桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「阿呆やなあ。愛やなあ」-我が愛しき世界=A大衆演劇-

<<   作成日時 : 2016/10/07 09:12   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日尼崎の商店街で水森かおり尽くしのおっちゃんを見た。
かおりちゃんの写真ベッタベタにプリントしたジャージ上下に鞄。
握手会の帰りか?レコ発イベントがあるのか?
気になって検索したが当日尼崎でそんなイベントは無かった。
「あれ、普段着なんや・・・!(笑)」
そこで思い出したのは某座長の熱烈ファンのオバチャンだ。
座長の写真をプリントしまくった帽子とシャツとズボンと鞄とウチワ。
毎日通って、毎日一番前の同じ席で
ペンライト?いやいやどこで取ってきたんかわからん
工事現場のピカピカ光る誘導棒振って叫んでた。

オバチャンは座長が地元の劇場に戻ってきたらいつもそうしてた。
座長も名物のようにオバチャンをいじってた。
「ようこそお姫様」
「いつもありがとうな。ほんま。ほんまに。愛してるよ。・・・嘘じゃボケー!・・・いや泣くなって!
嘘!いや、ちょっと本気にしたらあかんで。チュ。・・・って、おーい誰か救急車―!(笑)」
オバチャンはたまにお花もしてた。抱き付くようにして付けてどさくさに紛れ右手にキスしてた。
座長もオーバーに振り払うフリをして笑ってた。
「ちょっとイタい」
劇団の常連はちょっと引いてた。
「あの他とは違うウチの座長にあんなファンが居るなんて格が下がる」
自称意識高い系ファンからは眉を顰められてた。
けれど、私は同じこのやりとりにいつも笑い泣きしてた。

「ええなあ、ええ関係やなあ」「しあわせやなあ、しあわせな空間やなあ」

大衆演劇の客席にはいろんなお客さんが居る。しかも結構濃い。
語弊を承知で言うがまともなんは居ない。皆イタい。皆多かれ少なかれひとしくイタい。
意識高い系ファンはミーハーファンを否定し、ミーハーファンは意識高い系ファンを嫌う。
けどみんな一緒だ、素敵に阿呆、素敵な阿呆たちばかりだ。
踊る阿呆に見る阿呆、人間は皆平等ではないけど平等、皆一生懸命で皆阿呆。
舞台の上にも花、客席も花、花、花の花盛り、あなたも私もうれしく阿呆。
だから大衆演劇が好きだ。そんな大衆演劇の舞台と客席が好きだ。
面倒臭くて、訳わかんなくて、阿呆で、愛しくて。だから、大衆演劇がたまらない。

冒頭に書いた「かおりちゃんLOVE」のおっちゃんはそのまんま牛丼屋へ入って行った。
節約してんねやろか。節約してCD買うんやろか。コンサート行くんやろか。
あのファッションで。いやもっと派手な格好で。あのおっちゃんは私らで、私で、あなた。

「阿呆やなあ。愛やなあ(めっちゃ笑顔)」




※過去のこんな記事もご参照。女性たち編、ですね。
【なんて素敵な血の演劇 -客席の女性たちにみる大衆演劇の魔、いや魅力- 】
http://momo1122.at.webry.info/201312/article_2.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「阿呆やなあ。愛やなあ」-我が愛しき世界=A大衆演劇- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる