桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢幻の如くなり -「城」「見」た殿の『さのさ〜悲しい酒入り〜』-

<<   作成日時 : 2013/03/19 02:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

「『ちょっとヤバいんじゃないの?』ってくらい、色っぽい!」
なぁーんて言うたから、変な誤解されたならヤだな(笑)
でも「わ!」って思ったのは、きっと、無駄に情の入ってるワシだけじゃない。
若い頃女形でならしたその人、
今は若くない「見城たかし」という役者さんが
(※現・「紅劇団」後見、元・「劇団翔龍」後見、元・「見城劇団」座長)
かっちりした殿様鬘で、ゆらぁ〜り踊る『さのさ』を観て。
扇子を使い酒を呑み、ゆらぁりくるぅり踊、花道でうっとりと目を流す姿を観て。
あれは、さしづめ、まるで、信長? いいえ、役者、「城」、「見」た「役者」! 

不思議な『さのさ』でした。
これまでに聴いたことのない『さのさ』。
いろっぽい男の人(江河愛司)が歌う『さのさ』から、
途中、美空ひばりの『悲しい酒』に切り替わり、
また戻る『さのさ〜悲しい酒入り〜』。

男? 女?
生きてるの? 死んでるの?
幽霊なの? 人間なの?
不思議。幽玄。色っぽい。

画像


画像


画像


嗚呼、これが≪役者≫ってもんの、色気やろう。

そう、それは人間まみれ業まみれの≪大衆演劇≫という世界で歳を重ね、
人生重ねた役者という生きものの色気。

幽玄なのに生臭い。生臭いのに幽玄。
不思議。どろり。色っぽい。男だ。人間だ。役者だ。これが、「大衆演劇」の役者の色気だ。

not、「文部省推薦」「教育的お勧め」、but、「やばい」とか「よろしくない」、
だからこそ、「面白い」「凄ぇ」「ゾクゾクする」…!

それが象徴されるような目、
ふわふわ、ゆらぁ〜りの中ギラッと光るあの目は
まるで「俺は生きてる!」「俺は役者だ!」と、でも言うような、
酸いも甘いも、意識的にも無意識的にも味わってきて、今、底から見上げる目で、
今、 「飢餓海峡な目」で…いろっぽい。

ワシ、あの目に惚れたんだ。

と、そんなことを考えていたら、目の前のお殿様がなんだか信長に見えてきました。

≪人間五十年、化天のうちを比ぶれば夢幻の如くなり≫

ワシ、だから、あの目のこの人の「これまで」と「これから」を追いたいんだ―

そう云えば、また思い出した。

このおっちゃん、信長と同じ誕生日。

わぁ。

生臭いな。儚いな。どろっと幽玄。嗚呼、やべぇ、格好いいなぁ、その人生。


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
3月12日、鈴成座にて。
と、追記、4月26日、木川劇場にて
(※写真、4月のものに差し替えました。)

よろしければ関連するこんな記事も…
【覚悟 -『男』-】
【色気- 虚無感とバイタリティの『東京発』-】
【水上勉原作「飢餓海峡」より、見城たかしの「飢餓海峡」-漕いで漕いで-】

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エンヤコラ!の美しさ -かつての女形座長が今、漁師姿で網を引く-
海モノ漁師系舞踊が好きじゃない。 そもそも男男した感じに興味がない。 棒やら櫂を振り回したりそんな男アピール舞踊は、 ワシにはあんまし合わんのだ。 裾をまくったり肩脱ぎしたりとか別にいいのだ。 そう思うワシが最近よく当たるのが、 師匠と勝手につきまとう役者氏の海モノ舞踊(笑) 角刈りにネジリ鉢巻き、 曲のキメでは裾をばっとめくって 足を出してどっかと座り込んだり、 男・男・男! ...続きを見る
桃花舞台
2013/05/07 18:15
「虎」@『屋久島』 -これが関東、「虎劇場」、なう-
お出ましだ! 演劇部長のお出ましだ! ほら! センターの客席から その名の書かれた手拭広げ、 スタンバイされた傘回し! 舞台に列なし並ぶファンが捧ぐ、 紙のお花と生の花束を胸に手に、 その目とダイヤを光らせて! 観よ! 背中に書かれたこの三文字! これが関東、「虎劇場」! ...続きを見る
桃花舞台
2013/07/16 14:24
橋のたもとの女とその役者とワシ -『戻り橋暮色』の笑顔-
大衆演劇舞踊ショーのテッパン曲のひとつ、 『戻り橋暮色』(大月みやこ)は 西の地で戻ってはこない男を待つ女の歌です。 この曲を踊る好きな役者を観て、思わずグッと来るのはココやない? ≪一人前に愛されるほど綺麗な女じゃないけれど≫ そこに見えるのは思わず己を照らし合わせるような共感? けれどもワシ、自意識過剰な若ゾーである ヒネクレ物書き桃が思わずグッと来てしまったのはココやねん。 ≪ヤクザな人と皆が恐れ背中の傷跡見たけれどそれは心の古い傷≫ この曲を踊るおっちゃん≠観... ...続きを見る
桃花舞台
2013/07/22 23:52
矜持あるEntertainerのデッカい笑顔 -玄海竜二、此処に在り-
「殺人と婦女暴行以外の悪い事は皆してきた」 インタビュー等でニコニコとそう答える 玄海竜二九州演劇協会会長はデッカい。 体型の話ではない。 体型もだがそれ以上に、 役者として、人として、大きいように思うのです。 全国の大衆演劇役者の代表のように 御自らメディアに出まくり、 ≪旅役者≫と云う言葉を誇らしく使う“玄海さん”は、 でも、そう大きく出るだけのデッカさがある。 嗚呼、玄海竜二と云う旅役者が熊本に居る、日本に居る。 嗚呼、日本には旅役者という人々が居る、生きている... ...続きを見る
桃花舞台
2014/06/18 04:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夢幻の如くなり -「城」「見」た殿の『さのさ〜悲しい酒入り〜』- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる