桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛

<<   作成日時 : 2017/08/15 15:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

先日ある大衆演劇の座長の記念公演を観た。
大衆演劇だけれど大衆演劇の劇場ではなく小劇場の劇場で
大部屋出身役者や宝塚・OSKのOGや養成所の若いコたちを呼んでの公演。
内容は一部芝居と二部舞踊歌謡ショーという構成で3時間、
いわゆる一般的な大衆演劇と同じだった。
私の集中力は一部芝居の冒頭10分で切れた。

役者のせいじゃない。
ひとえに作・演出の力だと思った。
大部屋出身の小劇場の役者兼作・演出家さんなのかなあ。
意識は高く、エンタメに、けれどナカミは幼稚かつベタ(小劇場的に)な演出に見えた。
集まった役者さんたちはそれぞれに個性と力を持った方ばかり、
なのに役者の力を信じずに、自分の好みであろう漫画的な時代劇の世界観を押し付けているような。
「これが新しい大衆演劇」だそう。
大衆演劇・旅芝居のかたちというか表面だけをみて作ったのかなあ。
ちょっと、ぐったりした。
ぐったりして気付いた。
大衆演劇・旅芝居がいかにお客さんを信頼しているか。
大衆演劇・旅芝居の役者たちがいかに矜持を持って舞台を見せているかということを。

大衆演劇は凄く自由だ。押し付けない。
いつふらっと来てもいい。食べたり飲んだりしながら観てもいい。
お気に入りの場面で掛け声(ハンチョ)をかけたりキャー!わー!素直に反応していい。
反応したら舞台上の役者さんはもっとノる、受けて返してくれる、
今観ている今の舞台を舞台上と客席が一緒になって作る。
さすがに周りのお客様に迷惑がかかるほど自分勝手すぎる行為は駄目だ、
でもそれは常識の範囲、とても、とても自由だ。
そこにあるのは信頼関係だと思う。役者の心意気と、お客さんの愛だと思う。

おもろいもん見せたる!という役者さんの心意気。
おもろいもん見せてね!観にきたで!というお客さんの愛。
おもろいもん見せてる自信がある。
毎日毎日舞台を見せて食うてる生きてるその矜持ゆえの懐深さとでも言おうか。
むかしむかしは外だったり掛け小屋だったりそんな場所でも演じていた。
どんな場所であろうと自分たちの舞台を見せてお金をもらい生きてきた。
そんな先人たちの血がDNAに組み込まれている旅役者の血の矜持。
「ええで!自由に観て!おもろいやろ?!」
一方お客さんも楽しみ上手。
アタマじゃない、体で観るつまり心で観る。楽しみ上手でとことん正直。
おもんなかったら寝る。おもんなかったら観ない(客席に居ようと)。おもんなかったらもう来ない。
温かくもヒリヒリ、ヒリヒリだけれども温かい。 
矜持があるから自由。楽しみ上手だから自由。愛があるから自由。懐深き両想い。
だから芝居が舞台が本当に「生き物」で(観る側の好き嫌いこそ出てくるが)本当に本当に「今」である。

最近「愛よりも我」なお客さんも増えたけどそれもこれも「時代」かなあ。
ネットなんかで劇団・役者さんから
わざわざ観劇マナーが伝えられたり
さらには「色恋で観ないで下さい」な「注意事項」が拡散されているのをみると
苦笑い&考えさせられてしまうけど。
「そんなことまで役者が言わなあかん時代なんか?」
そもそもそれを言うこともなにか根本的に間違ってると思うけど。
けど、やはり観る側の力が下がってきてるんかな、
それはつまりやる側(演じる側)の力が下がってきているとも言えるだろうな。
どちらもどちら、客も役者も、役者も客も。
大衆演劇だけでなく。誰が悪いとかでもなく。
良くも悪くも本当の大人が「大人の遊び心」を知らない・わからない時代になってきているのかな。
苦笑いは当分とまらないなと思うけど。

時代が変わっても時代を越えても大衆演劇・旅芝居、
この信頼関係…心意気と愛の「両想い」がずーーっと続いて≪あったかく≫あればいいな。
「信じ合い・愛し合いの舞台人間世界」であればいいな。あるよね、きっと。大衆演劇・旅芝居だもの。
いや大衆演劇・旅芝居だけじゃない。
小劇場だって商業演劇だって大舞台だって舞台という物はきっとそういうもんじゃないだろうか。
もっと大きなことを言うと「人間」ってものは・・・きっと・・・。
≪ラブ&ピース≫なんてガラじゃない、でも、本気でそんなことを思ったり。

画像


冒頭で書いた芝居の作・演出家の彼。
これからも大衆演劇に関わるのかはわからないけれど、
もっとそんなおーきな魅力に気付けたらいいね。
今公演のプロデューサーという役者さん。
大部屋にいて大衆演劇が大好きらしい。
が、「好き」の熱だけでなく、そういう深さを取り込めたらいいね。
座長とその劇団。
ただただ一生懸命演じていた。やさしいな。いい人やな。いや、本当にちゃんと「役者」やな。
また劇団だけで廻っているとき観てみるね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる