桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 昔より今、でも、今よりも、先…攻めてくれ魅せてくれ

<<   作成日時 : 2009/08/20 00:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

チャラチャラした芸風の役者さんがあまり好きではありません。
でも、「冒険している」役者さんは面白いと思います。
「守る」ばっかりではなく「攻める」というか。
てか、冒険してへん役者さんは、どうなん?と思ったりも、する。
だって、いくら大衆演劇といえども、
昔のことをそのまんまやってたら時代錯誤。
流行らない、お客さん、ついてこない。
さぁ、あなたはどう?変わっている?なにか、仕掛けている?
最近気になるのはそういうとこ。…すれてるなぁ。笑

ちょいと前に観たとある若い座長さん。
これまで観たときは正統派。
なぜなら今時っぽいもの、
若者好みのことは劇団内におる別の花形的役者が担当している。
だから、若いけれども、びしっと、着流し、演歌、びしびし。

で、わりと好きだったのですが、つい先日観たら、えらい今風になってた。

…キャラかぶってた。

どないしたん。

会場的には若いお客さんがきゃっと喜んでいたのでこれは成功だったのだけど、
おいら的には、「うーん、それ、長い目で観たら、それでええんかなぁ」とちょっと疑問に。

ま、でも、若いし、それはそれでええんかも。
(若い若いって、お前はいくつやねんという感じですが。笑)

とは別に。

こりゃまたとある人気座長さん。

友人とそのお母様がめっちゃはまってた。
高齢の方にもとても人気がある。

品があるわ、きれいやわぁと評判、鉄板。

が、数年観て、彼女(&お母様)曰く、
「○○さんは、もうええわ」。

飽きたらしい。

いつも同じやから。
変わらないから。

ちなみにワシはそのひとに関しては彼女らよりちょっと前から飽きていた。
「上手いなぁ」…踊りがとかじゃなくて、
一緒に観に行っても、商売人として「上手いなぁ」ばかりの感想しかなかった。

いやぁ。

…難しいですね。笑。

たくさんの劇団さんたくさんの役者さんがおって、
こりゃ別にただ人に楽しいお芝居や綺麗な踊りをサービスで魅せている訳ではなく、
それを「仕事」「商売」にしている訳なんだから、
これは、むずかしい。

お客さんの半数以上は噂大好き、悪い評判は口から口へすぐに広まるので、
こりゃまた大変な世界。笑

ここによく書きますが、
ワシは大衆演劇のショーでPOPSを使って踊る役者さんがわりと好き。

別にPOPSの曲自体は別にそない好きではないけど、こういうの、好き。

いつもPOPSで、
いつもそのリズムに合わせてチャラチャラチャラとしてる役者さんはニガテですが。
(ややこしいなぁ、もう。笑)

ド演歌着流しストロングでもばちっとキメられる。
でも今時の曲どんと持ってきて攻めてくる姿なんかを観ると、
お、こりゃ、憎いねこの、と思う。

伝統芸能じゃないんです。
なんでもありなんが「大衆」演劇のおもしろいところだと思うんです。

格式とか、こうせなあかんという決まりごととか、
ありはするんだろうけれどそないめっちゃ厳しい訳ではない(んちゃうかなぁ)。

それが今、今日、舞台をやっている。

いいじゃないですか。
チョンマゲ鬘に着物でヨコ文字の曲で踊るって、最高やん。
「めっちゃ今!」やん。これって大衆演劇の強み(?!)やないやろか。

(それでちょっとでも調子に乗りすぎているように見えると、冷めてしまうけど。笑)

上手くって、安定してて、人気者だから現状維持…で何の問題もないんだろうけれど、
攻めてってるのを、観たい。

てか、そうせな、競合他社に抜かれてしまう。

留まってたらあかん。
昔より今、でも、今よりも、先。

大事なもの、見失なったらかんものはちゃんと持ったまま、
己の「らしさ」、「これぞ俺」を持ったまま、「お!」と驚くもんを、見せてほしい。

「そうきたか!」が欲しい。(ワシはね)

「今のあなたがいっちゃん好き!」がいっちゃん好き。笑

と、そんな2人のエピソードを思い浮かべながら、
先日、くだんの友人と一緒に“夢ちゃん”を観ました。

夢ちゃん。
かつき夢二座長。

ワシ、結構好きな座長さんです。

以前にも書きましたが、
ふっくらかわいいし、ちゃんと「女形」でさ、
日舞の名取で、しっかりした「型」をお持ちで、綺麗やねん。

若いのに、チャラチャラしてへん。
でも、してなさすぎなくらい、してへん。

落ち着いている。

きれい。

はずれ、なし。

だから。

ワシ、POPSで踊る夢ちゃんや、けったいな衣裳で踊る夢ちゃんも、めっちゃ観てみたいです。

絶対、かっこええはず。

いつか当たりますように.

…と、わくわくしてます。

追記)
この翌月、縁あって、奈良は羅い舞座で夢ちゃんを観ることが叶いました。
そしたらね、ミニショーのラストで、紫のカツラで、ちょっと変わった花魁風の恰好をして『北の蛍』を踊りはったの!
すごく素敵でした。観られて良かった。


☆かつき劇団@梅南座 8/14 昼☆
画像

聞いたことのない曲、タイトルがわからない曲ばかりでちょいと悔しい。
でも夢ちゃんとこはもっかい観たい。勉強します。詳しくなります。笑

【ミニショー】
OP:「?」
寿:「?」
     寿健二さん。男前なおじさま、目元涼し。
     以前観たとき、「かっこいー」と思った役者さん。
     思ったより背丈が小さく、でもなんか大きく見える所作。かっこいいっす。
佐島:「?」
     サシマリュウジさん(漢字解らず)。こりゃまた渋く目元のかっこいいおじさま。
     以前観たときはいはらんかった…と思う。おばちゃんたちにとても人気
彩華:「歌麿」
     座長の妹、座長そっくり(顔もお化粧も体系も)、彩華ちゃん。
     うまいです、かわいいです、踊りきっととてもお好きなんだろうなぁって思う。
慶二:「?」
     元・千太郎劇団におった千之助くん。立派にならはって。
稚乃:「?」
     かわいく美人な女優さん。きっとまだ若い。好みのタイプです
座長:「(美空ひばり?)」

【お芝居】 『長屋物語〜生きたり死んだり〜』
     これが良かった。よぉ笑いました。
     ベタなどたばた喜劇。

     ワシは基本大衆演劇の喜劇があまり好きではなく、
     …というか、笑えずなんですが、
     でも、これは笑った。
     夢ちゃんのキャラ、そしてそれで笑うちっさいおっちゃん(寿さん)と
     女優さん2人。夢ちゃんはきれいで品よく隙がなく…のイメージだったんですが、
     こんなにアホなこと言うたりやったりしはることがわかり、親近感。
     もっと壊れたとこ、観たいです。

【ショー】
OP:「恋扇」
     おー。孝藤右近左近の曲や。CD持ってるっちゅーねん。
小桜:「?」
     かなりご高齢だろうおばあさん。でもびしっびしっと踊りはる
汐美:「?」
     お母さん?ではないのかな。きりりと舞う女優さん
座長:「?」
     あの柔和な笑顔に皆はやらるんだろうなぁ
佐島:「?」
     近くの客席のおばさま方がこの方にきゃあきゃあ。わかる、わかる
寿:「?」
     ワシはこの役者さんが好き。なんか、かっこええ。
座長・女:「風流江戸小唄…なんてね」
     所作だよなぁ。名取だなぁ。そうなんだなぁ。
彩華&稚乃:「人生夫婦傘」
     これがとてもかわいくて。にこにこ。仲良いんだろうなぁ彼女らは
儷二:「?」
     不思議さん。もとはスーパー兄弟のとこに居てはった役者さんのようです
座長・女:「?」
     はずさんよなー。安定してるよなー。くずさんよなー。
初代:「男の花道」
     お父さん、初代、浩二郎さん。くしゃっとした顔できりり、びしっとした踊り。
     かっこええなぁ、よっ。
ラスト:「好色五人女」



☆かつき劇団@羅い舞座 9/20 夜☆
と、追記絡みで、こちらに書いておきます。笑

【ミニショー】
OP:「?」
慶二:「勘太郎月夜」
     めっちゃ人気。あちこちから声がかかってました。
佐島:「?」
     渋い。かっこいい。ずっとこの劇団にいる方なんだろうか。
稚乃:「たてがみ」
     笑顔がかわいくって、踊りが丁寧。
健二:「?」
     好きなんです。あの目線とキメが。
儷二・女:「?」
     ムードメーカー。目力と目技。笑
彩華:「我が良き友よ」
     彩華ちゃんの踊り、すごく好きです。楽しそうで、笑顔で。
     バンカラな学生の恰好で、この曲で、とても印象に残りました。
座長・女:「北の蛍」
     カツラむらさき。おお!って思った。
     夢ちゃんは雰囲気も素敵やし、踊りもきれいだし、文句なし。
     だからいろんな踊りをやれば最強やと思うねん。
     この踊りのときはちょっと(いい意味で)あざとい目線とかもしてて、意外で、色っぽくて素敵でした。

【お芝居】 『島流し』
     他の劇団でも観たことがあるけれど、でも座長の女形芝居は圧巻で、ひきこまれました。
     彩華ちゃんも熱演。
     ぐぐっとひきこまれました。

【ショー】
未来AASA:「?」
       「?」

OP:「北の漁場」
     健二さんが真ん中で。決まってるなぁ。
座長・女:「すっぴん」
     洋風なふわふわのカツラで。これも似合う〜。
佐島:「?」 
     花道を歩いてきはったとき、「きゃー」って思いました。かっこええ。
座長・女:「?」
     赤い浴衣(?)で、今度はしっとり正統派。女形3本目なのに全然飽きない。そんな力。
慶二・女:「?」
     くるくるっと色っぽく。人気ありはるやろうなぁ。
浩二郎:「男の人生」?
     初代の踊りはホンマにかっこええです。うわーって思いました。
儷二:「?」
     お客さんの掛け声に答えたりも。場をにぎやかにしてくれはる役者さん。
座長・歌:「まつり」
     声量あって、にこにこ歌ってはって、ああ、ええなって。
健二:「?」
     やっぱり場が締まる気がします。きりりっと。ファンです。
ラスト:「人情檜舞台」


ブログランキング・にほんブログ村へ
好色五人女、1人ずつ紹介する曲で面白かった。
てかオタクなワシ(恥)はわかるけど、でも、ちょっとマニアック?んー、お七とかはメジャーやけどさ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
上品で下品なその矜持 -かつき夢二の『夕顔恋唄』からの役者考-
出てきた瞬間、「わぁ」って言うてもた。 着物をぞろっと着崩して肩をぞろっと出したその女形さんの髪の色はムラサキ。 そんな格好で、 流れるような綺麗な所作で、 でも、首を振り振り、客席に向かって科を作り、 でも、時折、強い目をする。 品があるその人が、いい意味で品のない踊りをしたそれはまさに「作品」。 うん、だから、ワシは、「かつき夢二」座長が好きなんです。 ...続きを見る
桃花舞台
2013/05/07 18:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
昔より今、でも、今よりも、先…攻めてくれ魅せてくれ 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる