! 謎のゼリーフライも食えへんかったけど!
あと、我が愛しののぼう様≠アと野村萬斎サマにも会えんかったけど!(※会えるか!)
てゆーか芝居+ショーも途中で帰らにゃだったけど(泣)、なんだか温かな気持ちになれたのでしたよ。


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
今月は2度も東京行きの機会があり、欲張って3つもセンターに行きました。
ちょい無理しました。けど、ワシ、めったにそんな機会ないのでねぇ。
知らぬ土地にバタバタひとりはやはりバテる! けど、面白かったー。またまたしばらく地元で大人しく過ごします(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイムスリップと心意気 -「行田 湯本天然温泉 茂美の湯」(行田・もさく座)- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる