桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮮やかに!新しく!大衆演劇、新世紀!-「羅い舞座 京橋劇場」-

<<   作成日時 : 2014/02/06 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像鮮やかに!
新しく!
大衆演劇、新世紀!
これからの大衆演劇!
2012年11月にオープンし、
勢い止まらぬ「羅い舞座京橋劇場」を称するなら
こんな感じでしょうか。

元は吉本のお笑いの劇場「京橋花月」、
色々あって
もひとつうまいこといかんかって
吉本が閉めたそこを
奈良と大阪に劇場を持つ
「羅い舞座」グループ(※以前の記事参照!)が買い取って改装しオープン。
そんなニュースが新聞でもテレビでも大きく取り上げられたのはまだ記憶に新しい。
ワシはオープンからなかなか行く機会がなかったのですが昨年12月に初めて訪れ、
「うーむ!」といい意味で舌を巻きました。

なんしか綺麗。なんしか広い。そして、なんしか周りの環境がいい。

正直、ワシの目には、大衆演劇の劇場にしてはちょっとデカすぎるかなぁと映ります。
あ、ここより大きな劇場は他にあるよ。
例えば同じく近畿圏には兵庫県の新開地劇場や大阪の朝日劇場など。
けれど、ここは元お笑いの劇場で、大衆演劇の為に作られた訳やない。
だからか、舞台は先の2軒の事を考えると決して広すぎはしないが、
舞台と客席(特に後部座席)の距離がちょい遠いかなぁという気がする。
普段、これらのサイズではなく小さい劇場やセンターの舞台サイズに慣れている
役者さん達は、皆、例えばひとり踊りでこの舞台の広さうまく使えるやろうか?
ひとり、舞台に立ち、お客さんに体一つで「気」飛ばしきれるやろか?

画像


うん、実際観てみて、正直、ちょっと厳しい役者が多い気がした。
こりゃ役者の力が出るぞ!バレるぞ!
と、コンジョワル? いや、ガチ大衆演劇好きワシは正直な目で観てしもたりもした。

けれどね、この舞台に立つ役者さんはなんだか誇らしげに見えるのです。
うん、ワシの目には、とても、誇らしげに見えたのです。

きたな…あ、失敬失敬…環境の悪いとこと違って、
綺麗で、
広くて、
大阪の繁華街京橋の駅チカすぐで、
信頼と実績の羅い舞座グループのいろいろな試み
(各種クーポン・会員サービス・宣伝など)ゆえかお客さんも結構劇場に付いてる、もう馴染んでる、
それはとても毎日の舞台へのモチベーションが上がるんやないやろか。
毎日幕を開け集客の為の細々した心配がそれほどないやろうし、
そうして高いモチベーションで舞台をすることで、
どんどん、自分が試せる、好きなこと(舞台)出来る、その機会が増える。
更に、今までとは違う新しいお客さんの新しい反応も肌で感じ、舞台が乗る、
先は明るい、先にはなんだかとても希望が見えるよね。

大阪には最近、「梅田呉服座」とか「十三・木川劇場」など
大小雰囲気それぞれ違う大衆演劇の劇場が建てられました。
どれもそれぞれの魅力があり、どこもとても楽しい、どこも好きです。
でもその中でも、ここ、「羅い舞座京橋劇場」には、なぜだろう、
その広さからか綺麗さからか環境からか…いやそのどれもでしょう、
なんだかとても≪先≫や≪これから≫―≪大衆演劇の明るいこれから≫を感じました。

鮮やかに! 新しく!大衆演劇、新世紀!

座席に置かれた色とりどりレインボーな座布団たちと、
その向こうの役者さんたちは、なんだか誇らしげに見えました。

…イイネ! (←※今風)

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
わー!劇場のええ感じの写真いっぱい撮ったのに!
ワシ的一番お気に入りのカラフルレインボー座布団Sと、その中でのワシのお気に入り席も!
ですが、ホンマにすみません、写真整理してる時に誤って消してしまいました。。
と云う事で、携帯からとったこの2つだけにて失礼。ホントに失礼。

今、トータルで一番乗ってる劇場と言っても過言やないと思います。うん。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮮やかに!新しく!大衆演劇、新世紀!-「羅い舞座 京橋劇場」- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる