桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 通天閣の足の下には…-通天閣歌謡劇場と「人」の風景-

<<   作成日時 : 2011/08/17 03:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像通天閣歌謡劇場が好きです。
通天閣歌謡劇場はトホホです。
通天閣歌謡劇場はワハハです。
通天閣歌謡劇場はウへェーです。
通天閣歌謡劇場は「よぉ出来てるなぁ」と「なんやねんそれ」と
笑いと、ホロリと、が、いっぱいです。
人間が、人間が、人間が、
暑苦しいほど、キモいほど、いっぱいいっぱいです。

新世界、この土地に来ると血が騒ぎます。
出身という訳ではありませんが、
諸々の理由で、
決して大袈裟な言い方ではなく、血が呼び、騒ぐのです。

そんな新世界のど真ん中、
シンボルある通天閣の真下にある通天閣歌謡劇場。
いや、今はもうスタジオ210となってしまったけれど、
でも、それでも今も通天閣歌謡劇場(前記事1前記事2)。

歌が好き、芝居が好き、人が(嫌いだけれど)好きなワシは、
ちょくちょく、来たくなる場所です。ちょくちょく、行きます。

こんな書き方は失礼かもしれませんが、
飛びぬけてハイパー最強MAX巧い!!!なんて歌い手さんは居て無い気がします。

でもこのひとたちは歌手さんです。

いっぱい応援してるファンさんが居ます。ご贔屓にしてるひとがいます。

ワシはその光景を
「古き良き下町の人情、昭和人情の風景」とかなんとか言うのは違うと思います。

だってそんな言い方、しょうもない。

人情? 古き良き? 

そうじゃない、そうじゃない。

そうかもしれんが、それだけじゃない。

生きとるねん。

今。今を。

情たっぷりです。

「○○さん、いつもありがとうね(涙)」
「はい、これ」「いやぁ、ハンカチ貸してくれるの、ありがとう」な光景は見られます。

見られます、その光景だけを切りとることは可能です。

でもそうじゃない。それだけじゃない。

舞台上の遠くも近い、近くも遠い歌い手さんたち…
スナックのママさんだったり普段他に何してはる人か解らない人もおるけど…は、

生きてる!

「ありがとう。ありがとう。有線にリクエストしてなぁ?一番にしてなぁ?」

「この度●●という曲で頑張っています!!!」

歌うことで生きてる!の!

支え、支えられ。

持ちつ、持たれつ。

けど、綺麗事じゃない。綺麗事だけじゃない。

ウソじゃない。

愛想や笑顔はウソじゃない。

本音。本心。ほんまの真心。

せやけど、決してそれだけやない。

だって生きてる。

歌うことで生きてる。

生きてるから歌える。

会える。

また今日も会える。

画像


そんなこんなは、この街、この地、

決して華やかなだけでないこの土地…新世界周辺…のシンボル、通天閣、

の、足の下にあるここ、で繰り広げられるその情やけど情だけやない、

ここやからこそ、似合う、説得力のある、トホホでワハハな光景。

それは言いかえて大袈裟な言い方をしてしまえば

「生きる強さ」?!

逞しさというかなんというか、

「バイタリティー」をこれでもかこれでもかと見せつけられるような気がする。

ここに出てはる歌手さんら…とそれを応援するファンさんお客さんら、

決して超べっぴんさん超イケメンさんばかりじゃなく、

むしろそうじゃない方が多いようなここの人々を観ていると、

そんなことを感じさせられて感じさせられて、やまないのです。

だから、笑って、泣いて。げらげら&ほろり、となってしまうのです。

通天閣歌謡劇場はトホホです。
通天閣歌謡劇場はワハハです。
通天閣歌謡劇場はウへェーです。

通天閣歌謡劇場は「よぉ出来てるなぁ。演者と客の関係って。付き合いって」と、
「なんやねんそれ、なんでそんな歌やねん、なんやそのトークは」みたいのとがいっぱい。

笑いと、ホロリと、が、いっぱいです。

人間が、人間が、人間が、暑苦しいほど、キモいほど、いっぱいいっぱいです。

この「通天閣歌謡劇場は」ってトコは、
=「大衆演劇」「大衆芸能」の劇場は、に置き換えても「=」ですよ。

そう、だから、ワシ、好き…かどうかは解らないけど、追ってしまうのですよ。

ああ、あーぁ、…おもろぉ〜。笑

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
「通天閣の女王」「通天閣の乙姫」のお2人とは以前ちょっとした仕事で知り合いここでのコンサートのお手伝いなぞもさせてもろた縁。

そんなお2人も大好きですし、やっぱ、なんと言っても「通天閣の歌姫」叶麗子ちゃん、そして 「通天閣の貴公子」林健二さんがワシは大好きです。
あ、さいきん見かけませんが、佐藤たけしさんも、好きです。笑

そしてそんなワシは最近、ふとした縁で「紙テープおじさん」とも居酒屋で会うてしもたりもしましたわ。一度だけですが、びっくりした。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁ、生きるってなんなのかしら。
あ、毒気に当てられてる(*o*)
はんつー
2011/08/17 21:22
なんなのかしらですよねぇ。

でも楽しいのですよ、
苦しくしんどいことがおもろいのですよ、きっと。

なぁーんてね。
桃♪⇒はんつー様
2011/08/19 03:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
通天閣の足の下には…-通天閣歌謡劇場と「人」の風景- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる