アクセスカウンタ

桃花舞台

プロフィール

ブログ名
桃花舞台
ブログ紹介
フリーライター/作家【中村桃子】(※詳しいプロフィール※)

各種文章・・・エッセイ・コラム、コピー、ラジオの構成・台本(懐メロ)etcを生業としながら
【旅芝居(大衆演劇)】を追い「読み物」として綴っています。

旅芝居は人間そのもの。
人間が好きです、人間がおもしろくてたまりません。
弱くて、ちっぽけで、けれどだから面白愛しいWhat a Wonderful Worldを見つめています。

お仕事依頼・コンタクト・・・メールは【こちら】からお気軽にどうぞ。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛
大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛 先日ある大衆演劇の座長の記念公演を観た。 大衆演劇だけれど大衆演劇の劇場ではなく小劇場の劇場で 大部屋出身役者や宝塚・OSKのOGや養成所の若いコたちを呼んでの公演。 内容は一部芝居と二部舞踊歌謡ショーという構成で3時間、 いわゆる一般的な大衆演劇と同じだった。 私の集中力は一部芝居の冒頭10分で切れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 15:29
本当に大事なのはそこですか?-例えば「立ち廻りハデハデ芝居」と「刀くるくる舞踊」-
あなたは好きですか? 「立ち廻りハデハデ芝居」と「刀くるくる舞踊」 どうですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 23:08
「好き嫌い」と「いい悪い」と「かっこいい」の話-映画『銀魂』から大衆演劇を考えた-
「好き嫌い」と「いい悪い」と「かっこいい」の話-映画『銀魂』から大衆演劇を考えた- 『銀魂』というやつを観ました。 人気漫画の実写映画化です。 なんの興味もなかったのです。 映画のタダ券が来たので観ました。 時代劇っぽいものという理由と小栗君が主役というだけで観ました。 2時間ずっと真顔でした。 が、気付かされた、いや改めて感じたことがあります。 大衆演劇・旅芝居のこと、 時代と「カッコイイ」ということ、そして「好き嫌いといい悪い」について。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/09 19:57
旅芝居・大衆演劇の≪ステキなところ≫-ある『大きな古時計』から-
その舞踊『大きな古時計』はおもしろかったのです。 「どう?楽しんでる?楽しいでしょ?」 「お?じゃあ?こんな技どう?ふふ。じゃあこれは?これは?」 笑顔で、時におどけるようにすらしながら凄いテクニックをひょいっ、ひょいっ。 思わず笑ってしまいました、踊る彼と見入る客席をみて、嬉しくて。 そして・・・思い出させてもらったような気がして 旅芝居・大衆演劇の≪ステキなところ・大事なもの≫を。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 10:10
What a Wonderful World-おもろいことしよーぜ、おもろいもんみよーぜ-
古臭い化粧のじーさんがピンクの鬘に緑の羽織で村田英雄。 バサラな拵えの兄と妹、ロック流れる中兄が目隠しした妹の首を腰紐で絞める相舞踊。 巧くない、だから弟たちが座長、けど長兄が大きく大きく踊る『万里の河』。 オッサン座長がゴスロリバンギャファッションで身をくねらせ踊る平井堅。 羅生門のジジー、そう、私が人生が変わったとまで言う羅生門だってそう。 世の中には「そうしか生きられない人」が居る。 「そうしか生きられない」、それは、それも個性だ。 ・・・おもろない? 好きとか嫌いとかじゃな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 23:11
見せたいもの・見たいもの-旗揚げ・フリー・昨今の旅芝居に際して-
旗揚げブームである。 今年に入っていくつか。 さらに「退団して旗揚げします!」宣言もいくつか。 驚くことに結構すぐに旗揚げ出来たりしている。 退団したと思ったらもう!という勢い。 資金にそんなめちゃくちゃ困っていないからだろうし 興行的にも「今」「収入が見込める」から旗揚げさせるのだろう。 なんだか色々びっくり&唸り、心の中で問いかける。 「なんで旗揚げしたん?」 そして・・・ 「何を見せたい?」 「何を見せてくれますか?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 09:05
私的・旅「芝居」考-そんな芝居が観たい(観られる!)の話-
私は芝居を褒めない。 めったに褒めない。 芝居が好きだからだ。 異常(キチ●イと書きたいがいい言葉ではないので)なほど好きだからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/10 15:02
トンビとカラスと時代と「私」-これまでとこれからの旅芝居へ-
すぎもとまさとの『銀座のトンビ』 哀愁とさみしさと男の強がりが描かれるこの曲はまさに旅芝居にぴったりで 同じくすぎもとの『男酔い』と並んで現代旅芝居を象徴する曲・・・ だと思っていたのですが、ですが! 先日びっくりしたのである。 踊ったのは「芯がある」「カリスマ」「オーラが違う」なんて言われたりする役者。 派手な、別に曲に何も関連なさそうな着流しでノリノリ満面の笑みで元気!元気! その役者に客席は手拍子!手拍子!手拍子! ≪俺は俺のやり方で≫「●●(ハンチョ(名前))」 ≪お祭... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/04 15:22
色気とは・旅芝居とは-新劇団・イマドキ『恋曼陀羅』-
うーん、「色気」が足りねえ! 梅沢富美男の『恋曼陀羅』。 宇崎竜童&阿木燿子、ゴールデンペアの色気曲。 舞台上のイケメン座長は流行りの立兵庫(私的分度器=jにマントのような羽織翻し。 わ、サービスショット=A上半身をはだけ乳首、立膝、 ぞろり太腿が露になった数秒、まるでSNSにどうぞとばかりにポージング。 客席、キャー、ドキドキ、頬を染めたり下を向いたり喜んだり。 いえ私はそんな目で観てませんけどなカシコ女子も真顔でカメラ連射。 もー、だから大衆演劇にハマる女はモテない免疫な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/06/04 10:49
血と矜持-旅役者、その誇り高き≪ヤンキーイズム≫-
敬愛するジャーナリストに都築響一さんという方がいる。 彼がライフワークのひとつとして目をつけているのがヤンキーたちの独特のセンスだ。 改造車、バイク、特攻服、「夜露死苦」的フレーズ。 「ヤンキーは文化だ」「全身全霊の生き方から生まれた心からの叫びだ」 なのに編集者たちは眉をひそめるという。毛嫌いするのだ。 「僕たちはそういうやつらの爆音に耳を塞ぎながら必死で勉強して今ここに居るんです」 都築さんは言う、書く、叫び続ける、「それでもヤンキーは文化だ、芸術よりも芸術だ」 熱くなる。旅芝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 10:29
あなたと共に学びたい-ネットと大衆演劇(旅芝居)と皆さんと私-
インターネットの力と有難さを身をもって感じている。 業界人、役者さん、ファンの方、 声をかけて下さった方、憧れて下さる方、 旅芝居(大衆演劇)関連のいろんな縁は まだネットのブログなんて広まっていない頃から続けてきた自分の文により繋がった。 けれどだからこそ見逃せない、見逃してはいけないと思っている。 あなたにも言いたいし自分も胸に止めたいと思っている。 インターネットと大衆演劇のステキな繋がり… 便利さありがたさ素敵さと共に怖さや弊害や「気をつけたいこと」について。 こんなも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 22:49
旅芝居の色気-人間のにおい-
「旅芝居は色気の舞台だ」 下世話でゲスな方にとられすぎるのはちょっと違う。 しかし「そうじゃない!文化だ!芸術だ!」とムキになって否定したり眉を顰め嫌がるのも違う。 身をもって感じてきた。だから言う。 旅芝居は男の色気、女の色気、人間の色香る世界だ。 生きて生きていて生きている人間のにおい香る世界だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/02 13:24
こだわりとオリジナリティーか、間違いと勘違いか-煙草もといアイコス舞踊から-
驚いた。 ある劇団のショー。 コート姿で渋くキメた座長が ポケットから取り出したのは「アイコス(電子タバコ)」! カッコよさげにふかしていた。 客席はきゃーきゃー言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 00:51
光の中の「わたしとあなた」-桃的・大衆演劇とは-
「大衆演劇ってなんだろう」 お芝居と舞踊による3時間の公演。 全てのジャンルの芸能を取り込んで「大衆」の「自分たち」流にして見せる芸。 距離の近さが魅力、会いに行ける庶民のアイドル。 舞台に立つことが毎日の生活であり続く人生であるからこそ役者の生きざまが滲む舞台。 それだけ? いや、それだけじゃないだろう。 いつも客席の片隅で舞台と客席を眺めながら思ってきた。 「なぜこんなにも皆が魅了されるのだろう」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 00:26
火と業、「魂の色気」-美影愛という旅役者のことA-
火と業、「魂の色気」-美影愛という旅役者のことA- ふと思う。 落語『死神』のラストに出てくる 命の蝋燭が本当にあれば 先生「美影愛」の蝋燭は 沢山の蝋燭たちの中で ちょっと異様に目立っているのではないかと。 ふぅらりゆぅらり、他の蝋燭たちと共に揺れながらも 赤の炎の中の青白の火は決して揺れずまっすぐにカ…ッ! 14年大衆演劇を観てきたがこんな役者は初めて見た。 死神だって魅了されているに違いない。 「消そうか。消して自分のものにしてしまおうか」 「けどまだもう少し見ていたい…まだどれだけ続くか」 見惚れているに違いない、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/04/05 00:13
光と糸、「本当」-美影愛という旅役者のこと@-
光と糸、「本当」-美影愛という旅役者のこと@- 不思議な糸、そして閃光。 大衆演劇、旅芝居に魅了され14年、 公私共に追う内に思うようになったことがある。 「大衆演劇、その舞台は人生そのもの 旅役者、その人生は舞台にすべて表れる」 ・・・出会った、出会えた、「本当」に。 彼の名は「美影愛」、73歳の老優だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2017/03/25 01:41
旅役者とは、旅芝居とは-ジジーたちの舞台から-
ジジーたちが好きだ。 大衆演劇、旅役者のジジーたちが好きだ。 格好いいから、ただ格好いいからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/03/06 19:26
現代、旅芝居客席綺譚-さみしさと、あったかさと、人と人-
先日某所某カフェ前。 なにげなく通り過ぎようとしたのだがガラス越しに見えた姿に立ち止まった。 あのひと、ちょっと有名な大衆演劇ブロガーだ。 言葉を交わしたことはない、何度か劇場で一緒になっただけ。 けど他人のブログや本人のブログによく本人写真が載ってる、間違いない。 しかしその表情はブログ写真での表情とも 劇場で役者に講釈と蘊蓄を垂れている表情とも 若いファンに囲まれている表情とも違っていた。 コーヒーカップを前にボーっと、覇気も生気もなかった。 別の顔を見た気がした、いや、こ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/09 22:07
たぶんきっとそういうような-≪時代≫に関するよもやまばなし-
たぶんきっとそういうような-≪時代≫に関するよもやまばなし- そういうことなのかもしれないなあ。 私が大衆演劇を観ていて思うのは、感じるのは。 映画『新宿スワン』と『青春の門(筑豊編)』を観て思いました。 全然関係ない? うん、けど、ふと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 02:25
カラスたちの『男酔い』-旅役者の「血」-
白鳥はかなしからずやなんとやらという歌がありますが カラスたち旅役者もまたかなしからずや否か。 厚い化粧に憂いを隠す旅役者とその日々の舞台たちは 私にはかなしたのしく見え、たのしかなしく見え、だからこそ魅了されてやみません。 なんて舞台なんだ、なんて人間≠ネんだ。 面白い、切ない。嗚呼やっぱり永遠に離れられない。 なんだかワルい男にハマってしまったみたい。 微苦笑します。そんなとき頭の中に流れるのは吉幾三の『男酔い』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/01/30 19:41

続きを見る

トップへ

月別リンク

桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる