桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋の夜に「色気」考、というか「エロ」考

<<   作成日時 : 2009/10/01 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は「エロ」について書きます。
月が替わって一発目やのに「エロ」って。笑。
でも書く。
好きなテーマです。
芸にエロは大事やと思います。
エロって書くとなんかあれですね、
せめて「色気」って言いましょね。笑。

もっかい書きます。

好きです。

エロいの。

別に欲求不満ではありません。

ただ単に好きなんです。

「どんなんがエロいか」
「どんなんを見たとき、エロを感じるか」

それを考えるんが、好き。

色気って言うたら、書いたらええと思うのよ。
でも、ここをなぜスレスレワードの「エロ」と書いているか、
書きまくっているかというと、

やっぱワシは俗っぽいもの、大衆的なもの、
品がよいものよりもがやがやと猥雑なもの、
芸術がどうしたっ、そんなんよりも芸だ、しっちゃかめっちゃかうるさいものだ。
…が好き、好きなテーマやから、さ。

大衆演劇なんて、まさにそんなんやないですか。
ま、せやから好きなんですけど。はまってるんですけどね。笑

おいらは、ここ最近も、いや、前からずっと思ったり言うたりしてるんですが、

“バーッと思いっきりアピールしてくるもの”

には、あまりエロ、あ、いや、色気を感じません。

「わはは、アピールしてはんねんな」です。
そして、ものっすご冷静になってもて、逆に笑ってしまいます。
ま、その笑えるのが好きなんですが。

だって、「わかりやすい」「あざとく見せる」ってのは一番大事なことやと思うから。
大勢のお客さんに一番わかりやすい手段で「色っぽさ」「セクシーさ」を見せる。

うん。これぞ王道。

が、ワシはヘンタイなので(笑)、これではオチない。オトしてほしい。(エロ劇画か。笑)

ほな、何がゾクゾク、ドキドキするかというと。

「滲み出るもの」

「一見そんなんとは無縁なもの」

そしてそして、「完璧なもの」

なのかなぁ。

と、思う最近。

黙っていても、立っているだけでも、なぜか滲み出る色気。

一見、そんな色気とか性的なものとは全く無縁なようで、
せやのに、ここぞというところで、チラと見える…ような気がする色気。

特に、完璧なもの、というか、出来あがったもの、
あ、いや、崩しようのないもの、にはものすごく色気を感じます。

つまりは。

「自分で」
探したいのでしょうね、
オトしたいのでしょうね、
そして崩してやりたいのでしょうね。

ヘンタイですね。

なんだか仕事の出来るツンとしたOLをなんとかよと思っているオッサンみたいや。笑

その「戦い」みたいなもんが、好きで、燃えます。

見つけたい。
そうきたか。
ちくしょう、メロメロや。
もっと脱がしたる。

みたいな。

…アラーキー?

…典明?

なんて、アホなこと書いていますが。

やっぱ、芸事・芸モンには、
いや、人間にはエロ・色気がないといかんと思うんです。

三代目春團治師匠も言うてはったけど。

ほいで、いつでも、
ドキドキとかゾクゾクとかクーッとか言うてやんといかん、
で、それを受ける方と探る方の相乗効果…みたいな、
それが理想ちゃうかなぁ、なんて思うんですね。

いや、なんとなく。

が、しかし、こんなん書くワシの書くもん、ワシのキャラというか自身は、
色気とはほぼ無縁です。

…あかんなぁ。

ほんまに。

あーぁ、芸の人としても、人間としても、まだまだですね。ちぇー。笑

ブログランキング・にほんブログ村へ
ってのを、
先日「エロ」をテーマにしたイベントを観て、その中で思いっきり胸を出している役者さんを観たこと、
先日の新日本プロレスにて「エリートやのに迷走してるナカムラシンスケ」を観て「エロいなぁ」と思ったこと、
先日の紅劇団さんでカラーの異なる2人の色っぽいオジサマを観たこと
…から、感じて、さ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。また来てしまいました(。´∀`)
エロ、いいですよね。

滲み出るエロ、自分で見つけるエロ、楽しいです。大衆演劇なんてあんなにベタな世界なのに、その辺りの感覚は客の想像力に委ねてる感がたまりません( ´艸`)チラリズムよりもさりげない、、滲みズム!?笑 白黒のハリウッド映画の、キス→(暗転)→事後 的な描写にもたまらんモノがありますし。。やっぱり重要なところは隠した方がエロいんですかねぇ。

…ヘンタイで食いついて2度目がエロなんて、とんだ読者ですね笑 思わず「うひょー」って嬉しくなっちゃって笑 いろんな記事、毎回楽しく読ませて頂いてます(´∀`*)
グレ太
2009/10/03 00:02
うひょー、またまた共感コメントいただけて嬉しいです。
ヘンタイ仲間ですね。(スミマセン。笑)

大衆演劇ではいろんな方がいらっしゃいますよね。
王道は“バーッと”で、
やはりわかりやすい分それ系の方が多いような気もしますが、
それゆえヒネクレ桃はそれにはオチることが出来ひん、
そしてゴチャゴチャ理屈を言うてまう考えてまう。笑。

先日もわりと歳のいった役者さんを観て、
「あの微笑みをたたえた、
でもなんだかわからないスレスレ感がセクシィ」などと言い、
周りに「観方がマニアック」と笑われました。

わたしはなにをみにいっているんでしょう。笑

ハリウッド映画の例え、よくわかります。
舞台でも、そうですね。暗転や、余韻やといったもの。

やはりキーワードは想像力なのかな、と思います。
想像して、妄想して、ひとりで「きゃー」とか「ニヤッ」。

ひとり…もポイントなんでしょうね。
1対1、というか。なんというか、まあ。笑。

また是非ヘンタイネタ以外でも遊びにきて、
語りにきて下さいまし。笑
桃♪⇒グレ太さま
2009/10/03 00:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋の夜に「色気」考、というか「エロ」考 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる