桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 怪人(ファントム)の美学 -美影愛-

<<   作成日時 : 2012/08/30 15:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

「美影愛」という役者さんは
独特でした、不思議でした。
九州の男臭さと関東の洒落た感じ。
どれでもあって、でも、どれでもない。
不思議で、得体がしれない。
ひたひたとオーラの滲む、
まるで魔力と美学を持った、
うつくしき紳士、怪人(ファントム)でした。

現在は「まな美座」で責任者・指導役をされているらしい、
九州の役者さん・「美影愛」さん。

九州の古い役者さんは、
舞踊ショーでも芝居のように
ひとつの「おはなし」を演じるように見えます。
その1曲を曲の主人公に成りきって表現するというかさ。

芝居の九州 九州男児の気質がそうさせるんかなぁ。(想像)

今月天満座にゲスト出演された3日のうち、中日夜は、
そんな九州っぽい、男臭〜い踊りを披露されました。

舞台に現れたのは、大阪・浪速の真剣師(将棋指し)。

画像


下駄を両手に持ち、転がるように舞台に登場したその人は、
役者じゃなくって、頑固な、一本気の将棋指しに見えました。

あ、でもこの方、若き日には関東で若葉劇団などなどなどにもゲストされていたそうです。
(あ、関西にもおられたこともあるようです。)

今月天満座にゲスト出演された3日のうち、最終日夜は、
岡千秋がジャズピアノの伴奏で洒落た感じにカバーした『波止場しぐれ』(石川さゆり)を、
白髪の決して綺麗ではない鬘(写真)で、踊り、いや、表現されました。

舞台は瀬戸内のさびれたネオン街になりました。

画像


女将さん?そこで働く人とナニカあった男がそこに居ました。
いや、ナニカあったことを思い出して呑んでいるような、決して若くはない男が居ました。

なんか解らんけれど得体がしれなくて
異様やけれども、有無を言わせぬオーラがぷんぷん漂ってきたその人は、
今の玄海竜ニ会長の叔父にあたる方でもあり、
かつて九州やいろんな役者が秘かに(?!)憧れた方なのだそうです。

中日、お芝居では端役の用心棒を演じていましたが、
思わず伏線かと疑うほど、得体のしれぬ雰囲気をまとっておられました。

その着流しの裾にはこの4文字、「諸行無常」。

最終日、『波止場しぐれ』で座ってポーズをキメて裾をめくったらこの4文字、「金剛不壊」。

まさにこの2文字、≪美学≫!

ワシは古い役者(失礼)に、その人しかない魅力を感じます。

口上挨拶での、「心臓を手術した」や「補助機を使ったりもしている」との挨拶を聞き、
思わず、帰り、「どうぞ長生きして下さい」と声をかけてしまいました。

ほな、その人、

知人のオススメ&紹介でご挨拶させていただいたからかな、

去られる前に、静かな笑みを浮かべておっしゃった。

「まだまだ長生きするつもりですから、またお会いできますね」

…やっぱ洒落てる。

うつくしき九州の怪人(ファントム)から感じたのは、ひたすらに、≪美学≫。

諸行無常、でも、金剛不壊。

若い頃はヤバいくらいの雰囲気だったんだろうな。

でも、今も、ゾクッとするくらい、ひたひた・オーラ。

何かある、それはもはや魔力みたい。

九州のうつくしき紳士、怪人(ファントム)は、まだ、舞台に、生きておられるのですね。




◆後日談(それは私の人生を変えるほどの・・・)◆
この記事がきっかけとなって不思議で素敵な縁≠ェ繋がりました。
この記事を読んで下さった皆様、宜しければこちらの記事も御読み頂ければ嬉しいです。

【光と糸、「本当」-美影愛という旅役者のこと@-】
http://momo1122.at.webry.info/201703/article_2.html

【火と業、「魂の色気」-美影愛という旅役者のことA-】
http://momo1122.at.webry.info/201704/article_1.html

【老侠一人(Phantom)-美影愛-】
http://momo1122.at.webry.info/201511/article_1.html



人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
7月19日、20日、天満座、夜の部。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
役者とは、或いはつまり人生とは-『流れるままに』-
その芝居には大衆演劇の全てがつまっていたように見えました。 タイトルは『流れるままに』。 意味深。かつ、なんだか哲学的。 だいたいのあらすじというか設定は 公演される何カ月も前に御本人からちらり伺っていた。 けれどその時点では アホのワシにはそのタイトルと設定は結びついていなかった。 流れる、何が、流れるのだろう。 ...続きを見る
桃花舞台
2015/04/24 15:52
老侠一人-最後の旅役者(Professional)-
美影愛という旅役者が居る。 ...続きを見る
桃花舞台
2015/11/05 14:26
光と糸、「本当」の人 -美影愛という旅役者のこと-
「美影愛?誰ですか?」。それがはじまりだ。 ...続きを見る
桃花舞台
2017/03/25 01:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
懐かしいお名前ですね〜

30年ほどの前になるかしら
松井誠サンなんかもいたのよ
確か座の名前は
リョウザンパクだったかと

お元気なんですね
九段下
2012/08/31 07:44
そうですそうです!

九州におられて、
初代の片岡長次郎さんとこ、
初代の里見要次郎さんとこ、
で、座長さんで劇団を立て、
九州で活躍され、
そっから大門力也さんと関西で劇団をやり、
で、で、五月さんとこ、桂木さんとこ、若葉さんとこ、
で、おっしゃった通り、「梁山泊」を作られたようです。
松井誠さんも、白龍光洋さん(&ママ)も育てたそうです。

(以上、さいきん仲良くさせて頂いているルポライター氏からの受け売り。笑)

お元気です。
格好良かったです。
ひさしぶりに、舞台を観ていて、
「うわぁ」とか「格好いい」と呟きましたよ、私(笑)
桃♪⇒九段下さま
2012/09/02 16:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
怪人(ファントム)の美学 -美影愛- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる