アクセスカウンタ

桃花舞台

プロフィール

ブログ名
桃花舞台
ブログ紹介
フリーのライター・作家
【中村桃子】 (※詳しいプロフィールはこちら※)

演劇人、構成作家、コピーライターを経て
現在はラジオ懐メロ番組の構成やCM・コピーなどを生業にし
旅芝居・大衆演劇に関するルポ出版のため旅役者への長期取材&執筆中の日々。
この世の虚実皮膜な舞台から沢山のことを学んできました。
人間が好きです。人間が好きで嫌いでおもしろくて愛しくてなりません。

Blogでは【旅芝居(大衆演劇)】を中心に読み物≠綴っています。

お仕事依頼・メールは【こちら】からお気軽に!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
旅芝居のヤンキーイズム≠ヘ時代を越えて-ある『ピタカゲ』から-
大衆演劇・旅芝居の持つ本質的なヤンキーイズム≠ノ注目している。 …と書くと又「ヤンキー」という言葉に過剰反応する人々に眉を顰められそうだけれど。 けれど歴史、血、時代を越えて生き続ける「旅役者」というものをみていると 「いい意味で」この例えを使いたい、使わざるを得ない?、いや、使いたいし、使う。 「いい意味」だ。褒め言葉と賛辞と応援の意味での例えだ。 そんなヤンキーイズム≠「いい意味」で体現している役者をみた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 13:36
スターであるということ、あり続けるということ-要ちゃん≠ノ想う-
スターであるということ、あり続けるということ-要ちゃん≠ノ想う- 神社の境内で 要ちゃん≠ヘ光り輝いていた。 踊って、歌って、 あの楽しい楽しいトークをして。 追っかけさんたち大喜び。 でも追っかけさんたちだけじゃない。 一見さんたちをもちびっこたちをも虜にしていた。 歳をとっても、しんどくても、 里見要次郎は里見要次郎。 旅芝居・大衆演劇界で今も昔も たぶん最も「スター」という言葉が似合う これまでも、これからも、死ぬまで「スター」だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 00:54
旅芝居、継がれる血と芸と家-8歳の女優の舞台から-
旅芝居・大衆演劇において「劇団とは家≠ナある」。 当たり前のことだが当たり前ではない。 家を「守る」、家を「残す」。 こんな考え方は核家族化した今の時代の若い人たちはおろか ある程度の年齢の方にもピンと来ないようになっているのかもしれない。 そんな中、嬉しい≪女優≫に出会った。 強烈な流し目を送る女優。 彼女は8歳! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/14 23:54
すべての舞姫は観音様(舞姫「星愛美」の舞台から)
盆の上で開脚してポーズを決める。 客席の拍手の中心に居る彼女、 その腹筋はぷるぷると…。 下腹部に目を移すと傷、いや縫い目=B 後の花電車ショーの際、甘甘ぺったり高〜い声で 「愛美は子宮がありません。取っちゃったんです。うん」 ぜんぜん大きな事じゃないよーみたいにあっけらかんと。 「だからね、お姉さん、子宮がん検診は受けましょー!」 ニッコリ微笑んだ顔は女神、いや、観音様のようだった。 年齢不詳。うん確実に「若くはない」。 けれど、だから、きっと優しい。 ベテラン舞姫「星... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/12 14:29
「私だけの魅力」の美しさ、尊さ(舞姫「愛野いづみ」の舞台から)
すらりとした、 ダンサーというより まるでOLさんのような長身の女性が ハワイアン風の衣装(パレオ)と曲で現れた。 実は今回の久々のストリップ行きのきっかけを作ってくれたのは彼女なのだ。 とある御縁で知り合った新聞記者氏の「イチ押し」嬢。 飲み会の席で嬉しそうにポラを下さり頂き「名前がいいでしょう」「きれいでしょう」 名は「愛野いづみ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/12 14:27
明るさと引力と「これから」と(舞姫「RUI」の舞台から)
出てきた際に正直思った。 「ちょっと陰りがあるなあ」 明るくない、陰と陽でいえば確実に陰。 ん、でもそれは黒髪伏目がちのせいかしら。 決してめちゃくちゃ美人ではないかもしれない。 けれどとても印象に残るエキゾチックな顔にエキゾチックな肢体。 でもポラタイム〜オープンタイムの際は 「続いては皆お待ちかねー!オープンだよーン」 体ひらいて「お●●●!いえーい!」後ろを向いて「△△―!わーぉー!」 恥ずかしい言葉もあっけらかーんと! そんな舞姫「RUI」の「引力」! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/12 14:22
女神のウインク、片方ずつのハイヒール(舞姫「山口桃華」の舞台から)
なんて美人なんだ! 違う、「美しい人」なんだ! ぱっちり大きな目。 口角きゅーっと上がる大きな口。 流れるようなブロンドの髪にグラマラスボディ! まるでアメリカのピンナップガールそのもの。 ラムちゃんとか不二子ちゃんとか、 いいえ、平成にっぽんのマリリン・モンロー。 100万jの笑顔で惜しみなくエア・セックス≠ ポールダンスや椅子の上での開脚を100点満点のウインクと共に見せてくれる。 観るものすべてを恋させるマジ女神、「山口桃華」。 こんなお姉さんが日本のストリップ界... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/05 11:11
芸と矜持と「ありがとう」(舞姫「園田しほり」の舞台から)
薄暗い劇場のドア。 ちょっと緊張気味に押すと 盆の上には小柄でキュートな嬢。 ふわロリ白衣裳で お客さん一人一人にキャンディーをぽーん! キャッチに失敗した人に「ごめぇーん」。 若いな。かわいいな。・・・全然違った。 次の出番では全く違う顔を見せた。 客の顔なぞ一切目に入らぬように「世界」に入り込み 何かが憑りついたように、キレッキレの入り込み系ダンス。 こんなに「気」の籠った踊りは最近の大衆演劇役者でもなかなか見せるものが居ない。 舞姫「園田しほり」、その舞台は完璧なる「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/05 11:09
「光」-旅芝居、舞台と人間…ちいさなストリップ小屋の片隅で-
「光」を観た。 薄暗い、ちいさなストリップ小屋の片隅で。 その光は矜持とリスペクトの光。 女と男、舞台と客席、信頼関係の光。 胸が熱くなった。 泣きそうになって、でも泣かずにただじっと見た。 温かくやさしい光の中、旅芝居に、いや、人間に想いを馳せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2017/11/04 22:40
花について、つまりは人間について-そのA、旅芝居と私つれづれ-
花について、つまりは人間について-そのA、旅芝居と私つれづれ- 愛之助に見惚れ唸りながら… でもやっぱり私が好きなのは まことの花=cのようなものだなあとしみじみ感じました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/07 00:00
花について、あるいは役者について-その@、ある歌舞伎役者-
花について、あるいは役者について-その@、ある歌舞伎役者- 華、光、自信。 男、役者・・・色香! ある歌舞伎役者を観ました。 正直ぜんぜん好きな役者じゃありません。 けれど見惚れました。 舌を巻き、ため息をつき、唸りました。 感じました。 ああ、≪役者とは≫≪その魅力とは≫。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/06 22:46
矜持についてA-旅役者の「心」、ある座長の舞台から-
矜持についてA-旅役者の「心」、ある座長の舞台から- ある日の口上。 男前でもうまくもない座長は泡を吹く勢いで語り出した。 「今はねー! 大入りよりも売り上げって言われるんですよね! ウチでも特選狂言の時に値段上げろとかね! ゲスト呼べとかね。 でもウチは上げなかったんです! あるでしょー他でも? その日だけ値段高いゆーの! 増えてるでしょー? けどね、どーーーせたいしたことしてへんのですよ 値段だけ高いだけで!」 思わず吹き出してしまった。友人たちも。 決して嫌味にも皮肉にも聞こえなかった。 「事実」を言っていた。 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/04 09:37
矜持について@-旅役者が旅役者であるために-
矜持について@-旅役者が旅役者であるために- 大衆演劇・旅役者を指して 「ホストみたい」という比喩が好きじゃない。 ホストにも役者にも失礼だ。 けれどよく言うじゃないですか。 舞踊ショーで着物を開けたり 舌を出したりする役者をみて「ホストみたい・・・」! けれど私は思うのです。 これらの所作よりもそれこそ更に 「ホストみたい」なことが増えている、増えすぎていると。 それは≪舞台以外の嬉しいサービス≫。 今の旅芝居では「当たり前」となったり 「なんてサービス精神抱負!」と絶賛されたりしていることたちです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/04 09:32
大衆演劇が好きな訳-心、体、泣き笑い-
大衆演劇・旅芝居の客席に居ると私はいつも笑う。 ええなあ、たまらんなあと笑う。 嬉しくて笑う、笑いながら泣く、泣きながら笑う。 頭じゃなくて体が掴まれて心が動くから笑う。 心いっぱいになって笑って泣く。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/15 00:00
「本当」について-きっとそれが旅役者-
「本当」について-きっとそれが旅役者- 惚れた役者がいます。 旅芝居は生き様。 感性、人生観、いや人生そのものが舞台に滲む。 舞台が生きてゆくことそのもの自分そのもの。 だから惚れた役者が居ます。 彼がこの秋「彼の舞台」を見せます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/08/26 23:24
大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛
大衆演劇・旅芝居―自由、信頼、心意気とあったかさ・・・つまり愛 先日ある大衆演劇の座長の記念公演を観た。 大衆演劇だけれど大衆演劇の劇場ではなく小劇場の劇場で 大部屋出身役者や宝塚・OSKのOGや養成所の若いコたちを呼んでの公演。 内容は一部芝居と二部舞踊歌謡ショーという構成で3時間、 いわゆる一般的な大衆演劇と同じだった。 私の集中力は一部芝居の冒頭10分で切れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/15 15:29
本当に大事なのはそこですか?-例えば「立ち廻りハデハデ芝居」と「刀くるくる舞踊」-
あなたは好きですか? 「立ち廻りハデハデ芝居」と「刀くるくる舞踊」 どうですか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/13 23:08
「好き嫌い」と「いい悪い」と「かっこいい」と≪時代≫の話-映画『銀魂』から旅芝居・大衆演劇を考えた-
「好き嫌い」と「いい悪い」と「かっこいい」と≪時代≫の話-映画『銀魂』から旅芝居・大衆演劇を考えた- 『銀魂』というやつを観ました。 人気漫画の実写映画化です。 なんの興味もなかったのです。 映画のタダ券が来たので観ました。 時代劇っぽいものという理由と小栗君が主役というだけで観ました。 2時間ずっと真顔でした。 が、気付かされた、いや改めて感じたことがあります。 大衆演劇・旅芝居のこと、 時代と「カッコイイ」ということ、そして「好き嫌いといい悪い」について。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/09 19:57
旅芝居・大衆演劇の≪ステキなところ≫-ある『大きな古時計』から-
その舞踊『大きな古時計』はおもしろかったのです。 「どう?楽しんでる?楽しいでしょ?」 「お?じゃあ?こんな技どう?ふふ。じゃあこれは?これは?」 笑顔で、時におどけるようにすらしながら凄いテクニックをひょいっ、ひょいっ。 思わず笑ってしまいました、踊る彼と見入る客席をみて、嬉しくて。 そして・・・思い出させてもらったような気がして 旅芝居・大衆演劇の≪ステキなところ・大事なもの≫を。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 10:10
What a Wonderful World-おもろいことしよーぜ、おもろいもんみよーぜ-
古臭い化粧のじーさんがピンクの鬘に緑の羽織で村田英雄。 バサラな拵えの兄と妹、ロック流れる中兄が目隠しした妹の首を腰紐で絞める相舞踊。 巧くない、だから弟たちが座長、けど長兄が大きく大きく踊る『万里の河』。 オッサン座長がゴスロリバンギャファッションで身をくねらせ踊る平井堅。 羅生門のジジー、そう、私が人生が変わったとまで言う羅生門だってそう。 世の中には「そうしか生きられない人」が居る。 「そうしか生きられない」、それは、それも個性だ。 ・・・おもろない? 好きとか嫌いとかじゃな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 23:11

続きを見る

トップへ

月別リンク

桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる