桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 喧嘩上等、その名は役者-筑豊國太郎の舞台から-

<<   作成日時 : 2014/11/07 16:18   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 6

画像その人は舞台上から喧嘩を売っていました。
ニコニコ笑いながらギラギラした目で。
九州男児の、いや、≪役者≫の矜持と愛嬌たっぷりに。

飲み過ぎ?
いや若い頃のいろんなツケが来た? 
瘠せっぽち色黒のちいさな体で出てきて
ニッコニコ・ニッコニコ、最高の笑顔と
只者でなさを感じさせる鋭い眼光、
正反対の表情を1曲で見せながら踊り、喋る、喋る。

「化粧しないで踊りますからね!
こんな顔に化粧したって化粧品勿体ないだけ!」

「ノリが悪い・・・
今のジャズですよ?僕はジャズで踊ってるんですよ?
『シング・シング・シング』っつってね、
あれはジャズの名曲なんですよ。
九州だったら手拍子と拍手が来るのに。
気分悪いからもう踊りません!」

「ウチの息子達の名前には由来があるんです。
(と、名前の由来をひとつずつ説明した後)
あ、僕は改名したんです。なんでかって言うと悪いことしたからです、ウヒヒヒヒ(真顔)」

観劇後友人とお茶してたら、
隣の席でお昼の部観てきたらしいオバチャンが
これから夜の部観るらしいオバチャンとお茶して言うてた。
「いきなり踊らないとか言って踊りやめたんよ!」
「何あれ!ヤクザやで!何!息子らよりも前へ出て!嫌やわぁ!」
しかし御本人は舞台の上で
「僕、よく言われるけど、ヤクザじゃないですよ。よく間違われるけど。
この劇場でも前ゲスト来た時に裏で止められたんですけどね!ウヒヒヒヒヒヒ!」

ニコニコ、ギラギラ、毎日ワクワク。
頑固親父は喧嘩売る。
毎日、今も、いや今やからこそ、
客席に、いや「現実」というものに向かって、ニコニコと。

生まれ九州、今の名「筑豊」、
筑紫・博多・玄海その名の後ろにドーンとおわす「筑豊」、
筑豊國太郎(『筑紫桃太郎一座 花の三兄弟』・頭取)のあの笑顔とあの目、
矜持と愛嬌たっぷりのあの最強最高の笑顔。
あれは生れ在所と生まれたその地の誇り、
子供の頃からこの生業で食うて食わせてきた己への誇り、
からだひとつで舞台で戦ってきて、戦い続けて、
そしてこれからも戦ってゆく≪役者≫というものの笑顔、役者の顔に見えました。

まだまだオレも現役じゃ! 喧嘩上等、俺≪役者≫!
舞台が好き、お客さんが好き、役者が好き、
いや、生きてる己が好き、毎日が、嗚呼、おもしれぇ!!

画像


情感たっぷりに入り込んで踊るちあきなおみ(ライブバージョンの『紅い花』!)も
スーツでノリノリで踊るK-POP(『無条件』!写真のスーツ姿でノリノリ!)も
ちゃんと化粧して旅人姿で踊る杉良太郎も皆格好良かった。
でも、やっぱ、痺れたんは、九州演劇協会のハッピ着て踊った『花道一人旅』(沢竜二)!
その姿はただただ≪役者≫でした。

画像


ああ。
旅役者。
ああ。
役者って、
格好ええなぁ!

・・・ややこしいけど(笑)



■6月9日&16日、筑紫桃太郎一座 花の三兄弟、「京橋羅い舞座」にて。

■長らくの放ったらかし、すみません。
  今更半年前の舞台について書くか! はい、返す言葉もありません。
  が、貯めていた分、ひとつテーマが出来まして。
  【大衆演劇界における「お父ちゃん」たち、そこからみた「役者とは?」】
  しばらくこのテーマでいきますよー。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
旅役者とは、旅芝居とは-ジジーたちの舞台から-
ジジーたちが好きだ。 大衆演劇、旅役者のジジーたちが好きだ。 格好いいから、ただ格好いいからだ。 ...続きを見る
桃花舞台
2017/03/06 19:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ、読んでて笑ってしましましたww
ちょうど先日、花の三兄弟観た直後だったし、
頭取強烈だなあと思ってなのでww
私は、やくざじゃない、やくしゃです、って言ってました、キラースマイルでwww
山口ジジイ
2014/11/11 11:32
こんばんは。
初めまして。

この劇団さんは今は奥道後に乗っておられますね。
頭取、お元気で絶好調のようで何よりです。
本当に格好いい役者さんだと思います。
まるでこの世界の役者さんの“ナカミ”を象徴しているような、
そんなお姿に見えたので…見えて笑い泣きしたので…書きました。

読んで頂いて、
笑って頂いて(笑)、
笑うだけでなく何か感じて頂けたようで
そんなコメントを残して頂いて、嬉しいです。

今後もぼちぼち、
カタい言葉ではなく、
気取った言葉や
一方的な見方ではなく、
“ナカミ”を感じられる読み物を書いてゆきます。
今後ともよろしくお付き合い下さいね。
桃♪⇒山口ジジイ様
2014/11/16 00:01
貴女もそう思いますか?私もあいつは大好きです!人間一人一人違うんですからあのキャラクターは最高と思います。
英二
2015/01/17 23:34
コメントありがとうございます。
はい!思います!私も「あいつ」(すみません!!)大好きです!

お体の具合が心配だったりもしますが
あのキャラクターで病気も不況もややこしいことも面倒臭いことも
しがらみも何もかもぜーんぶ吹き飛ばして
ずっとずっといい意味でぶいぶい喧嘩を売ってほしい!
そう思わされる「役者!」な役者さんです。
桃♪⇒英二さま
2015/01/23 23:45
桃さん この頃コメント無いですね? 桃さんのコメント好きで見てましたが最近めっきりご無沙汰で‥ 先日、四日市の健康ランドで頭取を見ました、元気な頃のイメージしかなくて久しぶりに舞台を見て、あまりに痩せていてビックリしました 又 元気で豪快な舞台を拝見したいと思いました
桑名より
2016/09/29 22:52
コメント本当に嬉しいです。
ずっと呆れず覚えていて下さり楽しみにして下さって感謝。
ぼちぼち書きたいと思います。宜しくお願い致します!!

さて、頭取。
観られたのですね。
私も(観てはいないのですが)二か月前に友人とよく話題にしていたところです。
二か月前、友人が近くの劇場に通い、観ていて、
「そらな、息子も人気あるけどな、もうお父ちゃん=i頭取)いっちゃん人気やで」
「毎日のように『人生劇場』踊ってたわ。私が観た時は『河内の次郎長』やったわ」
と(笑)
「お客さんがな、「生きてるんが不思議なくらいや。偉いなあ。カッコいいなあ。凄いなあ」って」
とまで。

なんだか笑ってしまいました、笑い泣きして、笑いました。

体が資本、けれど人間である以上老いや病とは無縁ではない役者さん。
老いても、決して万全の体調ではなくとも、
舞台という人前に自らを出し、見せ、晒すことが「生業」である役者さん。
私たちは客席からそれを見ていろんなことを自分の価値観や自分の感性で感じます。
私を含め情が移っているので、心配したりも・・・。
けれどね、きっと、大丈夫です。
だって、頭取ですもの、いや、頭取を含め、彼ら皆は「役者」ですもの。
死ぬまで、御自身の納得するまで、納得する形で、
舞台で人生を見せ、舞台で闘って(頭取の場合は「舞台で喧嘩売って」。笑)
くれると思います。
皆の生き様、見守りたい。
楽しみたいし、笑いたいけど、すべて見て、すべて受け止めたい。
それが(悪い意味ではなく)、面白い。

これからも一緒に楽しんで参りましょう。

コメントで元気を頂きました。感謝です!
桃⇒桑名より様
2016/10/03 16:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
喧嘩上等、その名は役者-筑豊國太郎の舞台から- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる