桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS ≪芝居小屋≫…まるで≪大衆演劇を象徴するような≫-「鈴成座」の事-

<<   作成日時 : 2013/08/03 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「鈴成座」って、
ほんま、≪芝居小屋≫っぽい劇場!
苦手なところを挙げるとキリがない!
でもそれでも惹かれるとこがある!
ええとこもイマイチなとこも含めて、
この劇場は本当に≪芝居小屋≫!
オーバーに言うと
≪大衆演劇を象徴するような≫劇場!
と言ってもいいかもしれないとすら思うのです。

新しくて綺麗な訳やない。
裏も広かったり綺麗だったりする訳ではないらしい。
めちゃくちゃ観易い劇場でもない。
せやのに特に従業員の愛想が良い訳でもない。
駅から近い訳でもない、むしろ遠い、
あの果てしなく続くような商店街を歩かないかん。
大衆演劇の劇場が幾つか隣接する新世界…からもちょっと歩かないかん。

そんだけならまだしも、ワシが苦手なのは≪なんかギュッとしている≫ところなのです。

狭い、ギュッとした、逃れられへんようなあの≪近さ≫!
劇場前の道が細く、劇場から出るとき逃げ道がなく、送り出し避けられへん。
送り出しが苦手な人見知りのワシは未だにこの劇場の終演後は緊張する。
ここ数年追っていて少しは座員さん皆と口がきけるようになった劇団の公演の際も
この劇場んときは声かけるん怖い、送り出し怖い、口数めっちゃ減る、ギュッとした道。
さらに客席の座席と座席との距離もギュッと近く、狭い。
前の座席との間も、隣の座席との間も、微妙に窮屈やから隣の席が友人知人でも緊張する。
この何ちゅうか全てに於いてギュッと詰まり過ぎた狭さ、≪距離感≫が気ぃしんどい。
何やねんもぉ、駅からずーーっと商店街くぐって辿り着く道だけは果てしなく長いくせに。

この≪なんかギュッとしている≫=距離の≪近さ≫って、大衆演劇そのものじゃない?!

最初は楽しい。おもろい。
だって現代って個人主義、昔と違って近所づきあいとか人付き合いとかベタベタ近くない濃くない。
だからなんか新鮮。この劇場における人と人との距離が、そして舞台と客席の距離の近さが、濃い、
濃い舞台上と舞台を取り巻く全ての「情」的世界が。
せやけど人間関係って近いとおもろいを通り越して面倒臭い事の方が多いで。
うざい事が多いで。嫌んなる事のが多いで。そう、まるで家族や親戚付き合いのように…(笑)

そんな厄介なこと面倒くさい事なんかないですよ?
大衆演劇は、人間は綺麗ですよ美しいですよ? キラキラですよポップですよ?
いやぁ、そんなの上っ面やない? 嘘だ! 本質じゃない!
ワシにはこの距離、しんどく面倒臭い≪ギュッ≫こそ、
良くも悪くも嬉しくも悲しくも楽しく面白い大衆演劇の魅力やと思う!うん、思うのです!

ここ、この劇場「鈴成座」はそんな≪ギュッ≫が一杯! あー!
嫌でも座るだけで、観るだけで、伝わってくる、≪ギュッ≫!もぉー!

でも、だから感じるんじゃないかな、
懐かしいような、何とも言えないような、芝居小屋らしさを。
だから行ってしまうんだろうな、
綺麗な劇場や観易い劇場はいっぱいあるけれども、
「もー」とか「苦手やー」とか言いながら何やかんや言いながら、
あの距離がウザくも素敵な魅力なこの劇場、「鈴成座」に。

うん、まさに、だから、大衆演劇らしい劇場。いやほんまに芝居小屋っぽい劇場。
だから不便だか、苦手なところばっかやが、生き残ってほしい。
いや、きっと生き残ると思うワシは、どっこい、新しい劇場たちと共に、しぶとく、逞しく。

そしてそんな「鈴成座」だからこそ、
ワシは苦笑いしながらも、これからも、ちょいちょい、行くような気がしてなりません。

あー!もぉー!…ニヤぁ、リ。

■omake■
商店街から「鈴成座」まで、芝居のこと考えて歩こう】 (2009年記事)
大衆演劇『鈴成座』の隣はストリップの『関西ニューアート』】(2009年記事)
見上げてごらん鈴成座の天井を & あの舞台上のええ表情(かお)】(2011年記事)


人気ブログランキングへにほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
この3月に何度か通いました。
いやぁ、ほんま嫌いで、でも好きな劇場です。笑
ワシはこっから新世界まで歩くのが好きです。笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
≪芝居小屋≫…まるで≪大衆演劇を象徴するような≫-「鈴成座」の事- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる