桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 大衆演劇の魅力そのものの様な… -「ぎふ葵劇場」-

<<   作成日時 : 2014/02/06 22:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像「ぎふ葵劇場」は“ドンキ”の中にあります。
“ドンキ”の中、てか、“ドンキ”の上!
“ドンキ”の1階、そのレジ横のエレベーターを上がった8階!
ガチャガチャでゴチャゴチャな
≪激安の殿堂≫雑貨店の上に上がったら、
…あれ? 上品な大衆演劇の劇場!
え?! 何このギャップと融合!面白い!

アタマから“ドンキ”と当然のように連呼しましたが、
もしかしたら知らない人も居るかもしれません。
ちなみにウチのオカンは知らんかった。
なので、この年末帰った時
買い物ついでに近くの店に連れてってみた。
その反応・・・
「ひゃー!」「わー!」「こんなとこあるの!」「なんやのん!」(笑)
そう、“ドンキ”ことドンキホーテ、
この郊外や風俗街によく在るぎらぎらとネオンを輝かせて
賑やかなミュージックを流しまくり24時間ずぅーっと営業している何でも屋”は、
慣れているワシらには楽しくておもろくてしゃあない。
が、慣れない人にとっては最初はかなりインパクトのある店かもしれません。

「ぎふ葵劇場」は、そんな“ドンキ”@岐阜は柳ヶ瀬の上にあります。

画像


画像


画像


元々、岐阜には「豊富座」と云う劇場がありました。(※過去記事参照)
しかし、そこが2011年7月にリニューアルをし、場所も名前も場所も変わり、ここに。
元コンサートホールだった劇場を改装して、この地に誕生しました。

ん? コンサートホール? うん、“ドンキ”の中、“ドンキ”の上に、元コンサートホール!(笑)

画像


画像


画像


画像


このギャップ! ワシにはとてもツボなんです。
だって、なんだかこれって、まるで大衆演劇の魅力そのものの様!

ガチャガチャごちゃごちゃの上に、広くて上品な劇場がある。
なんでもありの魅力。ガチャガチャゴチャゴチャした俗っぽさの魅力、の中に、
でもちゃんと代々受け継がれた上品な芸がある、猥雑さと品、上品と下品、安さと質、
何もかもがドンドンドンッと同居している、中に在る。
そしてギラギラきらきら賑やかにやかましく元気に混在している、生きている。
そう、ここは、これはここには、木戸銭≪激安の≫、24時間舞台=生活の、
矜持ある役者たちの魅せる≪ワンダーランド≫、大衆演劇!
ここにはガチャガチャごちゃごちゃと上品さと質の高い、
“なんでもあり”のおもろい芸が観られるんやで!
お昼、そして、夜、毎日2回、役者さん達が
生き様そのままぶつけた舞台を見せて生きているんやで!
外から見たら、まさかこの中この上に大衆演劇の劇場があるなんて
わからないこの劇場のように、
知らない人も多いかもやけど、ほんま、めっちゃおもろいねんで!
ワクワク! どきどき! ドンドンドンッ! ジャングルだ!

画像


というこの「葵劇場」、オーナーさんは役者さん(葵好太郎座長)。
大衆演劇の役者さんとドンキは切っても切り離せない関係と思うワシにとっては、
やはり、大衆演劇の魅力そのもののようなと言っても過言ではない!劇場だと思います。
偶然&こじつけやが。 面白いな。

にほんブログ村 演劇ブログへ
にほんブログ村
2013年11月訪問。
ぼちぼちの更新はひさびさの劇場/芝居小屋記事3連発からっ。

そういや浅草木馬館近く(大勝館跡)にもドンキが出来ましたね。
うん、便利便利。我々客にとってもだが、役者さんにとっても便利。良き事哉。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大衆演劇の魅力そのものの様な… -「ぎふ葵劇場」- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる