桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS イエロー鬘 -ケとハレ、聖俗、「妖」、大衆演劇の魅力-

<<   作成日時 : 2012/02/02 18:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

初めて大衆演劇を観たとき、度肝を抜かれたのは“イエロー鬘”。
LとかVとかってな、ブランドのロゴを模った簪を挿した黄色の鬘に
薄紫のえ〜ぇ着物着物着た“姐さん”が「叶わぬ恋ならば堕ちてゆきましょうどこまでも」。
曲のキメ、流し目、その瞬間、照明・真っ赤!…完璧やん。

黄色の、まぁるい鬘に、んまぁ、緑と赤とかのメッシュ。

その下には、ちょっと個性的な、素敵にワルっぽい、キツめのお化粧。

その目で、ここってとこで、流し目、ニヤぁリ。うん、“イエロー鬘”が、ニヤぁリ。

画像


ひぃ、妖しい。凄ぇ、胡散臭い。

イエローにレッド。レッドカード!止まれ!反則!…でも、完璧。

年末の昼間っからオバハンが満席に集まって、その真ん中に、何、あのメッシュの入った“イエロー鬘”は。

いっぺん見たら忘れられへんアイメイクの“イエロー鬘”に、何、あの、封筒とか紙っきれとかが付いてる姿は。

それはゾクゾクするほど“ヴァンプ(悪女)”。
それはゾクゾクするほど“ワル”=“非日常(ハレ)な空間”。

舞台と言う素晴らしき魔界へ誘う“姐さん”、いや、男の、役者さん。

流し目、真っ赤、「♪何処へ流れる夜叉の河」。

…最高やん。

ワシはこの“イエロー鬘”を観ていないと大衆演劇を面白く思っていません。

いや、「きっかけ」が“イエロー鬘”だったからこそ、大衆演劇に惹かれるのだと思います。

もう飽きたとか、
もう色々トラウマやとか(え?なんのこと?)、
誰のことも好きやないとか、もう他のもん観たいとか、ワシかて楽しみたいとか、
そんなんを、ぶちぶちぶちぶち、ぴぃぴぃぴぃぴぃ言いながら、

それでもまだ「大衆演劇」を追ってしまうのでしょう。つまりイコール「人間」を追わずにいられないのでしょう。

だってあの“イエロー鬘”は…無敵やねんもん(笑)

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
1月21日お昼の浅草木馬館。
ワシが初めて大衆演劇を観たときの劇団、そしてそんときの“イエロー鬘さん”、こんときも“イエロー鬘”!
現・「桜京誉」(当時・二代目桜京之介)サン。この日は『夜叉の河』ではなく『銀座の蝶』(これもええよなぁ)。

きっかけは、“イエロー鬘”の『夜叉の河』。
本気で面白く、本気で追おうと決心したのは、シケ(ほつれ毛)いっぱいの『飢餓海峡』、うははは、ヤバい堕ちる惚れる惚れた(笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イエロー鬘 -ケとハレ、聖俗、「妖」、大衆演劇の魅力- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる