桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 『富士山』には月見草 いや 登り続ける「目」がよく似合う

<<   作成日時 : 2011/07/01 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

画像「悪い目やなぁ〜」って思うのです。
ですが、だから、「いい目やなぁ〜」って、思うのです。
あ、あの瞬間、その瞬間の、その目。
あの目が好きなんです。

舞台でフワァッと笑ってはる目。

でも、笑ってるのに、カッ!とキマる目。

その目はこれまで、何を見てきた目?

あれはきっと富士山に登ったことのある人の目。

ワシには、
昔も(って、知らんけど)、今も、
ちゃんと、すごく、
めっちゃ「富士山」やと思うんです、「富士山」に見えるんです。

ふわぁっと踊る、
決して男らしく踊るんやない、
たまにほんまにただただふわふわゆらゆら踊っとるだけにしか
見えへんときもある、から、時々「ぷちっ」と来る。

けど、ふわふわゆらゆらやのに、
ふわふわゆらゆらやけど、すごく、その踊りはきれいで、巧い(気がする)。

巧いことが、巧いことだけが凄いとかスバラシイってことやないと思うけど、
けど、すごく巧く、綺麗に踊りはる。

そんときの、あの、目。

立ちで、ふわっと、にこにこっと、
優雅に、いや、フラフラと、
決して「男らしい」とは言えない、
てか、ワシは思わないけれど、けど、あの、にこにこっ、ふわふわっ、
が切り替わった、あの、目。

ニヤケた目。死んだ目。ワルい目に見えることも、
ことのが、多いのに、なのに、フワァッ、なのに、カッ!

ギリッとツッパッタ、あ、じゃなかった、キッパッた目。

その目は…「男」な目! 「役者」な目。

それはワシがこれまで観た(つっても少ないけど)どんな役者さんより、凄い目。

と、なぜか、初めて観たときから、思ってしまったのですよ。笑

なんて悪い目なんだ。ホンマ、いい意味で、なんて、悪い目なんだ。

あの目はこれまで、何を見てきた目?

あれはきっと富士山に登ったことのある人の目。

プライドと依怙地って、なんか、似てへん?

傲慢なことと孤独なことって、なんか、似てへん?

優しさと寂しさって、全然ちゃうけど、けど、ちょっと、似てへん?

それらって、反対なことかもしんないけど、なんか、紙一重ちゃうかなぁ。

生きることは楽しいこと?

生きることはしんどいこと?

でも、今も、富士山、てっぺんに、居てはるんですね。

ちゃんと、すごく、めっちゃ「富士山」やと思うんです、「富士山」に見えるんです。

晴れやかな、ぱぁっとした、気持ちのええ曲ですね。

歌詞も、音も、気持ちええよね、天童よしみ、これがきっかけで好きになったよワシ。

そんな晴れやかな、ぱぁっとした気持ちええ曲で、ふわっと、ときに、にこっともしながら踊りはる。

のに、瞬間、目が、カッ! その目。

きっとワシらなんかにはちょっとやそっとじゃ想像もつかんような「歩」をしてこられたのでしょう。

登ってこられ、これからも登っていかれるのでしょう。

その目で。

昨年、若き座長さんのお誕生日に踊らはったのを観てから、
ワシ、なぜか、アタマに残っていて、そっから、気になりだしたこの人この曲。

そんなこの曲この人、
今月、ご自分のお誕生日の日に踊りはった。のを、ああ、ワシ、観ることができた。

そんなその日の『富士山』は、
ちょっと、ちょっと、ちょぉーっとだけ、
その目、そんな目が、一瞬、ほんま一瞬だけ、
ウルッと来ていた…ように見えるのは、気のせいですか?

うん、気のせいですね。

だって、一瞬だけ、そないなってたのは、ワシの方ですものね。笑

けど、ワシが感じた「ウルッと来てはる?」が、もしホントだったならば、

あの日、その目、そんな目は、
より、素敵にワルで、素敵にい〜ぃ目。い〜ぃ目、い〜ぃ顔で踊ってはったなぁ。

でもどうせそんなの解んないから、ええい、言うとこう、
うん、あの日のその富士山が一番、格好良かった。…と、しておきましょう。笑

ワシは、あの目、そんな目で、遠く、遠くを見つめ…るようにしはるポーズが好きです。

大袈裟に、そして超ナマイキを言わせてもらうならば、
ワシはその目「役者」!んーん「人間」!ってモノ、みたいなモノ、を感じる…ような気がします、してしまってます。

いや、いやいや、そんな大そうなことやないな、
ワシ、その“ワル”い目を見てもうた、気付いた気がしてもうたそのときから、
その目に、ただヤラレてしもたのでしょう。ちぇ。笑

画像


一富士、二鷹の目、三見城。(「えー」?!笑)

富士山には月見草、いや、太宰治より、北斎より、登り続ける「目」がよく似合う。

苦労我慢を積み上げて、登る男の夢の道。

そして、富士山には、きっと、北斎なワシ、モノカキ桃もよく似合う。…はず。うん、登るよー。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
しかしワシはまだまだ蝸牛です。あーあ。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「一番」の所作、「一番」の景色 -『富士山』-
この役者さんのこの曲この踊りこのこのポーズ(仕草?所作?)が好きです。 あ、いや、好きかどうかは解りません。 きゃあきゃあ、ひゅうひゅう、Maxハイテンション(しつこい?)ではありません。 残念、ヒネクレてんのか、なんなんか知りませんが、なれません。笑。 でも、このベテラン役者さんが、この曲で、こう踊るときのこのポーズを観ると、 しみじみ、ニタ、うわぁって、なります。「わ。格好いいなぁ」って、ホンマに、ね。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/07/22 12:34
桑田佳祐は桑田佳祐、ハダカ DE 祭りだ!
桑田佳祐は今、 植木等になりたいのかしら。 それとも寅さんになりたいのかしら。 でも…でも、桑田佳祐は桑田佳祐はなんだな。 桑田佳祐は素敵なくらい、苦しいくらいに、 めっちゃ、めちゃめちゃ、桑田佳祐なんだなぁ。 それってシンドイ?それって、でも、格好ええで。ね、めっちゃ、格好ええよね。 ...続きを見る
桃花舞台
2011/08/06 18:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『富士山』には月見草 いや 登り続ける「目」がよく似合う 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる