桃花舞台

アクセスカウンタ

zoom RSS 大衆演劇、「俺」という美学-流れるままに、≪今≫、「俺(わたし)」らしく、≪毎日(人生)≫を-

<<   作成日時 : 2016/01/30 20:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像死ぬような目に遭って死ぬほど悩んで。
それでも舞台の上で全身全霊全力で走り笑ってる。
そうじゃないと生きていられない。
そうじゃないと「俺」じゃない。
たぶんそうしか生きられない。
いつも男(ひと)盛り役者盛り、
けれどたぶん
今が一番「いい塩梅に」、≪生き盛り≫。
そう、あなたも、わたしも、≪生き盛り≫。
きっとそれが「大衆演劇」。
きっとそれが「人間」。

年明け4日、ある役者を観た。
近江飛龍。
これまでその純粋無垢で
本気本音の≪まっしぐら!≫がしんどかった。
「楽しませるぞー!!!!」「舞台とお客様が大好きだぞー!!!」
なぜなら私も「似た気性」だから。ずっと近しい人を「しんどくさせてしまう」から。
だから彼の舞台が重くて、苦しくて苛立ちや腹立ち、煩わしさすら感じ、これまで観る機会は少なかった。
いや、実は折に触れて観ていた。(これ とか これ とか)
だから&でも、昨年、彼が舞台中に倒れたと耳にした時心配と同時に思った。
「ああ、やはり・・・」
いつかそうなってもおかしくなかったのだ、嗚呼、遂に。
そうして彼は少しの期間舞台をお休みし、
復帰後は若い役者に座長を譲った新体制の劇団方針を試みていたことを知った時、ホッとしたと同時に思った。
「きっと死ぬほど悩んだろう」「出たいだろう、暴れたいだろう」
「悩んでいるだろう」
「楽しませたいだろう」

そして、2016年、1月、正月公演。
呆れた。「え?出てる!おもいっきり「座長」してる!」
元旦から四日間(五日間?)連続の「喜劇祭」
あの『紺屋高尾』で5役。意味がわからない。
いや意味などない、なんでもあり、本筋よりも「飛龍!!」、たまらない。
「あ!体のことよく聞かれるんですけどね!大丈夫です!わはははは!
(座員に)それよりお前、血圧高いやろ!大丈夫か!病院行けや!」
皮ジャンにピアスで熱唱、きました、このひと=みたいな『タイガー&ドラゴン』!
懐かしい「超・カッコつけてみました」な『カサブランカ・グッバイ』!
でっかい女がねっとりねっとり踊る『越冬つばめ』!
ラストは長山洋子からの米米クラブで江頭2:50!!!
「いやー!江頭やらなんだらよかった!あー!!しんどーーー!!」(その後15分喋る)

普段舞台観て全然笑わない私も
前の方の席で騒いでる愛いっぱいのおばちゃんたちも
後ろの席で嬉しそうにしてるおっちゃん客たちも笑ってた、
でも座員さんは笑ってなかった。
それはきっと近くに居る者の愛ある渋顔。「もー、またそんなして。知らんでぇ」
そんな真ん中、皆の前に、彼。
復帰しても変わらず、いや、変われず、死にかけても死ぬほど悩んでも、答えはいっこ、
「全てお客さんの為!!!!」
困る。迷惑だ重苦しい。こちらがしんどい。
あんた楽しいかもしれへんけど、
あんた倒れたときあたしらどんだけ心配したかわかってへんやろ、
あんたまた倒れたらどない思うかわかってんの、わかってへんやろ。
いや、わかってる、わかってるけど、こうしか生きられへん、
他人の意見なんかきかない、きいてる、けど「俺」をやめられない・・・≪貫き通す≫。
それが彼、そしてきっと、彼にみる≪すべての「大衆演劇の役者」という生き方」≫、これが≪大衆演劇≫。
言い切ってしまうのは強引だ、けど、でも、あながちまちがいでも絶対ない。
今、あなたには大好きな役者(ひと)居る? 私にも居る(前記事)。
他人(ひと)の意見(ゆーこと)・・・聞く? 聞かない!めんどくせーっ!
思う、「やっぱ、ええな、どうしようもないな」「大衆演劇って、人間って」
だから思う、「せやからたまらないのだろう、わくわくするのだろう」
本当に面倒臭い、本当に楽しい、愛しい、愛しい。だから大衆演劇は、面白い。
誰(役者)のこと、誰が好き、そんな話じゃない、私はそんなことを言いたいんじゃない。
そんなことちいさい、人さまざま、それでいい、そんなこと通り越して「大衆演劇って、つまり人間って、面白い」。
この世は皆、≪生き盛り≫、あなたも、わたしも、今が一番、≪生き盛り≫。
さあ、だから、【流れるままに】、思うがままに、≪今≫、「俺(わたし)」らしくを楽しもう。
舞台の上で、客席で、≪舞台≫をつまり≪毎日(人生)≫を―

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イケイケ、GOGO、≪俺たちの世代≫≪これからの世代≫-大衆演劇、舞台つまり人生を観ると云う事
「ここ2〜3年で≪俺たちの世代の役者≫の役者は確実に皆あっちへ行くよ」 先生が言う。居ても立ってもいられなくなる。 「仕方ない。事実なんだから。実際何人も悪いって話聞いてるし。なんちゃない」 抗うことは出来ない。けれどずっと考えている。ここ数年、特に昨年から。 出来ることは何もない。 そもそもそんなことを考えること自体が俗であり野暮である。 する必要もない。 する、したい、残したいなんて傲慢すぎるほど傲慢だ。 けれど、その≪俺たちの世代の役者≫が、 本気でどの世代よりもた... ...続きを見る
桃花舞台
2016/02/01 23:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大衆演劇、「俺」という美学-流れるままに、≪今≫、「俺(わたし)」らしく、≪毎日(人生)≫を- 桃花舞台/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる