桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS “嵐”林火山-北城嵐-

<<   作成日時 : 2013/10/03 19:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

「うわ! 動いた! 山が動いた!」
その飄々とした人はぬぅっと踊る。
踊りと云うか、長身をぬぅっと動かす。
身を屈めて、下から見上げるようにメンチ切る。
あ、でもヤンキー(小者)のメンチやなく、余裕ある男のメンチ。
どんなんや。でもそんなんや。軽くない。でも良くも悪くも重みが無い。
そんな山は、東京から(小岩から。笑)、基本的には動かない。
どっしり飄々自由気まま、≪動かざる事“嵐”の如し≫。
しかし動けばその独特の飄々さは注目の“嵐”を呼ぶぜ、ザッツ「北城“嵐”」だぜ!

「カッコいい!」「ぎゃー!もう!カッコいいよ!惚れるよ!(笑)」

あ、これ、ワシの声じゃなく、これまで聞かされたワシの友人達の声。

彼女らはワシが腹を割って話の出来る数少ない芝居仲間なのだが、ある共通点を持ちます。
それは色んな劇団を長〜い事観ていること、
だからこの世界を客席で&客席から酸いも甘いもその身で味わってこられただろうこと。(※褒めてます)
そんな彼女らが口ぐちに言うのね、「カッコいいよ〜?(ニタリ)」、しかし、観たことないワシは、訝しげ。
ほなこんなことまで教えてくれた、「今はあんまり見られへんねん。フリー(?!)やねん」
でも!「以前はあんたが今“師匠(せんせー)”言うて追ってるベテラン役者さんの劇団に居たよ!」って、うん!

先月、偶然、そのベテランの7年ぶりの関東ゲスト出演を観に行ったら、
ゲスト先の劇団に出ておられていました、
だからワシゃ初めて観ることが出来たんです、
“嵐”を!かつて“城”に居た“嵐”を!わぁ、『逢いたかったぜ』!(←この日踊っておられた曲〜!)

画像

(↑座員さん&ゲストが皆、昼と夜とで曲を変える中、悠々とお一人、昼も夜も『逢いたかったぜ』!笑)

『逢いたかったぜ』を踊る「北城嵐」さんはなんだか独特でした。
長身をぬぅっと、でも、独特の軽い渋め味を漂わせて動いておられました。
「わはは!カッコいい!うん、カッコいいね!」あ、言うてもうた、なんか悔しい。
そしてその存在は身長同様にデカく見えました。
ワシら客席で観る者にとっては勿論、きっとゲスト先の劇団にとっても、デカいだろう。
だって劇団という良くも悪くも「家族」でありながら「会社」の中に飄々と現れ、
手伝ってくれる自由気ままな“フーテンの寅さん”みたいなオジサン。
いや似てないけど、重みのないカッコよさは例えるならまるであんな感じ。
芝居で思いっきりアドリブやギャグ言うて自分で面白くなって一人ゲラゲラ笑ってる。
それに釣られて客席もやが舞台も笑う姿や自由気ままにぬぅっと踊る姿が。
そんな役者さんだからこそ、長い事客席でいろんなことを観てきたお姉様方が
「カッコいい!」なんて言うのもなるほど納得(笑)!?うん、超納得。
生活=舞台であるからこその沁み込んだ染みのような味みたいなものが感じられぬ珍味、
悠々自適、勝手気まま、だから皆の(?!)人気者(?!)。

画像

(↑『北海酔虎伝』。ド演歌だ、海演歌だ、最強だ)

この面白い役者さんはお次はいつどこに現れ…
いや、次はいつどこの誰がこの“嵐”を呼んでくれるのかは解りません知りません。
なぜ今このような活動スタイルをとっており、
ましてや「関東限定役者」みたいになられているのかその真相は不明だし、
不明の方が面白いからそのままでええような気もします。
でもこの関東の飄々とした山は呼ばれて現れると確実に楽しい嵐を巻き起こすのでしょう。
まさに嵐を呼ぶ男、じゃないな、嵐は呼ばれる男、“嵐”林火山、休火山じゃないぜ、活火山だぜ!
いいなぁ、なんか癒し系でもあるなぁ、でっかいおじさん、いや、おにいさんなんだけどさ。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
劇団炎舞@篠原演芸場、9月15日&9月22日にて。
あ、寅さんっつうよりも『孤独のグルメ』の松重豊に見える(※デカいから)言うたが誰も共感してもらえずでした(笑)
まだまだ一度や二度では魅力がわかりきらん大物さんのようです。

ってことで3つ続けて「フリーの役者さん」記事でした。
次回はたぶんがっつり「血」「家族」な記事をいくつか続ける予定です。大ネタにつき、ぼちぼちやります。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
コメント書かせてもらうのはご無沙汰ですね!
さすがの分析力だなぁ。永久保存します笑。

あの芝居でも舞踊でも、絶妙な揺れがたまりません。
舞台上にいる人たちもね、嵐さんの
「アドリブスイッチ」が入るときがわかるようで、
「くるぞくるぞ」ってのが、たまらないみたい笑。

ちなみに嵐さん、11月は木馬ゲストのようですよ。
で、S原企画所属のフリーという位置だそうです。
これからも嵐さんを地道に応援していきます!

嵐はいいねぇ〜
ジェシカ
2013/10/07 01:57
コメント、ありがとうございます!
いえいえ、お元気そうで何よりです。

もうね、完全に身内ウケみたいに舞台上が笑ってるんだけどね。
でもそれが不快感なく、嫌味なく、駄目かもしんないんだけど、
「いっかー。」&「しゃあないなぁもう(嬉)」って、
舞台上も客席も皆がそんな雰囲気になるんよね。ズルい、いいキャラですね。

そうか、やはり11月は木馬館に出られるのですね。
若い役者さんたちの中、今回よりも更に異彩を放たれるのだなと思うと、
今から勝手にニヤニヤしてしまいます。

大衆演劇だもの、こういう人に気まま自由に暴れてもらわんと。
それが嬉しい、楽しい。ですよね。
桃♪⇒ジェシカ様
2013/10/12 06:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
“嵐”林火山-北城嵐- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる