桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 寛平まつり2005 遠山の寛さん迷裁き!

<<   作成日時 : 2005/10/26 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

毎年恒例の間寛平さんのイベント。
テレビで放送されたのを昨日、ビデオで観ました。
去年はアメママンという訳のわからんキャラのお話でした。
(あ、でもあれ書いたんD先生です、笑)
で、今年はなんと、時代劇!!
しかも「遠山の寛さん」ときました。
チラシ観て、めっちゃ行きたかったんやけど、
チケ代¥7000に怯んでしまい、断念しました。
なので、このテレビ放送はまさに「よッ!待ってましたッ!!」です。

一時間とちょっとやったかな。
まんま「遠山の金さん」をパロディーにした新喜劇です。
いやいや、楽しませて頂きました。
なんともいえない雰囲気に、笑わされてしまいましたよ。
もう中盤からはグダグダになってたんだけどね。笑。
寛平さん台詞忘れたりミスったりアドリブ連発でウダウダ、
それで共演者はペース崩されて、アワアワ。
キレながら笑う辻本さん、なんとか芝居を進めな!と慌てる内場さん、
舞台上でマジ笑いしている安尾、ちょっと素になるあき恵ちゃん・・・
ただでさえ大舞台に緊張してるのに寛平さんのノリに付いていけなくて、
アタフタ冷や汗をかく、ゲストのギター侍・波田陽区。
ウダウダで、もうはちゃめちゃなんだけど、
舞台上には何ともいえない「ええ空気」が出来てて、楽しかった。
本来、私は芸人や役者が素になって笑うん見るの大嫌いなんですが、
今回は、許せたもの。
これも、舞台上にある信頼関係と芸人さんらの持つあったかいニンのせいかな。
今回観ててしみじみ感じたのですが、
吉本新喜劇の役者さんらって、皆、
そういう、なんとも言えん、あったかい空気を持ってはりますよね。
トゲトゲしてない。ほんわかした空気。
だから、ベタなことばっかやってても、飽きず、許せてしまうのかな。

小さな役まで、いい芸人さんを贅沢に使ってましたよ。
悪役の一の介&島木ペアも微笑ましかったし、
その手下の「鬼面組」も楽しかった(組長は青野さん。笑)。
¥7000、渋らんかったら良かったーちくしょー。
来年は行こう。←気ぃはやっ。

しかし笑った。
寛平さん、一番見せ場のお裁きのシーンで
「遊び人の金さんとは・・・」
ちゃうがな、寛さんや、寛さん!
そこ間違ってどうすんの!
きっと場の流れでつるっと言うてもーたんやろなぁ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
寛平まつり2005 遠山の寛さん迷裁き! 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる