桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 「千さまッ!」 -市川千太郎、これまでも、これからも-

<<   作成日時 : 2013/05/03 00:50   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

「千さまッ!」
千さま≠チて絶対に性格悪そうだよね!
あ、性格悪いって云う書き方は誤解を招くけど、
これ、最強最高に、いい意味で!
あれぞ、女形よりも女形だよね!
そんな千さま≠アと市川千太郎さんをひさしぶりにこの目で観ました。
数年前観たときより、だいぶぽっちゃりされていました。
けれどそれ以外は全然変わっておられませんでした。
嬉しくなってしまいました。
嗚呼、やはり、この人は役者であらねばならぬ方です。
ずっと、ずっとずっとどんな形でも役者として舞台におられねばらならぬ
名優、名女形のおひとりやと思います。

千さま=cが突然居なくなった!(※大衆演劇界から)
と云うニュースを聞いたのは何年前か。
そして…
千さま=cが復帰するらしい!
千さま=cが舞台に戻ってくるらしい!
そんな噂を耳にしたのはここ最近のいつくらいか。

そんなのぜーんぶ忘れちゃったけれど、
そしてそれまでどっかで何か役者に似たような似てへんような仕事をしていたという話も
小耳には挟み、知人は行ったり見たりしたらしいが、ワシにはわかりません。

けれど、先月、ゲストとして大衆演劇の舞台に出られた千さま≠ヘ、
ああ、ちょっと、いや、だいぶ、ぽっちゃりしておられたけれども、
ワシらの知る、あの千さま≠ナした。

THE マイウェイ!
周りがTHE大衆演劇なコテコテな演技をしていても
ご自分は女形姿で女形発声でTHE新派芝居が好きですのヨみたいな芝居をする!
崩さない合わさない譲らない一本気!
曲に入り込んでスイッチオン! スイッチオン!したときの静かで最強の色気!
あ、今スイッチ入れた!的なあの本気具合(※毎回ではなく)の時の、
柔和なのにピリッ! ガッ!とした鋭い色気!
真っ白で癒し系っぽいお顔立ちと表情でありながら、
なのにどこかいい意味で上からで、
親しみやすそうな空気なのに、なのに超越して、凄い存在のような、
ニコニコ、うふふ、ぐふふ、にへぇって狸みたいに親しみやすく笑いながら、
鋭く妖艶に、まるで天女のように人を寄せ付けぬアルカイックスマイルを見せる!

嗚呼、このひとは役者だ。役者であるべき、役者じゃなきゃいかん、嗚呼、役者だ。
呑み屋のマスター(※ゲストで出られた際、挨拶でこうおっしゃっていました。マスターって。笑)じゃなく…!

画像


画像


居なくなったと聞いた時、めちゃめちゃビックリしましたが、どこか思っていました。
きっと、どんな形でも舞台に戻ってこられるであろうと。
そうでなければいけない、そうでなければいけない人だと。

そして、今、ほら!
あちらこちらにゲストという形(で?)徐々に戻ってきておられる。

観てよ。
あの、男性でも女性でもない、役者という色気を出して踊る『さのさ』と『奴さん』。
感じてよ。
あの、癒し系和風マシュマロがスイッチオンして妖艶さと凄さを怖いほど漂わす
『飢餓海峡』を。(※写真)
目が離せないよ、
「私は女形ですッ!」ってプライドが光る、女形芝居は。
あの役者ならでは、いや女形役者ならではの、
いい意味で“いけず”(=プライドがあって他人に対してちょっとイジワルっぽい)と
可愛さ≠ェ混ざった、あの舞台姿は!

送り出しで、千さま≠ヘ、ファンの方に超囲まれていました。
ワシらなぞ入り込めない、寄せ付けぬ、千さまサークル≠ェ出来上がっていました。
なんだか嬉しくなっちゃった。握手すら出来んかったけれど。でも。

千さま=cうん、「さま」だよね、「ちゃん」じゃなくて、うん、ほんまに。

人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
4月14日、木川劇場ゲスト。
関西でも関東でも、あちこち、いろんな劇団いろんな劇場にぼちぼちゲストで出られるようですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「千さまッ!」、なう! -市川千太郎、これから-
癒し系微笑み笑顔? いいえ。 その柔和な表情がキッと一瞬変わり見せる。 それはきつい目、怖い顔。 あれ、もしかして修羅の顔? いや、役者の矜持が光る顔。 それを観るたび、ワシはしみじみ思うのです。 嗚呼、千様=Aこと市川千太郎さん、 やはりこの人は名優と云われる人だと。しみじみ、改めて。 ...続きを見る
桃花舞台
2013/05/29 07:45
それは「情念」…にほんじん -千さま舞台は≪にほんの心≫
≪演歌はにほんの心≫などと言われる事がありますが、 その理論でゆくとワシはこう言いたい、 ≪市川千太郎さんの舞台はにほんの心≫。 ≪にほんの心≫、日本人そのもの、うん、それはもう恐ろしいほどに! ...続きを見る
桃花舞台
2013/08/15 18:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「千さまッ!」 -市川千太郎、これまでも、これからも- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる