桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS Dear, 若い役者さん@POPS -(&客席の皆)-

<<   作成日時 : 2012/10/12 12:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今をときめく若い子が
今流行りの今のテンポの曲(POPS)で踊っている。
やっぱ肌に合うから、いい表情(かお)してる。
それを見てお客さんも喜んでいい表情(かお)になってる。
そんな客ひとりひとりに、役者、目線を配る。
若いのに、それはプロの技!
目線配られた我々客席は「きゃー!」、
歓声が上げたり、名前を呼んだり(ハンチョ)する。
その黄色く楽しい声に反応して、役者、さらにいい笑顔になる…。
ああ、ええな! ええもんやなぁ! 素敵やなぁ!

ここにも何度も書いていますが、
好き嫌いで言うと、正直、ワシは好きではありません。

POPSは好きやけど、
ウケるからってPOPSばかり使っていると
その場の客ウケはええから客は掴めるかもしれへんけど、
長いスパンで観たとき、アテ振りばかりでちゃんとした踊りが出来なくなる。

それに、一部の若いお客さんにはウケてもお年寄りは
“放ったらかし感”を感じちゃうかもしれない。

毎日の舞台でPOPSと演歌・懐メロとを
合う合わん、己のキャラに合わせ、
巧く「バランス」をとってくことが出来るのが「これから来る!」役者さん!(※前回記事より)

でも若い役者さんが今時の曲でノリノリで踊ってる姿は悪くない。
そう踊っている姿と、反応している客、この≪空間≫、悪いどころか、とても愛しい。

愛しくて、この舞台と客席が一体となった≪空間≫をぎゅっと抱きしめたくなる。

画像


若い役者さん方、
どうぞ、甘えず、媚びず、ブレず、
たまに尖ったくらいでもええと思うねんけど(笑)、
どうぞ、気を遣いすぎず、楽しく楽しく「俺っ!」って舞台を魅せて下さい。

毎日毎日、きっとワシら客席で楽しんでいる人間には
解らぬくらいシンドさがあると思う。
思うけど、でも、だからこそ…。

ワシらはそれにワクワクしに行きます。
いい表情(かお)をしているアナタを観て、いい表情(かお)になりに行きます。

そんなことを、後ろの方の席で、
胸いっぱいになりながらもジッと観ながら、思う、今日この頃。

…ワシ、やっぱ、だいぶ、オバハン?!…うん(笑) 

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
そんなワシは昨日、若い役者くんに演出/構成をして
夏から三カ月ほど稽古した「昭和歌謡×一人芝居」(※前回記事)の第一回目本番を終えました。ひゃー!

写真は10月4日、尼崎の「座・三和スタジオ」夜の部、紅和弥くんの『さくら』(ケツメイシ)。
先月21になったばかりの彼、眩しいくらいにキラッキラ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も若い役者さんなら
♪つけまつける や♪大阪ラバーより
♪芸者ワルツで踊ってるのを見るのが好き

パンパンパンと小気味いいリズムの手拍子じゃなく
あの手をすりあわす拍手がいいんです(笑)
へっぽこおやじ
2012/10/12 14:49
芸者ワルツ!いいですね!
けど若い役者さんが『芸者ワルツ』を踊るのを観ると、
ワシは「(その年齢では)まだ早い!」と不機嫌になること、多し(笑)

『大阪LOVER』は個人的には「ひー。」です。嫌いです。
でも、これ、名曲だと思います。
特に、大衆演劇の舞踊で使われると本当に素晴らしいと思います。
これ、年代がたっても、来世紀までも「スタンダード」になっていく
曲・作品やと思います。いや、ホントに。
桃♪⇒へっぽこおやじ様
2012/10/13 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dear, 若い役者さん@POPS -(&客席の皆)- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる