桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 大衆演劇のお芝居の面白さ-同魂会イベント@守口、会長の『戻り橋』から-

<<   作成日時 : 2011/10/29 19:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像いつもよりちょっとでっかいハコで『戻り橋』。
大衆演劇の劇場ではない劇場で、
大衆演劇のお客さんばかりでない中の『戻り橋』。
何度か芝居小屋で目にしたそのお芝居、
キャスト違いでも観たことのあるそのお芝居、
もっと言えば、
別の劇団でも観たことのあるそのお芝居を、
違った環境(公共ホールで、大会で)で観ると、
改めて違った目で観ることが出来て「うぉー」、
改めて「うぉー。芝居って面白い」と思ったお話です。

芝居『戻り橋』は、
生き別れになった母と息子の、言うてみりゃ2人芝居。

いや、正確に言うたら2人芝居ではありません。

3人芝居。

あ、それも違うか。

主要キャスト以外にもお話が華やかになるように、数名、
状況を説明するためのキャスト、彩りを添えるキャスト…大事なキャストが出てきますよ。

けど、私的には、これは母と子の、言うてみりゃ2人芝居やと思って観てるのです。

母と子が偶然、出会って、でも、名乗れ(名乗り合え)やしなくって…

その気持ちの揺れ動き…みたいな芝居だとワシは思っているのです。

そんな表情ひとつ、所作ひとつ、
という細部細部で「気持ち」を表現する言ってみりゃ難しい芝居、
力のある役者さんやないとたぶんカンペキ見せきることは出来ないと思うその芝居を、

お客さんひとりひとりの顔が舞台から見えるくらい近い劇場でやるのではなく、
大衆演劇の劇場で大衆演劇のお客さんの前でやるのではなく、
公共のホールで、イベント(大衆演劇をメインとしたイベント・大会)でやると知りました。

この芝居を十八番(だということを最近知りました)とする「芝居の鬼」こと“会長”、
ごっつノってはるとき(ここ、ポイント。ナマイキで申し訳ありませんがここポイント)
を観ると、もう何度観ても、「うぉー」「ぐぅー」ってなるような芝居をする
「芝居の鬼」こと同魂会会長、紅あきら会長がやると知りました。

知ったとき、ワシは、最初、正直、びっくりしました。

あんだけ凄い会長や。
いろんなお客さん的にそりゃあ好き嫌いはあるかもしれへん。
せやけど芝居に関しては、ほんま、「うぉう」って思わされるときの多い会長や。
そりゃ飽きる時もあるし、
凄いと思っているからこそノってはらへんときは私的残念感ったら激しいし。
(※勝手に期待しすぎなんが悪いねんけどね。笑)
でもワシはきっとこの人の芝居を観てへんかったら(※特に忠治と円蔵。←しつこい。笑)
大衆演劇のお芝居を観続けていない。
どんだけ人間が好きや人間臭い世界が好きや言うても、
舞台が、芝居がおもろなかったら身銭切ってヨロヨロになっても観続けてへん。

…と、思わされる会長、その芝居ですよ?

けどもや、やけれどもや。

広めのホールで後ろの方のお客さんに、その微妙な表情や仕草って伝わりきるのかしら。

とか

自分とこのお客さんだけやないのに、
ましてや、出演している演歌歌手さんのお客さんや、
他の若い役者さんのお客さんもいっぱいやのに、
あの、「メラメラ・ぐわぁ・静かに静かに」な芝居は、どんだけ、広がるねやろか。

とかって、思ったのです。

不安とか、ダメとか、マイナスの意味…だけではありません。

ちょっと、ワクワクしたのです。

広いトコで、いろんなお客さんの前で、あの『戻り橋』!!

…きっと、それっくらい芝居がお好きで、それっくらい自信があるからこそ、
この細部細部に感情を出す芝居を、大きなホールでやるんだな、挑むんだなぁ、
ここで「最高」の芝居を見せてくれるのだなぁ、

って。

(※ま、ゲンジツ的&オトナな理由で言うと、
セットが転換要らず1景で済むって理由もあったんとちゃうかと思うのだけれどね。笑)

ほなら、ほならね、
これはお世辞でも好き嫌いでも主観だけでもなく
おっきいのに、おっきなホールやけど、その芝居は、めちゃめちゃ、良かったのだ。

画像


そのおっきなホール全体に、気持ちが、ひたひたひたひたと滲み伝わるように思えたのだ。

画像


そして、改めて「うわぁ、やっぱ、このひとの芝居は、すごいなぁ」と思わされましたのだ。

…いぇい。

んー、これはワシがちょいと無理して見栄張ってお金出して、
せやからありがたいことに前の方のかなりエエ席のチケをいただけたから。…かもしれません。笑

(※無理して半泣きで、でも、見栄張ってSS席にして良かったねぇ、桃。笑)

でも、このひと…
さいきんでは、ワシ、
「もー。このひと、何やってもホンマめっちゃ“カッコイイ”から、
逆にカッコよすぎてつまんないわ(※これある意味絶賛)」と思うこのひと…会長の
お芝居の魅力に改めて気付かされました。

んまぁ、なんてキザなんだろう、
んまぁ、せやからこそなんてクサいんだろう、この人の芝居、この人の演技、作る芝居は。

声を押し殺して、感情を内に内に秘めて、秘めたものを、表情一つ、所作一つで、表現する。

それは「気持ち発散系」ではない、「出します出します」系ではなく、逆。
しずかにしずかにしずかに、メラメラメラメラな感じ?

それってたぶん、もっすごい自信あっから出来る演技。 でぃすいず、キザ!!

だってさだってさ、
「観てくれこれをぉぉぉぉぉ!!!!」って芝居したら、「発散系」やから、目立つやん、見えるやん?

けど、そうじゃなくて、
押し込めて押し込めて、体ン中に感情秘めて秘めて秘めて、
その秘めて秘めて秘めた感情を、所作ひとつ…
例えば、くるっと振り返るとか、そんなとこに、集中させて、出す!

客席の目は、その「振り返る」ってちいさな仕草に集中する。
客席の目を、その「振り返る」っていうちいさな仕草に集中させる。(←…気持ちええやろなぁー)

例えば…

とある橋のたもとで甘酒を売ってる老女の身の上話を聴いているうちに、
その老女が訳あって自分を捨てた母親だと知る。知った。
知ったその瞬間、呑んでいた甘酒の器を、カラーン! 落とす!

そのとき、守口の公共ホールの客席からは思わず笑いが起こりましたよ。

そう、だって、あまりにクサい演技。

でもさ、例えばここで、同じクサい演技だとしても、
例えば、落とした後、
例えばやけど、「おっかさん!!!!!!」とかやっちゃうと、こってこて、べったべたになる。

例えば、落とした後、
例えばやけど、落とした器を拾って、
めっちゃデカイ声でなんかごまかしの言葉言うとか
そんなんやっちゃうのも、こってこて、べったべた、
「つええ味方があったのだぁぁぁぁぁぁ!!!!!」系になっちゃう。

そうじゃない。そうじゃなくて。

このひとは、
カラーン!と落とすというオーバーな演技をする、するけれど、自分で拾う。
そして慌てて駆け寄る老女に、静かに、(でも客席にちゃんと表情を見せながら!)

「いや、なんでもねぇ」。

そして、静かに、静かな声で、器を落としたことを詫びて、「弁償するよ」なんて言う。

「ひび、入っちまった」から、って。

けど、老女は「いいんですいいんです。
それにひびでも入らないと、お椀屋さんが儲かりませんからね」って言うの。

この台詞と台詞のやりとりもよぉ考えたら、“押し殺し系”、
つまりは、すごく、「キザ」というか、“感情秘め系”のやりとりじゃあ、ないやろか」?

同じような話をどこの劇団でもやっている大衆演劇。
例えば同じ台本(※台本はないけど)をいろんな劇団が自分たちのカラーでやっている大衆演劇。

せやけど、キャストが違う、と、細かい台詞や構成だって、違う。 (自分とこに合うように変える)

そんな中、この劇団は、このシーンを、こういう風な構成(台詞のやりとり)で見せ、
そんなこのシーンを、こういう風な“押し殺し”“気持ちを秘め”、表情や所作で、静かに、見せる。

言うたら、「演劇的」に、大きく表現するのではなく、
ズームイン…お客さんの目を、ここ!ここ!この表情!この仕草さ!!に注目させる、
そんな芝居で、芝居を見せはる…しかも、今日、この、大きなホールで、いや、大きなホールでも。

…うわぁ。

やっぱ「芝居の鬼」は、会長にならはって、座長時代とは一歩ひいても、
んで、歳とったから、なかなかスイッチ入りはることも多くなくなったかもしれへんけど、
ほんまに、芝居が好きで、芝居に心こめてはって、「芝居命」なんやなぁ。

で、そんな「芝居が好きで、芝居に心こめて」と「同」じ「魂」を持つ若い人が、
なんやかんや言うたり思ったりしながらも、そんな鬼でアツい会長慕って、集まって、
で、芝居を学び合い、切磋琢磨し合い、自分たちのものにしていきはるんやなぁ。

芝居って、いいなぁ。
やっぱ、大衆演劇の芝居って、いろんな意味で、面白いなぁ。大衆演劇の役者さんって、すごいな、面白いな。

そんなことを思わされた
芝居『戻り橋』「みおつくし守口祭 同魂会の仲間たち」@守口文化センター、
10/22のお昼。…の芝居のステージでした。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
いろぉーんな役者さんが居て、いろぉーんな演技や個性や芝居論があって、皆、いいな、面白いなぁ。
(好き嫌いはあるけどな。笑)

アホのくせにナマイキで、間抜けなくせに、情が深くて…
でも観ずにはいられない追わずにはいられないトホホわははな桃ですが、
まだまだこの世界の、舞台の魅力にやっと気付かされたところ、やっと、だと思います。
まだまだ、バテながら、ひぃひぃ言いながら、あれやこれやと観たいと思います。
こんな調子ですが、よろしくお付き合いくだされば、嬉しいです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お椀落としたらお客さんが笑ったんですか?
えーっ!? びっくりだ・・・。

わたしは扇雀さん演じるお母さんが大好きです。 
みかん
2011/10/29 20:30
私のまわりの席の方だけかもしれませんけどね。
わはは。

私も扇雀さん演じるお母さん、めっちゃ好きです。
扇雀さんのお芝居、好きなんですが、
この役は、もう、ほんまに…。

てか、みかんさん、元気にされてますか?!
ずっと、色々、心配してた!私も色々、頑張る!(なんのこっちゃ。笑)
桃♪⇒みかん様
2011/10/29 23:12
ありがとう、元気だよーん♪
今いい感じに方向転換中(意味不明・・・)
みかん
2011/10/30 00:45
いい感じに?!

良かった!!
安心しました。
あたしもいろいろ頑張るー!
桃♪⇒みかん様
2011/10/30 04:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
大衆演劇のお芝居の面白さ-同魂会イベント@守口、会長の『戻り橋』から- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる