桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 何が居る?! いや「気」が籠っている@十三のこの地に -『木川劇場』-

<<   作成日時 : 2013/08/03 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像ワシは特に霊感が強いとかそんなんやない。
てゆーかそういうの信じないしつまんない。
けれどなんとなくそんな例えが似合うと思って。
「この劇場、絶対何かおるって。
たぶん、その辺りらへん(※客席、上手、後ろ)!」
ほな役者さん、真剣な顔で
「やめてくれる? 俺ら一か月ここで生活するんやけど(笑)」!

この4月、大阪は十三に出来た劇場
「木川劇場」は元芝居小屋、元ストリップ小屋。
昭和初期?まではこの同じ地で「木川劇場」という小屋でした。
そしてそこからはなかなか豪華なストリップ劇場
「十三ミュージック」という小屋でした。
ただし残念ながら警察の手入れが入り閉まってしまい、
そこを買い取ったのが
関西大衆演劇興行界でも有名な素敵狸親父、
あ、失礼、尼崎は「天満座」(現在は閉館。
但し同じ尼崎で「三和スタジオ」経営)のオーナーである
吉田社長が見事、平成の「木川劇場」をこの地に復活させました。ジャーン!

見て下さい。この外観と、そして中の様子を。
なんだか素敵に異様な何か、口では言えん何かを感じませんか?

画像


画像


画像


画像


あ、感じない。写真だものね。では実際に足をお運びよし。

地元に住む友人曰く、工事はギリギリに取りかかられギリギリまでやっておったそうです。
こけら落としを務めた劇団の座員さんら曰く、
乗り込んできた日にはまだストリップの名残の空中ブランコがあったそうです。
ワシが劇場の棟梁に聞くと花道はセンターにあったものをとって、
下手側に芝居用の花道を付けたそうです。
ワシが訪れたのはこけら落とし4月なのでそれから何か変わっているかもしれません。
しかし変わっていてもこの不思議な、歪んだような雰囲気は
この地このハコが「持っている」ものであろう、「積んできた」ものであろう。

昔と今、いや昔から今に至る何かが、昭和と平成が、時空がなんだがグニャリと歪んで混在しているかのような。
化け屋敷で見世物小屋でスペシャルワンダーランドのような。
そう、何が飛び出すかわからない面白玉手箱おもちゃ箱、トホホでワハハな大衆演劇の小屋にふさわしい、
この、決して買っては作れぬ新しくは作れぬ雰囲気、怖い、面白い、たまらない。

それは舞台にかかる内容こそ違えども、演者とお客の悲喜こもごものパラダイスが
ずーーっと繰り広げられていたこの地このハコ訳だから。
ここに来た人間たちの楽しさとかワクワクとか満ち足りた気持ちとか、
逆に業とか欲とか怨念とかそんなん含めた人の心のナカミ的なものが留まっているから。
…たぶん。

つったら役者さんだけやなくお客さんにも「怖い!」と言われましたが(笑)

せやけどな、オープン時は4月ということもあり、客席に造花の桜が飾られてたのよ。
それが素敵に妖しくてさー。
まさに「桜の森の満開の下」、桜の木の下には死体が埋まって…はいないやろけど、
ネオン街(※劇場はネオン街とか逆の閑静な住宅街の中ですが)十三にある
「木川劇場」には、やっぱ、何か、居てるかもしれへんでぇ〜!(笑)


■omake■
ワシはどうもあの因縁の(※いや、別にないですけど雰囲気的に)「天満座」がとても好きだったらしい。笑
俗悪、キレイゴトじゃない。そんな魅力再確認な尼崎のこの小屋。】(2007年記事)
今、尼崎には天満座がある】(2009年記事)
「尼崎・天満座」からの大衆演劇への誘い(ちょいワル篇)】 (2011年記事)

天満座、そして座・三和スタジオ 】(2009年、三和オープン前日。笑)
This is 尼崎(あま)のNew芝居小屋 -座・三和スタジオ- 】(200.9年、こけら落とし時)

そしてそして、
むかーしの「出屋敷 天満座」そして我が憧れの「寿座」(!)、の、跡地!についてはコチラ。
寿座、天満座…今も受け継がれてる、残ってる、生きているのだ尼崎 】(2011年1月、地図を片手に歩き回った時。笑)


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
この4月に何度か通いました。濃かった。笑

劇場記事を続ける気は無かったのだが、たまにはね。 他のためてるネタもぼちぼち書いてゆきます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鮮やかに!新しく!大衆演劇、新世紀!-「羅い舞座 京橋劇場」-
鮮やかに! 新しく! 大衆演劇、新世紀! これからの大衆演劇! 2012年11月にオープンし、 勢い止まらぬ「羅い舞座京橋劇場」を称するなら こんな感じでしょうか。 ...続きを見る
桃花舞台
2014/02/06 23:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
何が居る?! いや「気」が籠っている@十三のこの地に -『木川劇場』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる