桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 凄味-二代目 森川長二郎-

<<   作成日時 : 2012/02/17 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

芝居の1シーンで若いコ2人。
「お前、何今日アガってるんだよ」「だって今日はあの人が出るから!…ほら!!」
オーエス劇場の花道に出る前、花道の幕上がる前、一瞬空気がガッ!と変わって
登場したそのひとは色々あったらしいが今も凄い、二代目森川長二郎。

その日は喜劇(『道中双六』)。物凄いテンションで、相手のギャグに応え、自分もギャグを返す。

「俺?俺が?!」とか照れながらも、若いコに負けず「(マジンガー)ゼェーット!!」。

それを受けたお弟子さん(三代目凛太郎)は素になって、
「うわぁ、凄いですね」「やっぱ、さすがっす」「いやぁ〜、凄いなホント」。

そうかと思いきや、芝居のヤマ場、ヤマ上げて台詞を言う姿は息を呑むほど、ほんまに格好いい。

口上挨拶にも嬉しそうにひとり出てきて、若いコにマイクを貰って、“にたぁぁぁぁ”。

「今日は私ひさしぶりに出ました」の後、口から出るのは、昔の話、自分の話。

「○日の芝居は私が若い頃女剣劇の○○のところで…」
「休演日には私もゲストに行きます。芝居は人生劇場。ゲスト先の○○は私の親戚の…」

ショーにも1曲、にたぁっと着流しで登場、唄、しかし流れてきた音響の調子が悪かった…その瞬間。

目つきが変わった。

にたぁっと笑った顔が瞬間さっと真顔になり、ふらぁ〜〜〜っと音調室(?)の方へ歩いていく。

真顔で、なのに、ふらぁ、よろぉっ、
ぐにゃぁぁぁっと、体傾けるようによろよろと歩いて行き、
何やらガッ!と言うて
また、ふらぁ、よろよろぉっと舞台中央に帰って来て、歌い出したその歌は、

めちゃめちゃ、巧かった。

その後はたまには笑い顔も出たけれど、
さっきの芝居でのテンション口上でのテンションとは一切違い、別人みたいでした。

台詞入りの歌を、せやから1本の芝居のように演じ、歌い、
歌い終わったら、笑うこともなくそのままハケていかれました。

ハケてったときは、よろよろ、ふらふらはしていませんでした。

その後はたぶん、送り出しにも出ておられませんでした。

なんか解らんけど、怖かった。 なんや解らんから、怖かった。

でも、巧かった。

凄かった。

以来、ワシの頭から離れません。

画像


ワシはね、
こういう役者さんには、舞台に立ち続けて居て欲しいと思うのです。

この世界で、でも、それでも、今も、これからも。 今、こないして立ってんねやから、これからも。

あかん? あかんか。 いや、あかんでも、いや、あかんことあれへんやろ?

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
12日夜、オーエス劇場にて、森川劇団。
何年か前「森川凛太郎」と名乗ってはったと思うのですが、こちらが現「二代目森川長二郎」。
そして、元竹之助さんが現「三代目森川凛太郎」。そしてそして、現在この劇団の座長は森川竜ニさん。人生いろいろ、森川もたぶんいろいろ。

ワシが「なんかわからんけど怖!凄!」と直感的に感じたのは、このひとで2人目。(ここ、笑うとこ)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
継いできたもの、継がせてきたもの、継がせてゆくもの-「本家・森川」の『人斬り林蔵』を観て-
「本家」の『人斬り林蔵』の圧巻はクライマックスの立ち廻りだった。 水と、塩と、血糊と、お経(風の曲)の立ち廻り。 漂う、激しさと、ねっとりじめりとした暗さ。 日本の土着的な風習習慣空気。死、生、死の最も近くを生きるやくざという者たちの末路。 その趣向と演出は「本家」が継ぎ、継がせ、継いできて、継がれてゆく「型」であり 「ウチが最初にやったんです。本物です」とハッキリ公言するプライドからの激しい殺陣に見えた、 これが「本家・森川劇団の林蔵だ!観ろ!」 そう言わんばかりの、ハード... ...続きを見る
桃花舞台
2016/03/10 03:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
偶然こちらのブログに立ち寄りました。
二代目森長さんは芝居も歌も上手くて凄味がありますよね。
身体を悪くして最近はあまり舞台に出ないと聞いていましたが機会があれば自分も観たいものです
うっかり七兵衛
2012/02/18 15:05
お立ち寄り&コメントまでありがとうございます!

今月この劇団さんは大阪で公演されているのですが、
二代目は出る日と出ない日があり…いや、あまり出ておられないようです。

しかし24日は「一日座長公演」をするそうで、
まだまだ、あの舞台を観ることは出来そうですよ。

いろいろあったそうですが、それも含めて、それだからこそ、
いい意味でも悪い意味でもとても凄味がある役者さんだと思います。

私は好きです。

観られる機会が早く訪れるといいですね。
私もまた観たいです。
桃♪⇒うっかり七兵衛様
2012/02/18 17:03
24日ですか。
行った事ない劇場なので方向音痴の自分としては躊躇します。
日本一治安が悪いといわれる地区の劇場の夜の部に一人で行くのは
勇気が要ります(笑)。
桃♪さんは行かれるのですか?
うっかり七兵衛
2012/02/22 19:35
なにやら思い出深いお芝居をやられるとこの日の口上でおっしゃっていました。
私は行きたいところですがちょっと難しそうですかね。

私は好きな劇場です。本当に、いろんな意味で。
桃♪⇒うっかり七兵衛様
2012/02/23 18:53
各地の劇場情報などとちらは参考になりますね。
また記事のUP楽しみにさせて頂きます。
ありがとうございました。
うっかり七兵衛
2012/02/23 21:31
ええと、劇場情報など情報を載せているつもりはないんですけどね(笑)

でもでも楽しんでいただけたなら幸いです。
またよろしくお願い致しますネ。
桃♪⇒うっかり七兵衛さま
2012/02/24 22:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
凄味-二代目 森川長二郎- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる