アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「桃的★大衆演劇考」のブログ記事

みんなの「桃的★大衆演劇考」ブログ

タイトル 日 時
What a Wonderful World-おもろいことしよーぜ、おもろいもんみよーぜ-
古臭い化粧のじーさんがピンクの鬘に緑の羽織で村田英雄。 バサラな拵えの兄と妹、ロック流れる中兄が目隠しした妹の首を腰紐で絞める相舞踊。 巧くない、だから弟たちが座長、けど長兄が大きく大きく踊る『万里の河』。 オッサン座長がゴスロリバンギャファッションで身をくねらせ踊る平井堅。 羅生門のジジー、そう、私が人生が変わったとまで言う羅生門だってそう。 世の中には「そうしか生きられない人」が居る。 「そうしか生きられない」、それは、それも個性だ。 ・・・おもろない? 好きとか嫌いとかじゃな... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/13 23:11
見せたいもの・見たいもの-旗揚げ・フリー・昨今の旅芝居に際して-
旗揚げブームである。 今年に入っていくつか。 さらに「退団して旗揚げします!」宣言もいくつか。 驚くことに結構すぐに旗揚げ出来たりしている。 退団したと思ったらもう!という勢い。 資金にそんなめちゃくちゃ困っていないからだろうし 興行的にも「今」「収入が見込める」から旗揚げさせるのだろう。 なんだか色々びっくり&唸り、心の中で問いかける。 「なんで旗揚げしたん?」 そして・・・ 「何を見せたい?」 「何を見せてくれますか?」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 09:05
私的・旅「芝居」考-そんな芝居が観たい(観られる!)の話-
私は芝居を褒めない。 めったに褒めない。 芝居が好きだからだ。 異常(キチ●イと書きたいがいい言葉ではないので)なほど好きだからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/10 15:02
トンビとカラスと時代と「私」-これまでとこれからの旅芝居へ-
すぎもとまさとの『銀座のトンビ』 哀愁とさみしさと男の強がりが描かれるこの曲はまさに旅芝居にぴったりで 同じくすぎもとの『男酔い』と並んで現代旅芝居を象徴する曲・・・ だと思っていたのですが、ですが! 先日びっくりしたのである。 踊ったのは「芯がある」「カリスマ」「オーラが違う」なんて言われたりする役者。 派手な、別に曲に何も関連なさそうな着流しでノリノリ満面の笑みで元気!元気! その役者に客席は手拍子!手拍子!手拍子! ≪俺は俺のやり方で≫「●●(ハンチョ(名前))」 ≪お祭... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/06/04 15:22
色気とは・旅芝居とは-新劇団・イマドキ『恋曼陀羅』-
うーん、「色気」が足りねえ! 梅沢富美男の『恋曼陀羅』。 宇崎竜童&阿木燿子、ゴールデンペアの色気曲。 舞台上のイケメン座長は流行りの立兵庫(私的分度器=jにマントのような羽織翻し。 わ、サービスショット=A上半身をはだけ乳首、立膝、 ぞろり太腿が露になった数秒、まるでSNSにどうぞとばかりにポージング。 客席、キャー、ドキドキ、頬を染めたり下を向いたり喜んだり。 いえ私はそんな目で観てませんけどなカシコ女子も真顔でカメラ連射。 もー、だから大衆演劇にハマる女はモテない免疫な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/06/04 10:49
血と矜持-旅役者、その誇り高き≪ヤンキーイズム≫-
敬愛するジャーナリストに都築響一さんという方がいる。 彼がライフワークのひとつとして目をつけているのがヤンキーたちの独特のセンスだ。 改造車、バイク、特攻服、「夜露死苦」的フレーズ。 「ヤンキーは文化だ」「全身全霊の生き方から生まれた心からの叫びだ」 なのに編集者たちは眉をひそめるという。毛嫌いするのだ。 「僕たちはそういうやつらの爆音に耳を塞ぎながら必死で勉強して今ここに居るんです」 都築さんは言う、書く、叫び続ける、「それでもヤンキーは文化だ、芸術よりも芸術だ」 熱くなる。旅芝... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/06 10:29
あなたと共に学びたい-ネットと大衆演劇(旅芝居)と皆さんと私-
インターネットの力と有難さを身をもって感じている。 業界人、役者さん、ファンの方、 声をかけて下さった方、憧れて下さる方、 旅芝居(大衆演劇)関連のいろんな縁は まだネットのブログなんて広まっていない頃から続けてきた自分の文により繋がった。 けれどだからこそ見逃せない、見逃してはいけないと思っている。 あなたにも言いたいし自分も胸に止めたいと思っている。 インターネットと大衆演劇のステキな繋がり… 便利さありがたさ素敵さと共に怖さや弊害や「気をつけたいこと」について。 こんなも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/04 22:49
旅芝居の色気-人間のにおい-
「旅芝居は色気の舞台だ」 下世話でゲスな方にとられすぎるのはちょっと違う。 しかし「そうじゃない!文化だ!芸術だ!」とムキになって否定したり眉を顰め嫌がるのも違う。 身をもって感じてきた。だから言う。 旅芝居は男の色気、女の色気、人間の色香る世界だ。 生きて生きていて生きている人間のにおい香る世界だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/02 13:24
こだわりとオリジナリティーか、間違いと勘違いか-煙草もといアイコス舞踊から-
驚いた。 ある劇団のショー。 コート姿で渋くキメた座長が ポケットから取り出したのは「アイコス(電子タバコ)」! カッコよさげにふかしていた。 客席はきゃーきゃー言っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 00:51
光の中の「わたしとあなた」-桃的・大衆演劇とは-
「大衆演劇ってなんだろう」 お芝居と舞踊による3時間の公演。 全てのジャンルの芸能を取り込んで「大衆」の「自分たち」流にして見せる芸。 距離の近さが魅力、会いに行ける庶民のアイドル。 舞台に立つことが毎日の生活であり続く人生であるからこそ役者の生きざまが滲む舞台。 それだけ? いや、それだけじゃないだろう。 いつも客席の片隅で舞台と客席を眺めながら思ってきた。 「なぜこんなにも皆が魅了されるのだろう」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/19 00:26
火と業、「魂の色気」-美影愛という旅役者のことA-
火と業、「魂の色気」-美影愛という旅役者のことA- ふと思う。 落語『死神』のラストに出てくる 命の蝋燭が本当にあれば 先生「美影愛」の蝋燭は 沢山の蝋燭たちの中で ちょっと異様に目立っているのではないかと。 ふぅらりゆぅらり、他の蝋燭たちと共に揺れながらも 赤の炎の中の青白の火は決して揺れずまっすぐにカ…ッ! 14年大衆演劇を観てきたがこんな役者は初めて見た。 死神だって魅了されているに違いない。 「消そうか。消して自分のものにしてしまおうか」 「けどまだもう少し見ていたい…まだどれだけ続くか」 見惚れているに違いない、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/04/05 00:13
光と糸、「本当」-美影愛という旅役者のこと@-
光と糸、「本当」-美影愛という旅役者のこと@- 不思議な糸、そして閃光― 大衆演劇、旅芝居に魅了され14年、 公私共に追う内に思うようになったことがある。 「大衆演劇、その舞台は人生そのもの 旅役者、その人生は舞台にすべて表れる」 ・・・出会った、出会えた、「本当」に。 彼の名は「美影愛」、73歳の老優だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2017/03/25 01:41
旅役者とは、旅芝居とは-ジジーたちの舞台から-
ジジーたちが好きだ。 大衆演劇、旅役者のジジーたちが好きだ。 格好いいから、ただ格好いいからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/03/06 19:26
現代、旅芝居客席綺譚-さみしさと、あったかさと、人と人-
先日某所某カフェ前。 なにげなく通り過ぎようとしたのだがガラス越しに見えた姿に立ち止まった。 あのひと、ちょっと有名な大衆演劇ブロガーだ。 言葉を交わしたことはない、何度か劇場で一緒になっただけ。 けど他人のブログや本人のブログによく本人写真が載ってる、間違いない。 しかしその表情はブログ写真での表情とも 劇場で役者に講釈と蘊蓄を垂れている表情とも 若いファンに囲まれている表情とも違っていた。 コーヒーカップを前にボーっと、覇気も生気もなかった。 別の顔を見た気がした、いや、こ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/02/09 22:07
たぶんきっとそういうような-≪時代≫に関するよもやまばなし-
たぶんきっとそういうような-≪時代≫に関するよもやまばなし- そういうことなのかもしれないなあ。 私が大衆演劇を観ていて思うのは、感じるのは。 映画『新宿スワン』と『青春の門(筑豊編)』を観て思いました。 全然関係ない? うん、けど、ふと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/08 02:25
カラスたちの『男酔い』-旅役者の「血」-
白鳥はかなしからずやなんとやらという歌がありますが カラスたち旅役者もまたかなしからずや否か。 厚い化粧に憂いを隠す旅役者とその日々の舞台たちは 私にはかなしたのしく見え、たのしかなしく見え、だからこそ魅了されてやみません。 なんて舞台なんだ、なんて人間≠ネんだ。 面白い、切ない。嗚呼やっぱり永遠に離れられない。 なんだかワルい男にハマってしまったみたい。 微苦笑します。そんなとき頭の中に流れるのは吉幾三の『男酔い』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/01/30 19:41
ちゃんと。やさしく。あったかく。-舞台と客席、「芸」と自意識について-
芸と自意識についてよく考えます。 大衆演劇と自意識と、「やさしさ」について思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2017/01/26 10:38
心とからだ-大衆演劇、明日のための芝居のはなし-
よく耳にします。 「大衆演劇がダメになっている」「旅芝居の神髄たる芝居を大事にするべきだ」 よく目にします。 「楽しければいい」「ウチの劇団(自分の好きな劇団)「は」凄い」 想像します。私も思います。 「昔は良かった」「昔の大衆演劇は「芝居」だった、昔の芝居は良かった」 けれど私たちが生きているのは「今」だ。 向き合いたい。向き合いましょう。 ―大衆演劇、明日のための芝居のはなし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2017/01/20 01:53
大衆演劇、「これから」のために、楽しむために -ある『カラスの仁義』から-
大衆演劇、「これから」のために、楽しむために -ある『カラスの仁義』から- 大衆演劇ファンの皆さん。 定番のお芝居を避けていませんか? それより「新作が観たい!」 「この特別狂言の日に行こう!」とか言っていませんか? 旅役者の皆さん。 先人たちから継いできた定番のお芝居を ただ流れ通りに筋をなぞっただけで演じていませんか? 見直してみよう。考えてみよう。 そして力をつけよう、舞台の上の皆も客席の皆も。 そうすれば芝居がきっともっと面白くなるのではないか。 つまりは大衆演劇がきっともっと面白くなるのではないか。 ある凄ぇ面白かった芝居からそんなお話を... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2016/12/10 00:53
「男」たちへ(そして「女」たちへ)〜役者たちへお客たちへ、今〜
「男」たちへ(そして「女」たちへ)〜役者たちへお客たちへ、今〜 舞台に「男」が減った。 どこへ行った! もう居ないのか! 滅びたのか? そうして滅びてゆくのだろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 3

2016/12/02 23:22
しょーーもなさ、つまりは清濁併せ呑む虚実皮膜の人生(舞台)の魅力
しょーーもなさ、つまりは清濁併せ呑む虚実皮膜の人生(舞台)の魅力 ありがたいことに、 大衆演劇を追いかけて13年ちょい、 大学のゼミで講義をさせて頂いたり、 また個人的に授業ではないが話をさせて頂く機会が増えた。 そんなとき私は≪しょーーーーもない話≫もよくする。 いや、敢えてその方が多いこともある。 うつくしくない話、ゲスな話、アホな話、俗っぽい話、 己の理想の目だけで追っていれば気にも止めないような話、 ともすればただのワイドショー的な話、しょーーーーもない話、 そんななんちゃない話を、わははと、敢えて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 00:00
桃的、大衆演劇の芝居の話-・・・からの(やはり)大衆演劇讃歌-
芝居の話をしよう。 芝居論など語るのは好きじゃない。 評論家気取りは粋じゃない。 自分の好きな物=良い物とするのはあまりに狭い。 【大衆演劇に「いい芝居・悪い芝居」はない】 【「好き嫌い」はあっても「いい・悪い」はない。全ては主観、好き嫌い】 これはあるベテランの教えだが、深い、本当にその通りだ。 それでも私が大衆演劇の芝居について語りたくなったのは 時にとんでもないくらい凄ぇ物に本当に出会えることがあるからだ、出会えたからだ。 だから、大衆演劇がたまらないからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2016/10/08 20:10
What a Wonderful World. -我が愛しき世界=A大衆演劇-
大衆演劇、旅芝居。 そこには 男が居て女が居て、 人生があって芝居があって、 笑ったり泣いたり、上がったり堕ちたり。 虚実皮膜の人間模様が舞台(人生)に全てみえる、みる、みられる、みる。 「だから大衆演劇は面白い」「だから大衆演劇は素晴らしい」 公私共に関わってきて、本当にそう思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/26 15:12
HERO -大衆演劇の魅力、≪愛しさ≫、「生きているということ」-
どう観たって「きっちりした舞踊」ではない。 『HERO ヒーローになる時それは今』(甲斐バンド)! ご丁寧にドラムの生演奏まで付いている。 叩いているのは役者やなく劇団の身内らしいチョイ悪オヤジ。 役者は両手で親指立ててノリノリ、御機嫌!着流し姿でディスコフィーバー! これ、ちょっと前に観た舞踊ショーでのひとコマ。 ゲラゲラ笑った、眉をしかめながらツッコミながら。 舞台上も客席も凄くいい表情(かお)をしていた。 だから私は大衆演劇が嫌いじゃない。愛しくて、たまらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/11 02:09
血と平手造酒 -流れてゆく、けれど確かに-
血と平手造酒 -流れてゆく、けれど確かに- ≪平手造酒≫をみた。 樋口の平手造酒を観た。 ≪平手造酒≫をみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/02 23:46
桃的『吉良の仁吉』考・そのA〜優しくなれなければ生きている資格がない〜
若い仁吉は声を絞り出すように言いました。 「俺はやくざになりたくてなった。けれど長吉は違う。 長吉の気持ちを考えたら…先生 長吉の気持ちを考えてやってくれ」 クライマックス、荒神山に向かう途中(ん?途中?それとももう着いてんのか?) 義理をとって離縁したお菊の最期を看取った安濃徳の食客、 浪人の角井に「なぜお菊さんを離縁した!」と言われた時、 なんの格好も付けず、心から、本気で。 なんて人間臭い、いや、人間らしい仁吉なんだろう。 響いた。グッときた。そして気付いた。気付かされた。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/03 23:17
桃的『吉良の仁吉』考・その@〜仁吉は格好いいのかという話〜
私は仁吉(『吉良の仁吉』)が嫌いです。 公言してきました。 仁吉を格好いいと思えないのです。 カッコイイかもしれません。 けれど格好いいとは思えないのです。 この人はなぜ格好つけきらなかったのだろうかと思うのです。 仁吉って…なんか中途半端やないけ?!と思うのです。思っていたのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/03 23:06
花 -大地を強く踏みしめてそれぞれの花、心にひらく-
花 -大地を強く踏みしめてそれぞれの花、心にひらく- 踏みしめるのです。 大地を強く踏みしめまくるのです。 史上最強の“どや顔”で。 これ以上ないくらい満面の笑みの“どや顔”で 大地を強くドンドンどすどす踏みしめるのです。 ホントにドンドンどすどす音がするほど踏みしめるのです。 花のように花のように ただそこにあるだけで美しく“どや顔”なのです。 それはもう。それはもう。 天下無敵の、オンリー1の、『花』なのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/28 11:11
見てゆく、ということ-「新喜楽座」-
見てゆく、ということ-「新喜楽座」- 「喜楽座」、 じゃなかった 今は「新喜楽座」を観ていて感じるのは 眩しさと、切なさ。 若者たちのイケイケの眩しさ、 若さ、いい意味の若さ青さと かつて若者だった者たちの、 客の目には見えないけれど、 きっとそうなんじゃないかなと思わせる、 滲み漏れてくるかのような想い。 グッと胸に来る。 で、泣いてしまう… のは他人事のようで嫌だと 心が泣くのをセーブしてジッと観る、ただただ、その「今」の舞台をジッと観る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/27 05:55
That’s 麗士’s 国定忠治-『名月赤城山(国定忠治)〜振り向けば夕日〜』から-
That’s 麗士’s 国定忠治-『名月赤城山(国定忠治)〜振り向けば夕日〜』から- 花道で。 振り返って。 おーきく目を見開いて笑ったの。 赤城山をおりる忠治が。 おりると決意し追っ手を斬る、その時に。 ニヤリっ、ギラリっ。 その目。 エっっロっっ。 That’s 麗士’s 忠治。国定麗治。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/26 14:20
エレガントに男酔い、無意識のテクニックに女酔い-あおい竜也-
エレガントに男酔い、無意識のテクニックに女酔い-あおい竜也- なんだその色気! 意識してわざと出しておられるのではない。 のに!だから!立ち上ってくるかのよう。 漫画で書くと「〜〜」みたいな≪男の色気≫が 踊っていて、いや、歩くだけで話すだけで立ちこめるのである。 セクシー? NO フェロモン。あの色気の正体はなんだろう。 何を食べたら醸しだせるか。何を経験すれば滲み漏れるのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 16:30
花のように鳥のように風のように蝶のように-うつくしい人、市川英儒-
花のように鳥のように風のように蝶のように-うつくしい人、市川英儒- ムラサキの睫毛で。 左ナナメ下を見て。 くるくるくるくる。 そのクールで色っぽい眼差しの舞姿を見て 数年前はこうすら思った。(勝手な感想) 「このひと楽しいんかなぁ」 「このひと何してる時が楽しいんかなぁ」 「このひと自ら進んでめっちゃ何がなんでも旗揚げしたい!! って思って旗揚げしたんかなぁ」 ・・・でもね?! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/24 16:17
役者とは、或いはつまり人生とは-『流れるままに』-
役者とは、或いはつまり人生とは-『流れるままに』- その芝居には大衆演劇の全てがつまっていたように見えました。 タイトルは『流れるままに』。 意味深。かつ、なんだか哲学的。 だいたいのあらすじというか設定は 公演される何カ月も前に御本人からちらり伺っていた。 けれどその時点では アホのワシにはそのタイトルと設定は結びついていなかった。 流れる、何が、流れるのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2015/04/24 15:52
兄、隣で微笑む理由-眩しき「これまで」と「これから」-
兄、隣で微笑む理由-眩しき「これまで」と「これから」- 長年不思議だったことがあります。 実の兄と弟が居る劇団で 弟が座長や総座長で兄が副座長や座長や一般の座員など よぉ考えたら「ん?」みたいなところ。 なぜそうなったんやろう、それにはきっと理由はあるんやろう。 けど兄貴は悔しかったり、気味が良くなかったりはしないんだろうか。 あ、そんなん思うんワシだけか。 世の中の人はそんなに人が出来ているのか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/10 10:08
『花かんざし』、男(人間)の心-劇団昴星の『花かんざし』から-
『花かんざし』のテーマって何なんやろう。 簡単に言うと恋に破れた、いや、自ら破った男の切なさか。 それをテーマにシンプルに見せるのもいい、そういうのもある、いい。 けれどこの劇団のこの人はそれ以上の感じさせてくれたような気がしました。 主人公は恋に破れて傷心で、だけやなく、 自分のちいささ弱さを感じ、悟り、諦め、 心の罪を償おうと暗い道を肩落としながらも決めてまっすぐ去ってゆく。 自分がプレゼントしたそれではなく、 同じ、色違いの、誰あろう弟分が買ったそれ… 花かんざしを愛した... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/10 09:54
優しさ弱さ、生きてく強さ、その人だからこその伊三郎〜ある『上州土産百両首』〜【そのB】〜
さて、そんなその日その劇団の『上州土産百両首』について イントロ代わりの【はじめに】から@、Aと続けてきましたが、 シリーズを終える前に、最後にどうしても書いておきたいことと人が居ます。 いや、書いておきたいではなく、書いておかなければならない、欠かせない。 それはスリだった頃の牙次郎と佐次郎の兄貴分である蝮の伊三郎。  その伊三郎を演じる見城たかし(紅劇団・後見)。 見城たかしの伊三郎。 この役抜きにこの劇団のこの芝居は語れない。 この人抜きにこの劇団のこの芝居は成り立たない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/03/06 11:03
若者たち―役者たち―〜ある『上州土産百両首』〜【そのA】
《君の行く道は果てしなく遠い。 だのになぜ歯をくいしばり君は行くのかそんなにしてまで》 大音量の『若者たち』が流れる中で、 “兄ぃ”こと佐次郎(正太郎)は強請るスリの兄貴分伊三郎を刺しました。 本当の弟のように思う大事な牙次郎の為に。 3年後立派な堅気になって又会おうと約束したのに、したけれど、 会うことだけを楽しみに努力と縁で立派な板前にまでなれたのだけれど、 やっとここまで来れたけれど、「あいつの笑顔の為に」。 大事な牙次郎のこれからと「笑顔」を守りたくて思わず、いや、≪故意... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/03/05 22:49
父と子、兄ぃと牙次郎〜ある『上州土産百両首』〜【その@】
父と子、兄ぃと牙次郎〜ある『上州土産百両首』〜【その@】 実はワシ、 その芝居はいろんな意味で 今のその劇団の「一番いい芝居」になれるんやないかと思っていました。 九州の名門を飛び出し座を立て 「自分の芝居」を追求し続ける父(前座長・現会長)。 その隣で父の強烈な存在感と戦いながら 新しいカラーを模索し座を率いる息子(二代目座長)。 二人の演技とはその芝居― 『上州土産百両首』の「兄ぃ」佐次郎(正太郎)と「弟分」牙次郎にぴたりと合う。 どちらもがプライドを持って培ってきたものが どちらの役も欠かせないこの芝居のどちらにも合い、 ど... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2015/03/05 22:44
いい芝居とは〜My Dear, 大衆演劇、役者さんとお客さん〜【はじめに】
大衆演劇にとっていい芝居とは何だろう。 今の時代の大衆演劇にとっていい芝居とは何だろう。 今の時代の大衆演劇において芝居の意味とは何だろう。 小さい頃からキチガイのように芝居が好きなワシがいつも考えさせられるテーマです。 公私共にこの世界を追うワシが常に考え、 これからも考え続けながら観、追う、大きなテーマです。 いい芝居とは? 大衆演劇のいい芝居とは? 全ての大衆演劇ファンの皆様。少しお付き合い下さい。 (久しぶりの更新だから長いぞ!気合の長さだぞ!そして今日から4回シリーズだ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 5

2015/03/03 21:17
役者の目-父と子の『FANTASTIC BABY』から-
お陽さんの陰には月が居て、 お陽さんをずぅっと照らしてる。 子の陰には親が居て、 木の上から立ってずぅっと見てる。 あの日、客席の一番後ろから、 息子と座員とお客さんをジッと見つめていたあの目。 ノリノリ熱狂の『FANTASTIC BABY』を ジッと見つめていた、あの目、あの表情(かお)、あの光。 “大空くんのお父さん”、「宝海竜也」(「宝海劇団」・総座長)の あの目、あの表情(かお)、あの光。あれは親の目、いや役者の目。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/07 16:31
喧嘩上等、その名は役者-筑豊國太郎の舞台から-
喧嘩上等、その名は役者-筑豊國太郎の舞台から- その人は舞台上から喧嘩を売っていました。 ニコニコ笑いながらギラギラした目で。 九州男児の、いや、≪役者≫の矜持と愛嬌たっぷりに。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 6

2014/11/07 16:18
美しさ-『風の盆恋歌』の舞台から-
美しさ-『風の盆恋歌』の舞台から- 『風の盆恋歌』(石川さゆり)。 この曲は数ある石川の曲、 舞踊曲として絶対めっちゃ一杯使われる石川の曲、 その中でも役者さんが特に気合いを入れる… いや踊っている内に曲世界に憑依するように入り込む事の多い曲。 ワシの目にはそんな風に映ります。 同じ石川の中ではこちらもよく好まれる『飢餓海峡』や『天城越え』は センセぃショナルで、曲だけかけるだけでもドラマチックゆえ人気。 でも、この曲『風の盆恋歌』はもしかしたら、 これらの曲よりも気合い入り、自然と憑依してる役者が多いようにすら... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/19 23:17
「今」(「生」)-“師匠(おっちゃん)”、役者、『男の人生』-
「今」(「生」)-“師匠(おっちゃん)”、役者、『男の人生』- 北島三郎の今が好きじゃない。 テレビで“氷川クン”に手をひかれたり、 “北山クン”にヨイショされる北島は、老害としか思えない。 故郷に錦飾り、生きてる間に記念館建て、 業たっぷりの典型的な「成り上がってきた演歌歌手」、 今その業は蝋燭の最後の火が燃えるように見え、 せやのに出し続ける新曲はどれも味はなく只枯れていて 苦笑いを通り越してやりきれなくて爆笑! トホホ! そんな北島の聞いた事も見た事もない曲を踊ると言います。 若くない役者がある日突然『男の人生』を踊ると言います。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/07/18 18:32
立ち続けると云う事、戦い続けると云う事-“紅センセー”の『ろくなもんじゃねえ』から-
立ち続けると云う事、戦い続けると云う事-“紅センセー”の『ろくなもんじゃねえ』から- “紅センセー”の踊る 『ろくなもんじゃねえ』(長渕剛)が好きです。 「作品」として一番好きなのは『冬牡丹』(杉良太郎)。 これは大衆演劇界全ての中でも 「至宝」レベル、 「後世に残したい1本」(※以前の記事)とまで思いますが、 でも個人的には長渕剛の「♪ろくなもんじゃねえ〜!」。 それも「今の」です。 今、今の“紅センセー”が 「もう恥ずかしい」とコッソリ言いながらも 満更でもなさそうに被る若い鬘で、 ウインク&指さしながらの『ろくなもんじゃねえ』。 照れと嬉しさとプライ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

2014/07/18 18:24
素顔 -続く毎日続く舞台続く人生…本当の≪美しさ≫、その魅力-
大衆演劇の役者さんは「見た目」にとても拘るように思います。 顔、髪型、ファッション。スタイル。身長、体重。肌。化粧・・・ そりゃそうだ、毎日が舞台、「見られる仕事」のプロである彼ら彼女らは 常に「見た目」に気を配り、意識をする。 (関係ないけどお客さんの「見た目」にも敏感かつ怖いほど厳しい) しかし、そんな彼ら彼女らが、でも、意識しても勝てない… だからこそ意識して意識して仕方ない(ように見える)ものがある。 それはずばり、≪年齢≫です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

2014/07/18 03:15
その舞台は自分自身 -「フリー」の役者さんにみる大衆演劇の魅力-
大衆演劇にはフリーで活動する役者さんが居ます。 最初、ワシにはその存在が不思議でした。 ほとんどの大衆演劇の劇団は家族や身内が中心。 たいていの場合父から子へポジション(座長職)が継がれ、 彼を中心にして家族や身内が舞台と裏で支え、成り立っている。 そんな中にたまに居る・・・あきらかに顔も雰囲気も違う人が。 なぜか座員やないのに数日〜一カ月ずっとゲストで居たり、 なのに次の月は別の劇団に居たり。 彼ら彼女らはかなりの個性と雰囲気を自ら思いっきり醸しだし、 敢えて自ら「浮いて」「... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2014/07/01 18:54
ええなぁ!その舞踊!-≪オレらしい≫、だから≪大衆演劇≫らしい-
ええなぁ!その舞踊!-≪オレらしい≫、だから≪大衆演劇≫らしい- とある若い役者さんの話。 長唄のお師匠さんが結成した和風ロックバンドの曲を踊った。 鬘は侍風、チョンマゲ、まるで織田信長(本人曰く「コロ助」)。 しかし、その羽織にはギロチン、そして斬り落とされたばかりの生首の絵! また、とある若い役者さんの話。 細川たかしが朗々と歌う「桜」をモチーフにした凛々しき演歌、 多くの役者が黒い袴なんかで踊るその曲を彼は、 あ、彼も袴を着ていたのだけれど、その鬘は金髪! ワシ、この2つを目にして思いました。「ええなぁ! 」。 だって、これってすごく≪... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/02/09 23:02
イキイキと-桃的≪お花≫にみる≪大衆演劇≫讃歌-
イキイキと-桃的≪お花≫にみる≪大衆演劇≫讃歌- その日、ワシは凄く前の席で大衆演劇を観ました。 初めての経験でした。 面白かった。 けれどドン引きしました。 ≪お花(御祝儀)≫を見て。 そう、大会だったのです。 老、若、女、女、たまに男、 付けに行く人の表情、付けられる人の表情、全て丸見え。 封筒、一枚、数枚、扇、紙袋、着物・・・いっぱい、いっぱい。 眩暈がしました。吐き気もしました。けれど目が離せませんでした。 気付けばこっそり泣いていました。いっぱいいっぱいになって・・・愛しくて。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/01/14 02:23
女の強さ、役者の強さ -めっちゃ役者で、めっちゃお梅で…-
女の強さ、役者の強さ -めっちゃ役者で、めっちゃお梅で…- 彼女はいつもの泣き眉憂い顔で『明治一代女』を踊り出した。 正直、まだまだ力は伴ってへんかったかもしれへん。 けれどその顔その姿はとても絵になっていて登場した時からワシは見入った。 しかし途中から「???」、花が付かないのだ、大会なのに。 歌の1番が終わっても、舞台に誰1人寄って来ない。2番が過ぎても、誰も来ない。あれ…?! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 16:35
女の強さ、役者の強さ -踊り、魅せ、駆け、『I'll Be There』-
女の強さ、役者の強さ -踊り、魅せ、駆け、『I'll Be There』- 彼女は強い女の舞踊が似合います。 『蛍の提灯』(坂本冬美)、『夜桜挽花』(島津亜矢)、 『天命燃ゆ』(小林幸子)、『百花繚乱』(ちあきなおみ)… どうだ!この“受け身でなく前へ前へ出てゆく女”のラインナップ! さらに時折普個人舞踊でダンスも見せます。 彼女のダンスは劇団ファンにも劇場付きのファンにも称賛されます。 でもワシは見入りながら思います。「キツそう!」何が?「性格が!」!(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 16:31
女の強さ、役者の強さ -“竜さん”の『ヨイトマケの唄』-
女優だけの大会「なでしこ会」、 そこで“竜さん”が踊ったのは『ヨイトマケの唄』でした。 美輪明宏大明神の原曲じゃなくって、女性が唄うカバーバージョン。 会長である“竜さん”はトリで現れ、魅せました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/01/10 16:27
虚と実と人間の面白さ-舞台と生業と私…年末のご挨拶に代えて…-
見てみて、この一枚! 写るのはひとりの旅人。 利根の川風を受け佇んでいる。 雨の中、道中縁あった女からの赤い玉簪に手をやりながら。 で、ありながらも…。 写るのはひとりの役者。 舞台で己を見せ今日も真剣勝負の仕事をしている。 実はこれ、鬘に挿した簪が落ちそうやったから とっさの判断で後ろ向いて舞踊の所作のフリして直した。 と、後からワシに笑いながら告白しはった。 嗚呼、いいなぁ、面白いなぁ、≪大衆演劇≫。 虚と実の面白さ、 虚と実の「間」に面白さたっぷりある、≪大衆演劇≫... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/31 07:55
なんて素敵な血の演劇 -客席の女性たちにみる大衆演劇の魔、いや魅力-
語弊を招く書き方かもしれない、 最初にそう断っておいてから話を進める。 10年ほど濃くこの世界を追ってきて 客席で沢山の人に出会ってワシは思う。 大衆演劇に普通… ってどれくらいかわからんけど、 普通以上にハマる人は、 心に何か抱えている人が多い気がする。 勿論、心に何か抱えていない人なぞ居ない。 のでもっと正確な言い方をする。 この綺麗でおもろい 人間丸出しの舞台世界を観ていると、 観ている内に、多くの人は、 己の心の中にあるもの引っ張り出されるのではないか。と。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

2013/12/06 21:37
舞台に溢れる≪人間力≫-大衆演劇、その懐深き世界の魅力-
先日ってか先月、 昔からよぉ観てる劇団を観た。 そこには面白い役者が居る。 下手なのである。 いや下手という問題ではない、 そんなもんを通り越し、 通り越して、なぜか、カッコいいのである。 踊り以前に姿勢がおかしい、 その変な姿勢のまま、でも堂々と踊ってる。 そのユラユラやのに堂々たる姿は、なぜだ!、カッコよいのだ。 茶化してへん、なぜだ! ほんまに、カッコよいのだ。 だから、観る度に笑ってしまう。 「やばい! カッコいい! たまらん!」 そう、笑いすぎて泣きながら愛し... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/06 20:12
今日も笑顔で毎日「ワッショイ!」-大衆演劇、それは人生の旅人達の毎日の祭-
≪あと何年、あと何年、あと何年だとしても。 俺は俺のやり方でお祭りやってやるけどね!…ワッショイ!≫ くるくるくるくる、ニコニコニコニコ、 ちょっと無理しすぎ? 頑張り過ぎ? でも…ええなぁその顔!そのポーズ! 大衆演劇、その舞台には豪華絢爛美しく楽しい素晴らしき「虚」と それらを魅せ続ける役者自身の「実」が入り混じる(※過去記事参照)。 その舞台から見える≪人間≫の姿に腹から笑おう腹から泣こう、愛しよう。 このとびきりハッピィで切ない「お祭り」に、こちらも人生を重ねながら参加しよ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 4 / コメント 4

2013/11/24 23:53
強さ、逞しさ…美しさ -大衆演劇の≪役者気≫、“ボス”に想う-
痩せた体に、 でも目はめっちゃギラギラさせて 超楽しそうに下ネタ言うて笑ってる。 前より肌艶も落ち体重もビックリするほど落ちたように見える。 そう、だって、退院して間も無しらしい。 けれど舞台上でニタニタとまるで子供のように笑って笑わせ そして「またオモロイ話しますわな。うへへへへ…ほな」ゆーてハケてった姿は ああ、「役者」だなぁ、骨の髄まで。 その逞しさ、ギリギリにあってもふてぶてしいまでの強さは、きっと、ほんまの強さ。 だから大衆演劇の役者さんは格好いい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/24 23:10
毎日が舞台と云う事-『平っちゃらブギ』の中、天才…いや役者達に想いを馳せて-
“エンオーくん” (「劇団炎舞」橘炎鷹座長)に興味が尽きない。 天才だから。あ、決め付けちゃ駄目ね。でも天才。その一言。 先日観た“エンオー君”は女形で『平っちゃらブギ』(岸千恵子)をぶっ壊れて踊っていた。 引くくらい壊れていた。面白過ぎた。のに、巧すぎた。 そんな“エンオー君”だから、見ていて、ワシは唸ってしまった。 このひとはこれからどうなるのだろう。 どこへ向かってゆくのだろう、ゆけばいいのだろう。 日々毎日、何を感じて何を考え、笑顔の舞台に立っているんだろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/11/24 22:52
嗚呼、大衆演劇! -見せる“食べもの”達の臭い≪体臭演劇≫-
大衆演劇は体臭演劇なんて言われる。 誰が言い出したかはわからない。 が、うまい言い方だと思う。確かに、体臭だ。 良いだけじゃなくて悪い臭いも何もかも 混じって混じった臭い臭いその臭いは≪人間そのもの≫の臭い… かくして劇場の扉をあけると・・・むわっ。 食う者たちの臭いが迎えてくれる・・・「ようこそ」・・・うわっ。 そうしてワシらはもっともっと、更に、だからこそ、魅了されてゆく、ハマってゆく― ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/15 16:11
橋、そこに立つのは一人のおっちゃん-「見城たかし」と云う役者-
以前は座長として立っていた関東の舞台、 そこに約7年ぶりに立った役者「見城たかし」が 得意の女形で披露した曲は『くらやみ橋から』(大月みやこ)でした。 ≪生きていたってしょうがない…≫ 夢破れ人生に疲れきった若い女、 に成り切るおっちゃん≠フ胸にはたくさんの一万円札と封筒。 おかしいやないか!虚無感に苛まれる女、の胸に、超現実で生に満ち満ちた御祝儀! ツッコミを入れ笑いながらもグッときて、泣いて笑って、ワシ、ひとり勝手に忙しくしました。 その超俗っぽい生っぽい姿が美しすぎて。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 5 / コメント 0

2013/11/01 00:41
『花』、そしてヨッシャ来い!-花形から若座長、皆の想いを受け今輝く-
これはきっとワシの思い込み、肩入れと無駄でキモい情による目の眩み。 けれど決してそれだけじゃないと言い切りたい。 その日、『花』を踊った「紅秀吉」には憑いて≠「ました。 そしてそんな彼は先月のお誕生日を以て≪若座長≫となりました。 ―ヨッシャ来い!! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/31 23:57
『今宵の月のように』-今はもう舞台には居ないとある若手の若さ、眩しさ-
くだらねぇと呟いて冷めた面して歩く…と云うその曲 『今宵の月のように』を彼はちょっとスカしながらどや顔で踊っていました。 青臭いなぁ。若いなぁ。どうしようもねぇなぁ。だから、グッと来るなぁ。 彼は今、舞台には居ません。 今は何処で何をしているか解りません。 けれど若い彼は今宵もどこかで同じ月を見ているのだろうな。 青臭いあの曲を聴く度に青臭いワシは青臭い彼の事を思い出し、 そして、これからも思い出すと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/31 23:56
滲む想い -≪大衆演劇≫、「人生=舞台」という事-
大衆演劇の舞台は虚実皮膜。全ては舞台に出る。 それらはどれだけ塗っても客の目の前に晒される。 芝居(おはなし(虚))の世界に入っている舞台上の役者自身には解らないかもしれない。 でも気付かぬかもしれないが出てしまう、滲んでしまう、 なぜなら≪大衆演劇≫の舞台は毎日が「舞台という生活」だから、 そして「血」で演じているから。どんな時でも「人生が舞台」だから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/10/11 18:12
大衆演劇≪虚実皮膜≫ヤンキー論 -クレイジーケンバンドをBGMに-
“紅さん”(紅あきら同魂会会長)が最近クレイジーケンバンドを踊っている。 『ドクロ町ツイスト』だ!それも『河内遊侠伝』(津田耕次)から『ドクロ町ツイスト』だ! 「任侠でござい!」な演歌から「♪チンピラに絡まれた恨みでチンピラになった」! ステップ踏んで「♪ツ、ツ、ツイスト〜俺のツイストNo.1」だ! 初めて観た時ワシは涙流して爆笑し、思わずツッコミました、「ヤンキーやん!」。 そしてワシは思いを馳せます、舞台の上の“虚”と“実”の “ヤンキー”達に。 そして更なる愛を募らせるのです、... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/10/11 17:15
“嵐”林火山-北城嵐-
「うわ! 動いた! 山が動いた!」 その飄々とした人はぬぅっと踊る。 踊りと云うか、長身をぬぅっと動かす。 身を屈めて、下から見上げるようにメンチ切る。 あ、でもヤンキー(小者)のメンチやなく、余裕ある男のメンチ。 どんなんや。でもそんなんや。軽くない。でも良くも悪くも重みが無い。 そんな山は、東京から(小岩から。笑)、基本的には動かない。 どっしり飄々自由気まま、≪動かざる事“嵐”の如し≫。 しかし動けばその独特の飄々さは注目の“嵐”を呼ぶぜ、ザッツ「北城“嵐”」だぜ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/03 19:10
女優、“諒ちゃん”!-三河家諒-
≪女優・三河家諒≫ 彼女の事を貴方はなんと呼びますか? 「諒さん」?!「諒ちゃん」?! ワシは後者。 知り合いでもなければ喋ったことすらない、けれど「ちゃん」。 と、心の中で愛を込めて。 年齢をみてもキャリアをみても、 そして何よりその芸風芸力は絶対「さん」に間違いない。 いや「さん」を通り越して「様」と言っても過言ではない。 でも彼女は「様」「さん」でありながら「ちゃん」と呼びたい魅力がある。 そこがワシ的には彼女の「んもォええなぁ、好きやなぁ」って思わされるところ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 3 / コメント 4

2013/10/03 18:48
「ジャーンッ!!」という役者気 -その日の沢田ひろし@『望郷じょんがら』から-
仰々しい三味線のイントロに乗せて跳ぶように現れ、サラシを振る! そして、キメポーズ、「ジャーンッ!!」 細川たかしのド派手な『望郷じょんがら』に負けてなんかない。 「アア…ア…」からの「ジャーンッ!!」 サラシを置いたかと思えばまた「ジャーンッ!!」 扇子を開くと≪沢田ひろし≫! その舞台はまるでこう言うかのようでした、 ≪俺は沢田だ!≫≪俺は役者だ!!≫、≪これを観よ!!≫! いつもよりもデッカい舞台で行われた他劇団座長の特別公演に ゲストで出られていたフリーの役者「沢田ひろ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/10/03 18:12
「白」と「黒」 -『男』とワシ@大衆演劇-
その日の『男』は「白」くって。 白くて茶色の長髪を束ねてた。 前観た『男』は「黒」くって。 黒に袴に侍チョンマゲだった。 「(他の役者さんと衣裳と鬘が被らないように)仕方なしやねん!」 そない笑う『男』に、でも、ワシは返したよ、「ううん、面白かった!」。 だって、まるで白と黒。嗚呼人間って「白」と「黒」。 偶然目に出来たそれは、まるでこの舞台世界を表しているかのよう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/09/13 19:36
『すごい男たちの唄』-大衆演劇が好きな訳-
≪大衆演劇は舞台だけじゃない。 舞台だけを綺麗だ楽しい美しいと言うには あまりに生活直結であるし人間と人間の距離が近過ぎる。 毎日食うてゆく生活してく… 人生を生きてゆく為に人と人の中を生きてゆくには 綺麗事やなく必死やし、そりゃ美しいだけじゃ過ごせない。 だからこそその人間丸出しの舞台が、 厄介だけど面白く、面倒臭いけど美しい≫ そう思うワシがふとした瞬間に思い出し、 大笑いする舞台の話を「例に」致しましょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/13 18:39
それは「情念」…にほんじん -千さま舞台は≪にほんの心≫
≪演歌はにほんの心≫などと言われる事がありますが、 その理論でゆくとワシはこう言いたい、 ≪市川千太郎さんの舞台はにほんの心≫。 ≪にほんの心≫、日本人そのもの、うん、それはもう恐ろしいほどに! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/08/15 18:44
『惚れ神』にみる大衆演劇のちょいワル楽しい魅力
『惚れ神』と云う曲があります。 超かいつまんで言うと、 ≪パッとせぇへん一人の人間が惚れ神≠ノ会った≫って曲です。 超要約して言うと、「ヤバい!惚れちゃった! ヤバい!ハマっちゃった! わー、この先辛そう面倒くさそう! でも楽しい!…たまらない!うふふ!」って曲です。 これ、ドMの快楽? いえいえ、これはオトナの高尚な遊び。 ハマり、惚れ、落ちて堕ちた己を客観的冷静に眺めてニヤリ、翻弄される事を「楽しむ」。 なかなかデキたアソビ方やない、精神的ちょいワル男女のアソビ方ホレ方です。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/14 17:56
ある「お徳」のお話 -大衆演劇の「お徳」、大衆演劇と「お徳」-
今からするのは「お徳」のお話、 ワシが大好きな役者の、ワシが大好きな「お徳」の話。 お徳とは、ご存知『残菊物語』の薄幸のヒロイン、 大好きな役者菊之助の為に生きて愛して尽くして散った女。 それを踊ったのは今や腐れ縁となった或る役者、私的にゃ師匠(せんせい)である役者。 これはワシとそのお徳の、いや、名優とそれを見る人の素敵な腐れ縁のお話です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2013/08/13 20:08
まるで、やはり、無法松-紅あきら、なう-
≪紅さん≠ヘ無法松≠フようだ≫ 十八番狂言『無法松の一生』を初めて観た時思ったその気持ちは 今、改めて、更に、強くなっています。 紅さん=Aそれは「同魂会 会長」、 そして今は「紅劇団 責任者」という肩書きになった「紅あきら」さん。 無法松=Aそれはかの有名な富島松五郎(『無法松の一生』)…松っちゃん=I ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/08/13 19:25
橋のたもとの女とその役者と私-『戻り橋暮色』の笑顔-
大衆演劇舞踊ショーのテッパン曲のひとつ、 『戻り橋暮色』(大月みやこ)は 西の地で戻ってはこない男を待つ女の歌です。 この曲を踊る好きな役者を観て、思わずグッと来るのはココやない? ≪一人前に愛されるほど綺麗な女じゃないけれど≫ そこに見えるのは思わず己を照らし合わせるような共感? けれどもワシ、自意識過剰な若ゾーである ヒネクレ物書き桃が思わずグッと来てしまったのはココやねん。 ≪ヤクザな人と皆が恐れ背中の傷跡見たけれどそれは心の古い傷≫ この曲を踊るおっちゃん≠観て、 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/07/22 23:52
お疲れ!扇さん!-その姿は熱くセクシィ、扇さとし-
「扇さとし」が踊っていたよ! 立ちで!コート着て、赤い着物に!面長の顔に細い目で! 長渕剛の知る人ぞ知る名曲を! 色っぽく! ワシ、思ったよ。 こういう役者さんが居なきゃ!って。 こういう役者さんが居ての人気劇団なのだ!って。 そのちょっとお疲れセクシィ≠ネムード漂う姿を観ながら! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/21 22:49
タイムスリップと心意気 -「行田 湯本天然温泉 茂美の湯」(行田・もさく座)-
ゼリーフライで有名、古墳で有名、 いや、最近では映画化もされた『のぼうの城』の舞台でお馴染みの埼玉は行田。 そこで、迎えてくれたのはくるくる回る風車の湯けむり温泉。 古里(ふるさと)調の外観になんだかタイムスリップしたみたいな気分で中に入ると、 あら、大勢が皆「ちゃんと」、芝居を観ている、なんだか綺麗な新しい広間で。 そこは「行田 湯本天然温泉 茂美(もみ)の湯」(行田・もさく座)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 23:05
街と人と時代の素敵コラボ -「川越湯遊ランド ホテル三光」(小江戸座)-
このセンターでは「お練り」がある! 月1回、 公演中の劇団座長を始めとする役者さんたちが、 化粧衣裳に身を包み、 俥(くるま)に乗り、 小江戸、城下町である川越の、 時代情緒を残した街並みの中を! なんとまぁ想像しただけで壮観! 観たい! そして追いかけたい! 古き良き街並みと「今」の大衆演劇のコラボレーションを! そんなお練りが象徴するような「古き良き」&「なう」なセンター、 それは「川越湯遊ランド ホテル三光」です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 23:04
ちょうど良い大きさのUFO@高尾山の下 -「八王子健康ランド ふろッぴィ」-
JR「高尾」駅から送迎バスに乗って辿り着いたそこは、 え、何これUFO?! 八王子にUFO出現? って何言ってんだワシは。 UFOの中はなぜか落ち着く雰囲気すらして悪くなかった。 そう、このUFOの中では今は不定期やけれども芝居が観れるよ! 八王子にある、まるでUFO、いや、船みたいなカタチのセンター、 そこは「高尾の湯 八王子健康ランド ふろッぴィ」。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/19 23:38
名調子が作り上げるファミリー劇団のイン・ザ・ムード -風美劇団-
「続いては風美永吉、えーちゃん=A えーちゃん≠フ女形のステージ、『愛燦燦』。 『愛燦燦』からの『そんなヒロシに騙されて』、『そんなヒロシに騙されて』! いよっ、えーちゃん=I」 え? その2曲繋いじゃうの? わ! 若い白い子が真っ赤な袖、振り振り! って云う出てきたその舞台そのものもオモロイねんけど、 オモロ過ぎるやろ、そのアナウンス! 耳に残って離れへんねん、その名調子! これが風美劇団のイン・ザ・ムード?! 新しいよな古いよな、いや、ええもんは時代関係なくええっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/19 23:36
シャンとして、凛として-梅乃井秀男はいい女(&いいパパ)-
秀男さん≠ヘ、やっぱり、ホントに、いい女。 いつも、それでも、やっぱり、とっても、いい女。 梅乃井秀男さんは、今、今は劇団「章劇」に居るよ! いい女…女形を見せ、いいパパな顔も舞台で見せてくれてるよ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/16 23:29
役者の人生、男の顔 -城秀人@『大河』-
男の人生は顔に出る。 なんて事はよく言われる。 なら、役者の人生はどうだろう。 出るかな、顔に。 それは塗った顔に? それともスッピンの顔に? ワシらは塗った顔しか目に出来ないけれど、 そんな事を考える時、ワシにはこの人の顔が印象深い。 沢山沢山居る大衆演劇役者さんの中でも、興味深い。 元・一城秀人。むかーしは「サガラヒデト」? (人づてに聞いたので詳細不明&漢字不明)。 現、城秀人、「劇団美鳳」、後見(責任者?)! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/16 23:27
きっと絶対宝物-しょーたろーさん=雷q席中のペンライト@関東-
久しぶりに観たしょーたろーさん≠ヘやはり伸び伸び歌っていました。 「頑張ってます! 歌ってます!」な歌のステージではありません。 「やりたくないのにやってます」な歌のステージではありません。 全然力んでません。全然偉そうじゃありません。 全然「歌ってる俺カッコイイ」や「俺の歌を聴け〜!」でもありませんし、 わざわざ降りてきていちいち皆と握手をしたりしながらでもありません。 舞台の中央で、ひとり、ただ、自然に歌う。それが、全く力んでない。 せやのにしょーたろーさん≠ェマイク持って... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/07/16 23:27
果てしなく続く毎日と舞台-色気、人生、一城進悟の『男酔い』-
このひとはいつどこでどこから、閉じてしまったのだろう。 ―きっとたいぶ前、だいぶだいぶ若い時。 この人が本当に心から笑う瞬間はどんな時なんだろう。 ―誰にも解らない、全く読めない、だからこそ、いい。 ワシがそう思う役者、「劇団美鳳」、一城進悟座長が『男酔い』(吉幾三)を踊るのを観ました。 ドキリとしました。 果てしない舞台果てしないこの先、そこに漂うのはまさしく、男の色気。 むせ返るような、どうしようもない、ただ、ただ、男の色気。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/16 17:10
「虎」@『屋久島』 -これが関東、「虎劇場」、なう-
お出ましだ! 演劇部長のお出ましだ! ほら! センターの客席から その名の書かれた手拭広げ、 スタンバイされた傘回し! 舞台に列なし並ぶファンが捧ぐ、 紙のお花と生の花束を胸に手に、 その目とダイヤを光らせて! 観よ! 背中に書かれたこの三文字! これが関東、「虎劇場」! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/16 14:03
合言葉は≪健やかなる時も病める時も≫ -不肖、モノカキ桃と大衆演劇と-
今月頭2日、今年も東京の某私立大学で講師をして参りました。 友人である大学教授…というと恐れ多く語弊を招きそうですが、 友人の旦那様である大学教授様の研究の一環で お手伝いとして、ゼミにて大衆演劇の講義をして参った訳なのです。 貴重な研究費の一部をワシの為に使って頂いたにも関わらず 大阪の得体の知れない妙齢モノカキのただの漫談タイムだったのでは…冷や汗。 ですが、今年でもう、有り難いことに3年目になりました。 ワシ如きではありますが、 舞台や人間や何やかやがごっちゃ混ぜの古くて新... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/15 21:52
愛をこめて「お花」束を -綺麗で汚く、素晴らしき大衆演劇“御祝儀(おはな)論”-
以前、ある役者さんとあるお客さんの会話を耳にしました。 お客さん「○○さんは何が欲しい?」 役者さん「お金!(即答)」 お客さん「せやね! 私らもそうやもんね!(笑)」 役者さん「ちなみに一番要らないというか困るものは生花ね。嬉しいは嬉しいんやけどね」 その正直で飾らん会話に、ワシ、思わず吹き出しながらもしみじみ唸りました。 お花、お金。 大衆演劇とは良くも悪くも切って離せない あの綺麗で汚い憎たらしく面白いものについて、 ややこしいけど難しいけど、考えてみよう書いてみようと思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/06/20 23:18
見たいのは≪あなた≫ -大衆演劇だから 大衆演劇だけど 大衆演劇だからこそ-
【前記事】の続き。 しかし、かく云うワシは、個人的にはあれ系舞踊がホントに好きじゃありません。 では何が好きか。 ズバリ、「客(席)なんか放ったらかしで、曲の世界、自分の世界に入っている舞踊」です。 なぜなら、そこからは≪本当のあなた≫(役者自身)が滲むと思うから…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/06/01 22:01
嗚呼、指差し! 肩脱ぎ! ウインク舞踊!-なんて愛しき「距離の近さ」-
指差し舞踊! 肩脱ぎ舞踊! ウインク舞踊! 正直に言います、「大嫌いや〜!」 けれど、言い切ります。 良くも悪くも、あれらは、「≪大衆演劇の魅力≫が詰まった舞踊や〜」! 大衆演劇のいいところ、それは「距離の近さ」。 でも大衆演劇の悪いところ、それも「距離の近さ」。 あれらの舞踊には、その「距離の近さ」ゆえの エエとこと! アカンとこが! ギュッと! ぜんぶ! 詰まってる!! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 4

2013/05/31 22:37
その『男』、役者 -大衆演劇と云う世界に於いて-
好きな舞踊があります。 美空ひばりの『男』。 これを袴で侍で踊る舞踊です。 この舞台から見えるのはストイックなオーラ。 それを踊るのはたぶんストイック…ではない人(笑) あ、嘘、嘘! 不器用なほど真面目で、 つまりストイック…なんだろうけれど、 真面目すぎて不器用な結果、 ストイックからかけ離れたようなことを色々してきた… のではないかと思われる(※勝手な推測)、おっちゃん=i笑) 決して若くはない彼が、今、背筋がシャキッと伸びるようなこの曲を、侍で踊る。 ワシは、もし... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2013/05/29 07:56
その瞬間 -龍美麗×『歌麿-UTAMARO-』(石川さゆり)-
その瞬間、舞台上の歌麿さんは口にくわえていた半紙と画筆をパァッと宙に放した。 放して、その綺麗な顔をこちらに向けた、客席に…。 嗚呼。 ワシは思った、 ほんまに、「貴方、まるごと、歌麿。」 「龍美麗」座長(※以前の記事)が踊った、『歌麿-UTAMARO-』(石川さゆり)を観て。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/24 02:45
≪大衆演劇=人間≫-その魅力を、ワシの独り語りと共に-
大衆演劇は素晴らしい! 大衆演劇はうつくしい! 大衆演劇は最高! そう聞くと「うーん…」と思う。 ヒネクレ者だから? それもある。 けどそれだけじゃない。 じゃあてめぇは「大衆演劇は○○だ」にどう答えるか。 そう問われるとこう答えたい。 「大衆演劇は人間だ」って。 うつくしい、素晴らしい、最高、文化、芸術…そんなんじゃなく、 しんどいことも、きたないことも、苦しいことも、いーーっぱいある。 だから、素敵やねん、って。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/05/22 17:11
エンヤコラ!の美しさ -かつての女形座長が今、漁師姿で網を引く-
海モノ漁師系舞踊が好きじゃない。 そもそも男男した感じに興味がない。 棒やら櫂を振り回したりそんな男アピール舞踊は、 ワシにはあんまし合わんのだ。 裾をまくったり肩脱ぎしたりとか別にいいのだ。 そう思うワシが最近よく当たるのが、 師匠と勝手につきまとう役者氏の海モノ舞踊(笑) 角刈りにネジリ鉢巻き、 曲のキメでは裾をばっとめくって 足を出してどっかと座り込んだり、 男・男・男! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/05 03:48
古くて新しい、からカッコイイ -イマドキの男前踊る『鯱』-
半年ほど前の話。 人気の男前役者さんが鳥羽一郎を踊るのを観た。 曲名は、ずばり、『鯱(しゃち)』。 イケメンが、櫓を持って、ロン毛鬘で、 「オレは鯱になりたい、でっかい男になるんだゼ」みたいな曲を踊っていた。 ワシは一人勝手にテンションが上がった。 だから思わずアホのように声をかけた、「あれ!めっちゃええ!鯱!」。 すると返ってきた答えは「ええやろ〜っ!!俺も好きやねん!!鯱!!」。 イケメンが、もう、満面の笑顔で! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/05 03:47
上品で下品なその矜持 -かつき夢二の『夕顔恋唄』からの役者考-
出てきた瞬間、「わぁ」って言うてもた。 着物をぞろっと着崩して肩をぞろっと出したその女形さんの髪の色はムラサキ。 そんな格好で、 流れるような綺麗な所作で、 でも、首を振り振り、客席に向かって科を作り、 でも、時折、強い目をする。 品があるその人が、いい意味で品のない踊りをしたそれはまさに「作品」。 うん、だから、ワシは、「かつき夢二」座長が好きなんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/03 00:59
「千さまッ!」 -市川千太郎、これまでも、これからも-
「千さまッ!」 千さま≠チて絶対に性格悪そうだよね! あ、性格悪いって云う書き方は誤解を招くけど、 これ、最強最高に、いい意味で! あれぞ、女形よりも女形だよね! そんな千さま≠アと市川千太郎さんをひさしぶりにこの目で観ました。 数年前観たときより、だいぶぽっちゃりされていました。 けれどそれ以外は全然変わっておられませんでした。 嬉しくなってしまいました。 嗚呼、やはり、この人は役者であらねばならぬ方です。 ずっと、ずっとずっとどんな形でも役者として舞台におられねばらな... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/05/03 00:50
いけず-私的女形考、或いはワシが女形を好きな理由-
女形、 男である彼らがまるで女のような仕草、 いや女より女らしい仕草をしているのを見ているとワシは思う。 彼らはなんだかワシらを挑発しているようだな、と。 特に、いわゆる≪女形役者≫… 女形を専門・得意・売りにしている役者を観ていると、ワシは思う。 「私は女形を得意としているのですよ」 「こんなに女になれるのですよ」 「どう? ええ女でしょう? いろっぽいでしょう?」 美しく美しく塗ったその白い顔から、 そんな“いけず”、“いじわる”=ぷち傲慢なプライドが滲む 女形役者を観... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/03 00:41
ゆーのすけ君≠フ事 -橘佑之介-
エンオー君=i前記事参照)の弟さんはゆーのすけ君≠ナす。 ゆーのすけ君=Aそれは劇団炎舞の副座長、橘佑之介さんのこと。 ワシは心の中で勝手にそう呼んでいます。 そう、「さん」ではなく「君」。 こちらは下と云う意味では無く、本当に「君」と呼びたくなるような。 あの笑顔、あの少年漫画から飛び出してきたような、 でも漫画ではなく生身の人間だからこその人間臭さに、馴れ馴れしく(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/04/29 12:56
なんでもありで、ちょっとワル -大衆演劇という人間舞台の魅力-
今時のギンギン・ノリノリの曲に乗せ、 役者さんたちがどや顔≠ナ踊っている。 客席の老いも若きもが キャアキャアひゅうひゅうギャアギャア言うている。 そんな光景を観ると、ワシは客席の片隅でポカーンとなる。 心の中で盛大にツッコミを入れる。正直ちょっと引いたりもする。 けどね、ワシはそんな光景に出会うと、 ポカーンと同時にめっちゃグッと来ます。 「人間ってしょーもないな、でも、ほんま、めっちゃ素敵やなぁ」! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 00:57
夢幻の如くなり -「城」「見」た殿の『さのさ〜悲しい酒入り〜』-
「『ちょっとヤバいんじゃないの?』ってくらい、色っぽい!」 なぁーんて言うたから、変な誤解されたならヤだな(笑) でも「わ!」って思ったのは、きっと、無駄に情の入ってるワシだけじゃない。 若い頃女形でならしたその人、 今は若くない「見城たかし」という役者さんが (※現・「紅劇団」後見、元・「劇団翔龍」後見、元・「見城劇団」座長) かっちりした殿様鬘で、ゆらぁ〜り踊る『さのさ』を観て。 扇子を使い酒を呑み、ゆらぁりくるぅり踊、花道でうっとりと目を流す姿を観て。 あれ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 0

2013/03/19 02:52
No,1とその時計 -紅あきら’s 『セクシャルバイオレットNo.1』-
同魂会 紅あきら会長がここ数年 桑名正博の『セクシャルバイオレットNo.1』を踊っているという話は ここにも書きましたが。 先日、『セクシャルバイオレットNo.1』が流れ、 客席通路から登場した会長の左手には何かが光っていました。 金髪ロン毛に、ん? 数字の書かれた着流しに、左手には、んん? それに気付いたワシはゲラゲラ笑ってしまいました。 やっぱり、この人は最前線=B やっぱり、会長は「♪No,1〜」。 そう、皆にとって、好きとか嫌いとかを通り越して、皆の心に、No,1。 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/19 02:20
生き方生きざま-沢田ひろしが振り回し、飛び、踊る『剣ひとすじ』
ゲストで来た舞台で。 袴はいて。 ぶんぶんぶんぶん刀振り回して。 カァッツ!って口開いて。 真っ白なお顔がカァッツ!って修羅みたいになって。 ちょっとどっかイッテもうてるようなその姿。 その姿はもはやちょっと人間っぽさを通り越して ちょっと妖怪みたいな(※いい意味です)! ああ、これはこの人の舞台だ! この人だから、今のこの人だからのこの舞台だ! 沢田ひろし、沢田ひろしの、『剣ひとすじ』。 最強です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/19 02:02
寂しさ、あるいは、なんて素敵にナルシシズム -『酒の川』-
大衆演劇の舞踊ショーでは、 ノリのいい曲が人気の一方で ≪さみしい俺≫≪ひとりの俺≫的な曲がよく使われ、持て囃されます。 そういった曲を使う舞踊を踊る役者とシビレている客席を観たときに、 ワシはふと、想いを馳せます。 今の時代の寂しさに。 んーん、人間の寂しさに。 そんな人間のしょーもなさに。けど、それゆえに、とびきりの愛しさに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/03 00:10
大衆演劇、その「これから」を見るような -『ぐでんぐでん』-
『ぐでんぐでん』という曲があります。 ショーケンの曲です。 怒髪天がカバーしてます。 大衆演劇ではテッパン・ソングです。 これを缶ビール3本(※ナカミは空)持って踊るチャラ男が居ます。 ワシはチャラチャラしたヤツやチャラチャラした芸は嫌いです。 でもこの若い役者さんのこの舞踊が大好きです。 若い彼のこの舞台を観ていると、 ワシはこれからの大衆演劇とこれからの大衆演劇の役者さんとお客さんについて 考えさせられ、切なくなりながらも、ニタッとなるからです。 うん、ノリノリの音と彼と... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/03/03 00:10
私的《本物》の『飢餓海峡』B-ポジションと歳と生き様と-
さて、そんな『飢餓海峡』にはおそらく3バージョンあります。 【原曲】 【アコースティックバージョン】 【台詞入り芝居仕立てバージョン】 その劇団では、今、座長が原曲を使っています。 そして、後見(前記事、前々記事で書いた役者氏)が、 今、アコースティックバージョンを使っています。 これ、ワシ、「ええな、素敵やな」と、しみじみ思うのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/03/02 19:42
私的《本物》の『飢餓海峡』A -その「目」-
暗い目が光る。 出の瞬間にギラリと光る。 その目が表すものはまさしく「飢餓」なんじゃないだろうか。 それは空腹による飢餓ではなく、心の飢えによる飢餓。 漕いでも漕いでもかつての時代には戻れぬ岸ない飢餓。 それは一番上を見て、今、下に降りたた人間だからこそ噛みしめる飢餓であり 一番上を見て、今、下に降りたた人間にしか解らぬ飢餓なんじゃないだろうか。 それは、寂しさに負けるほど頭が悪くはない人間が 舞台という職場で、今、それでも己の矜持をかけて魅せる生き様なんじゃないだろうか。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/03/02 19:28
私的《本物》の『飢餓海峡』@ -その理由-
『飢餓海峡』は元は小説です。 水上勉が書いた暗い暗い小説です。 恋愛小説ではありません、社会小説です。 そこから映画化もされました。 暗い暗い、よく出来た映画でした。 『飢餓海峡』という曲はそれをモチーフに 作詞家吉岡治が石川さゆりに賭けて書けた一曲です。 よく大衆演劇で使われます。 けれど、その中で、ワシには≪本物≫と思う『飢餓海峡』があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2013/03/02 19:19
「芸」(人間)の力 -例えば、曲<舞踊の瞬間-
大衆演劇の舞踊は≪二次構築≫。 そう言われたことがあります。 言ったのは友人、 若い頃からずっと、 大阪は新歌舞伎座付きの舞台監督をやっていた男。 彼曰く、「二次構築だから、越せない」、 「原曲を、越せない」と言うのです。 歌とは、詩、曲、歌い手、 それらによって出来上がった≪作品(商品)≫。 その「歌」を「使って」踊るのだから、 それ以上のものにはならない、と。 だから、大衆演劇の舞踊は≪二次構築≫、 歌を越せない、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/02/25 03:01
無法松≠ェ好きな訳 -大衆演劇における『無法松の一生』-
無法松、こと富島松五郎は、あほ≠ナす。 旅役者、こと大衆演劇の役者は、あほ≠ナす。 それを愛してやまないワシも、あほ=Aいっちゃん、あほ≠ナす。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/02/19 15:51
Welcome to the “マニアック”world -客席から、客席を見て-
大衆演劇の客席にいるお客さんは大きく3つに分けられる気がする。 1、劇団の追っかけ 2、劇場付きのお客さん 3、その他のお客さん ま、ざっくり大きく分けて、なんですけど。 ワシ、今のワシはどこにも当てはまらず。 1のようで1でもなく。 ま、良くも悪くも中途半端で。 で、でも、ちっさ頃から芝居好き劇場好きの「芝居バカ」なワシは、 この、1、2、3のお客さんが舞台を楽しんでいる姿を観るの感じるのが好きで、 また劇場へと足を運び、真ん中といっちゃん後ろの真ん中、の、上手側の端っこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/19 15:41
おっさん℃]歌 -このろくでもないすばらしき世界で-
大衆演劇― 舞台というものが好きで興味を持ったら そこは舞台以上に舞台を越え、 いいも悪いも全てひっくるめたひたすら「人間!!!」な世界だと知りました。 人が生きること生きてゆくことがそのまンま 滲み、漏れ、溢れ、素敵に表れる「人間!!!」な舞台世界だと。 そんな世界だからこそワシの目はそこに行きます。 そこに生きる…おっさん≠スちに…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/02/08 09:24
Dear,古き良き大衆演劇芝居 -From,与謝野晶子気取りの現代っ子-
お芝居『吉良常』では、 田島政吉と吉良常こと太田常吉、 互いの心根に惚れ合った男2人の友情が描かれます。 結果的に政吉さんは仁義のために死にます。 吉良常さんはそれでも背で泣きながらこの道を生きてゆく… そんな非常に「THE カッコイイ男!」が描かれる芝居ですが、 ですが、ですが、 それ、カッコよすぎひんけ〜?! なぁ、本音は「君死に給うことなかれ」って思わへ〜ん?! 今日はそんな現代っ子なモノカキ桃の、 ふるきよき日本の美学≠テーマとした大衆演劇芝居への「ラブレター」を... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/28 00:04
歌と、時代と、人と、大衆演劇-『夜明けのブルース』(五木ひろし)-
五木ひろしが歌う『夜明けのブルース』という曲をはじめて聴いたとき、 ワシは思いました、「しょーもな。」 でも、五木ひろしが歌う『夜明けのブルース』という曲を踊る役者を観たとき、 ワシは思いました、「ええなぁ!」「たまらん!」「かっこええ!」 これ、大衆演劇の舞踊マジック。 そして、大衆演劇が楽しくなる、大衆演劇の魅力を感じる瞬間のひとつ。 そしてそして、歌と、時代と、人と、大衆演劇について考えさせられた、一瞬…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/01/25 23:41
サウイフモノニワタシハナリタイ@なんでもありの大衆演劇世界
大衆演劇は生活! そう声高に主張してはおりますが、 せやけどワシは≪作品至上主義≫。 生活ということを考慮はしても、 でも、 ≪役者至上主義≫ではなく、 ≪歌(の内容)至上主義≫≪芝居(のテーマや内容)至上主義≫。 今日はそんなアタマカタイ小姑なワシの話、 大好きで大嫌いなこの世界を観ているときの “やかまし話”にお付き合いください(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/25 23:40
My Dear. 役者と云う“鴉” -『追分鴉』-
そのひとは衣裳にこだわります。 その曲、大川栄策が歌う、歌謡曲ではなく舞踊曲、 力のある人しか踊りこなせない曲『追分鴉』。 ワシはそれがもしかしたら 大衆演劇の舞踊の中で一番好きかもしれないのですが、 それを踊るとき、そのひとはいつも、 山水画みたいな風景が描かれた着流しを着ます。 でもその日はちゃうかった。 どちらかというと、地味な、縦縞の着流し。 それはまるで時代劇で島流しにあって帰って来たヤクザ者みたいな…… ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/21 00:19
大衆演劇の≪盛り盛り≫さ -それは例えるなら「お腹いっぱい!」の魅力-
例えば・・・ 盛り盛りの、まるで夜の蝶のような和洋の混じった盛り髪鬘! 「そんな人実際にはおれへんやろ!」とツッコミたくなる黄緑色、真っ赤、カラー鬘! とんでもないイラストやブランドロゴ(無許可?!)の書かれた着流し! まるで暴走族の特攻服みたいなキャッチコピーや戒名がデカデカと書かれた着流し! しっとりと女心を歌った古い演歌、から繋いでの、K-POPやAKB! ストーリーだけ見るととんでもなくご都合主義やねんけど、 せやからこそひたすらに格好いい生き様を描いたお芝居! ……大衆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/20 04:34
ごんぞの舞踊はヨイトマケの唄 -『若松夫婦駒』-
かあちゃんのためならエンヤコラ洞海湾の船人足! 妻と子供と孫のためならエンヤコラ大衆演劇の役者! 昨年末の紅白歌合戦、シャンソン歌手・美輪明宏が “原点”、“黒一貫”で魅せた『ヨイトマケの唄』、 あの「ヨイトマケ」とは言わずと知れた土方… 日雇いの労働者のことですが、 栃若清光(ん? 一節太郎?)の『若松夫婦駒』で歌われる 「ごんぞ(ごんぞう)」は、 北九州は若松港・洞海湾の船人足(沖仲士)。 ワシが勝手に私淑するベテラン役者氏の、舞台です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2013/01/08 21:51
LIVE=LIFEの魅力(と、今年のご挨拶) @『ヨイトマケの唄』
大衆演劇は生活だ! そう言うと嫌悪感を示す人がいます。 違う、と。美しいのだ!、と。 生活、だったり、素、だったりという面は 見たくないし、見る必要もないし、いや、見えないのだ!、と。 でもね、反論を受けるかもしれませんが、ワシはそれに反対です。 大衆演劇は、極論的に言うと、生活やとワシは思います。 だから、面白いと思うのです。 だから、素晴らしいと思うのです。 そう、それはまるで、 昨年末の紅白歌合戦で話題を集めまくった、 美輪明宏の『ヨイトマケの唄』のような……!? ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/04 08:41
Welcome To The 人間劇場≪大衆演劇≫!
今日は皆様に 大衆演劇のスペシャルな楽しみ方をお伝えします。 これは大衆演劇という人間臭すぎる素敵世界が 大っ嫌いで大っ好きなワシが、 ワシやからこそ、伝えたい楽しみ方です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/25 11:33
辞めた人も生きている(また舞台に立つ)…というお話-『男の祭り酒』-
大衆演劇の人間舞台にはいろんな人が居ます、生きています。 ずっとちゃんとそれでもしっかり舞台に居てる人、 だけでなく… 辞めたくても辞められへんで生きるためにガンバッテル人も居れば、 辞めてった人も居る、 けれど辞めても戻ってきてナントカ生きてる人も居る。 何が起ころうと誰が消えようと どんだけしんどかろうと、今日も幕が開いています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/19 17:37
大衆演劇芝居【その作られ方×楽しみ方、魅力】-『長良川艶歌』から-
『長良川艶歌』というお芝居があります。 これ、ワシが知る限り2〜3劇団で演じられているようなのですが、 時代劇らしい「美学」がしみじみ光る、 大衆演劇らしい(?!)、 え〜ぇ人情ラブストーリーなのです。 ラブストーリー芝居が好きやないワシが、 でも嫌いじゃないエエ芝居なんです。 途中まで「お!」って趣向もある、よく出来た芝居なんです。 これ、この芝居、なんとビックリ、 元ネタは、映画『刑事物語』(第一作目)なのだそうです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/18 10:02
ドロッと流し目が語るもの-見城たかし@『情炎』-
大衆演劇の役者さんを観ていて 「色っぽいー!!!」「わぁー!!!」と思わぬワシが、 ひさしぶりに「うぉう」「たまらん感じやな」となりました。 これも生舞台ではなく、7年前のDVDを観ていて。 その人の名は、(元)「翔龍」、「見城たかし」後見。 (※現「紅劇団」後見(※2013年にまとめた最新記事は【コチラ】)) その人が踊っていたのは、『情炎』(吉幾三)。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 2

2012/12/15 13:42
ギラギラ光る目が語るもの -虎 林友廣@『昭和残照』-
大衆演劇の役者さんを観ていて 「ぎゃー!!!」「格好いー!!!」と思わぬワシが、 ひさしぶりに「ぎゃー!!!」「たまらんー!!!」となりました。 それも生舞台ではなく、7年前のDVDを観ていて。 その人の名は、「虎」、「林友廣」演劇部長。 (DVD撮影時は座長) その人が踊っていたのは、『昭和残照』(杉良太郎)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/12/15 13:38
“チャラBOY”上等 -舞台と時代と流行と、若いコと-
ワシは若いコがイマドキの曲でチャラチャラ踊っているのが嫌いです。 さらに、ワシはそれを若いコが客席でキャアキャア持て囃しているのはもっと嫌いです。 そんなワシは、最近の舞踊ショーのとき、 客席で心の底から楽しそうな顔で観ていないことが多いです。 でもね…?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/14 06:34
“チャラ爺”のススメ -舞台とゲンジツと役者気と、ベテランさんと-
先日、ワシはとある場所とある劇団で、幕間、 劇団のお客さんが若い役者さんに話しているところに遭遇しました。 「なぁなぁ、“チャラ爺”ってモテるん?(薄笑)」 また別の日、ワシはとある場所とある劇団で、 歳くった謎のお爺ちゃん役者が 真っ赤っ赤に真っ赤っ赤の着流しで踊っているのを観ました。 客席のお客さんは1人、席を立ち、また1人、席を立ち、 そうね、その踊りの間、なんと、4〜5人が、 トイレかタバコか電話か解らないけれど、 舞台で踊っている赤い人の前を悠々と横切って、出ていって... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/14 06:20
≪一本釣り≫ -もしかして2012年の大衆演劇流行大賞?!-
今年も押し迫って参りましたが、 なんて珍しくマトモな事もたまには言いますが(笑)、 今年2012年の大衆演劇流行大賞! と、云うのを勝手に挙げるならば、 ワシ、迷わず言いたいのです、 それは≪一本釣り≫、だと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/13 23:27
情交 -生と死の『紅い糸』@舞台-
色っぽいネタ、いきます! …このところ「男」テーマが続いていたので。 とある友人がちょっと面白いことを言っていました。 藤あや子が歌う『紅(あか)い糸』、 好きな女形さんがこの曲を踊るとき、 2番の某歌詞…ええい、言っちゃおう、 ≪冷えた刀≫を「私」に≪突き刺して≫ってなところで 「怖い目になるところが、たまらんのです」、と。 ワシ、これ、この曲を表す≪真理≫やと思うのです。 これぞ、イキ・逝き・生き、 “闇”の中、運命を呪いはてて生き抜く 『紅(あか)い糸』(藤あや子)―... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/05 01:15
“ジョージ”と“ショージ”@舞踊ショー -に、みる「今」の大衆演劇-
よく観る劇団のとある若い男の子は 舞踊ショーでよく“ジョージ”や“ショージ”の曲を踊ります。 いわずもがな、“ジョージ”とは山本譲二、 “ショージ”とは、小金沢昇司。 男臭〜い容姿とマッチョな声の持ち主である彼らの曲は、 大衆演劇の舞踊ショーでとても頻繁に使われます。 ワシはね、この2人の歌って、 今の大衆演劇のショーですごいいい働きをしていると思うのです。 更に、大きなことを言うと、 大衆演劇のショーで “ジョージ”や“ショージ”の曲を使った踊りを観ていると、 ≪今の大衆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/04 05:11
理想の「男」(トホホ) -『河内の野郎花』-
お芝居『河内の野郎花』。 これは一見、むちゃくちゃなドタバタ芝居です。 でもこれ、ちゃんとちゃんと王道のヤクザもの芝居です。 いや、いわばヤクザ芝居への愛しきオマージュ芝居。 いや、かっこつききらない、人間臭い主人公だからこそ、 もしかしたら、愛しく、身近に思えて楽しいかもしれない、そんな芝居です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/30 22:39
理想の「男」-『冬牡丹』@大衆演劇-
『冬牡丹』(杉良太郎)、 それは大衆演劇を象徴する1曲だと思います。 男、男らしさ、男と云うモノ… 日本の男、あるべき、理想とされた男… そんなものが描かれる大衆演劇の「芝居」を象徴するような1曲だから。 うん、時代が芝居からショーに比重が移ってきた現代となっても、変わらずに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/11/30 02:32
覚悟 -『男』-
舞台に現れたのは侍でした。 ワシは息を呑み、心で正座しました。 そうさせるピリッとした雰囲気と 有無を言わさぬピシャッとした空気を作られたのです。 「やはりこの人ほんまもんや」 そんな侍が膝を折って屈んで目を伏せる姿を見て 「このひと切腹すんのかなあ」と思ったりしたのは 命をくれてやるという歌詞のせいだけじゃ、ありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/11/28 07:58
not 「あばよ」、but 笑顔 -『すずめの涙』-
笑ってる! ≪男なんかは星の数ほど≫って微笑みながら ≪お客なんかも星の数ほど≫これまで見てきたであろう ベテランさんが女の格好で笑ってステップを踏んでいる。 その笑顔がどこかちょっと寂しそうに見えるのは ワシがその人、に、情が入っているから?! さぁね! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/27 20:26
切なさ(のようなもの) -大衆演劇の本質的魅力-
例えば地方の温泉センターでやかましい団体客に邪魔されながら芝居する姿。 例えば地方の温泉センターでガラッガラの客席に向けて踊る姿。 これ、観ていてしんどい。 でも、嫌じゃない。 逆に・・・ 例えば馴染み深い劇場で大入りの客席に満面の笑みで踊る姿。 これ、観ていて涙が出る。 …なんでなんやろう…。 極端な言い方をしましょう。 ワシが思うに、それは大衆演劇の「本質的な魅力」に触れているから、ではないかしら。 大衆演劇の「本質的な魅力」、 それは一言で言うと、≪切なさ≫みたいなも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/26 22:59
仙人-二代目 大川龍昇-
「居た!」シリーズ、2人目と言いますか(笑) ワシ、何年かぶりに“龍昇さん”を観ました。 まるで仙人に会ったような気持ちになり、嬉しくなりました。 そう、ワシにとって「芝居の大川」の4兄弟、 その中で長男である「二代目 大川龍昇」さんは仙人です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/19 20:58
謎 -沢田ひろし-
「沢田ひろし」が居た! 相変わらず不思議なあのお顔立ちで、 相変わらず独特のセンスの光る格好で、 相変わらず、伸び、反らせ、踊ってた! 不思議に素敵、素敵に無敵な あの表情を感じさせないのっぺりとしたお顔のまま 芝居ではギャグも言い、 嫌味なほど惚れ惚れするような舞踊を見せていた! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/11/19 20:13
封建制度の中咲く、「私」の想い -『拝領妻』-
どうしようもないゲンジツを堪え、 いや、でも堪えられないのは愛しているから。 想いを通すのは若さゆえ?  いや、「人間として生きた」から。 理不尽な封建制度の中、生きて愛して散った若い男女の物語。 それは『拝領妻(始末)』。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/13 21:58
舞台・人間・旅-百花繚乱、したたかに-
ちあきなおみに『百花繚乱』という歌があります。 ワシがこの曲を知ったきっかけはとある女優さんの踊りでした。 元はジャズダンスを習っていたという彼女が 帯を前で結んだゾロッとした衣裳で、 長い髪の毛をポニーテールにして振り乱しながら、 着物にブーツで踊っていました。 最初、ワシはその俗っぽく決して上品ではない踊り… 「私この世界で女だけどこんな個人舞踊出来るのよ!」 という過剰な自意識がだだ漏れのような舞踊を観て思いました。 「はいはい、巧い巧い」、と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/11/08 13:13
舞台・人間・愛燦燦 -キラキラ・ギラギラ・スケスケ-
≪異様に歌の巧い役者≫が ≪不思議な衣裳≫で≪陶酔・熱唱≫…! その舞台に衝撃、 いや笑撃を受けて3年、 正確には4年過ぎました。 大笑い出来る、でも泣けもする。 聴き惚れる、けど度肝を抜かれる。 色っぽい、けど得体が知れない。 嗚呼!ワシはこの舞台に象徴される “こういうもん”に惚れてしもたのだとニヤケます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/05 16:19
生-『Joker』(湘南乃風)-
湘南乃風の『Joker』。 This is the ≪ヤンキー歌謡≫! The Top of the ≪ヤンキー歌謡≫! これ、近年の大衆演劇の舞踊ショーで流行っている曲。 これ、ワシには大衆演劇役者さんの「生」を 解りやすく表す曲に思えます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/29 21:30
愛すべき坊(ぼん) あるいは永遠の全力少年-紅大介-
「紅大介」(紅劇団)と書いて、 「愛すべき坊(ぼん)」と読みます。 嘘です。 けれどそう思いたいあの舞台姿です。 芝居で、口上で、 人をイジっているとき 最強に“ええ表情(かお)”をします。 GReeeeNや嵐の曲… 1人じゃなくて複数で歌ってる曲の中で踊っているのが似合います。 『壬生義士伝』や『拝領妻始末』など、 ひたむきな、不器用なくらいひたむきに生きた男の役が似合います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/27 00:21
『一本釣り』 -≪大衆演劇=人間≫の魅力-
大衆演劇の舞踊ではよく ≪おいで≫とか≪おまえ≫とか ≪その手を(で)≫とか ≪惚れた≫とか、 そんな歌詞に合わせて 指を差したり手を差し伸べる仕草、 この憎らしくも嬉しくなるポーズが見られますが。 が! ワシは先月この「進化形」を観ました。 …『一本釣り』です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/10/26 23:09
「俺」系か「成りきり」系か…中でも「成りきり」系が好きな訳。
先月ワシは「おさん」に出会いました。 そこにはちょい歳くったシンドそうな56のオッサンは居ませんでした。 あ、ウソ、3割は居ました。 でも、7割は「おさん」でした。 7割、手代と間違いを起こし恋の道行する暦屋の女房、 近松が、西鶴が、その事件をモデルに書いたドラマチックな女「おさん」でした。 前日は脚絆つけた玄界灘の船人足に成っていたそのひとが、です。 …うぉー。(※客席でのワシの感嘆の唸り声) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/25 16:36
妖 -『月のしずく』-
紫? ピンク? いや、赤。 「出た!」 「うわぁ…お化けみたい」 RUIの『月のしずく』、 オリエンタルなイントロが長めに流れ、 歌と同時に舞台に現れた 56歳ベテラン女形の鬘は、赤。 ゾクゾクした、だって素晴らしく「妖」しかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/22 13:42
なんて素敵に大衆演劇 -職業としての旅役者-
『職業としてのAV女優』は ワシが今年読んだ本の中で最も面白かったうちの一冊(※コチラ)。 下世話ではなく、 色眼鏡で見られがちなその業界を 「仕事」と見て、追い、書いた一冊のルポ、大作です。 この本ではないですが、 ワシは摩訶不思議で人間人間した素敵な舞台世界 ≪大衆演劇≫に「職業としての」大変さ、 それゆえ本当の格好良さ、本当の面白さを感じたりします。 舞台(を務めることが)=生活である彼ら彼女らは それゆえ、何より、他より、人間臭く、素敵やと思うのです。 (※以下、今... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/22 13:30
≪血≫ -大衆演劇の「母」「父」芝居から-
男にとって、「母」とはいくつになっても気高く優しく、温かい、永遠の存在。 「父」とは、いつまでも越せぬ、大きな、意識せざるを得ない存在。 ≪血の演劇≫(前記事参照)である大衆演劇では、だからこそ、 「父」「母」をテーマとした芝居が客席の我々の「血」を呼び醒ます…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/13 14:22
絆 -大衆演劇は≪「血」と「情」の演劇≫-
大衆演劇を考える上で欠かせないテーマ、それは「家族」。 家族中心で運営されている劇団が、毎日毎日、生活しながら舞台を見せる。 そんな大衆演劇は、一言で言うと、≪「血」の演劇≫と言っていいかもしれません。 あ、更に付け加えると、≪「血」と「情」の演劇≫と言っていいかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/10/13 14:17
時代-芝居からショーへ、大衆演劇の「今」と「これから」-
その日、千秋楽、 舞台に流れる徳永英明の『時代』(原曲:中島みゆき)を聴きながら思ったこと。 それは、≪今の大衆演劇は芝居よりもショーに重きを置いている感じがする。 これ、どうなのかな。そして、これから、どうなっていくのかな≫ということ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/10/02 22:18
芸人と御贔屓、人間と人間 -『稲川と新門』&『幸助餅』-
『稲川と新門』、『幸助餅』。 これ、どちらも 大衆演劇の舞台で演じられる ≪相撲≫をテーマにした喜劇です。 力士とタニマチ(ご贔屓さん)の関係を描いた、エエお芝居です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 05:14
女優 -≪桜≫に≪蛍≫-
芯の強そうな彼女、 ときに“キツさ”すら感じさせる彼女には ≪桜≫≪蛍≫の曲がとても似合います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/09/23 01:45
男と女、嘘とホント、人と人-『お伊勢帰り』@大衆演劇-
モテへんアホの喜六は、 恐妻にエエとこを見せたくて べっぴん女郎のお紺にモテたんやぞと嘘をつく。 喜六の相方・色男モテ男の清八はアソビの場やからと べっぴん女郎のお紺に自分は独身で大金持ちの一人息子やと嘘をつく。 清八の嘘を真に受けたお紺は財産を狙い、間夫と共謀し強請りにかけようとやってくる。 さぁ、最後に笑うのはだ〜ぁれ?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/18 04:29
まるで教科書-『長脇差(ドス)と草鞋(わらじ)と三度笠』-
『長脇差(ドス)と草鞋(わらじ)と三度笠』。 これ、誠に時代劇らしい時代劇というか 大衆演劇の≪ヤクザもの芝居≫の中でも王道も王道の芝居、 教科書のような芝居やなぁと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/16 04:40
ピカレスク!-大衆演劇と『座頭市』-
ヤツは決してスーパーヒーローではない。 超明るいヒーローどころか、 おてんとさんに背を向けて歩く、 つまり裏社会を生きるお尋ね者。 そう、ヤツは目が見えない按摩。 按摩だけれど、仕込杖を持つヤクザ。 金で雇われ、金で動く、メクラ。 その名は、座頭市。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/14 05:30
≪主題(テーマ)≫-大衆演劇のお芝居は「心」の宝庫-
大衆演劇のお芝居、 特に昔から受け継がれてきたお芝居には 解りやすい≪主題(テーマ)≫があります。 それは、ざっくりまとめれば、 「仁」「義」「礼」「智」「忠」「臣」「孝」「梯」。 そんな“にほんの心”が 日々カタチを変え、設定を変え、 「喜怒哀楽愛欲悪」(七情)を織り交ぜながら描かれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/09/14 03:59
スルメのように -私的大衆演劇の楽しみ方-
例えば、舞踊ショー。 例えば、好き(変な意味ではなく)な役者さんが踊っている1曲の間。 3〜5分の間、アタマ、フル回転。 曲に関すること、踊るそのひとに関すること、己に関すること。 要ること、要らんこと、今考えんでもええこと、そういや思い出したこと。 浮かぶ、消える、また浮かぶ、残る、消える…。 あなたにはそんな経験はないですか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/12 05:26
≪バランス≫と≪これから≫-古い曲と新しい曲の中で-
さいきん、気付いたこと。 とある若い座長がショーで立ち2曲、女形2曲踊る場合は 必ず古典(演歌風)と新曲(ポップス)、 1曲ずつ使っているということ。 「偉いなァ…!」 ワシはしみじみ感心しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/06 16:43
歌は気持ち@舞踊ショー-ギャル演歌とヤンキー歌謡-
≪ギャル演歌≫という言葉をご存知? ワシは最近知りました。 さらに、もひとつ。 ≪ヤンキー歌謡≫という言葉はご存知? これはワシが勝手に命名しました。 そして思いました。 今、イマドキの、 今風の大衆演劇の舞踊で使われているのは まさしくこれらの歌ではないか!と。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/09/05 02:33
若さ(しかもバラバラ)という武器 -「劇団絆」&「劇団時遊」-
バラバラ感とフレッシュ感!  旗揚げしました! ガンバってます! キャリアは長い! けれど、今からです! 2人の座長の2つの劇団 「劇団絆」&「劇団時遊(じゆう)」は そんな、ある意味で 最強の「武器」が魅力の劇団&劇団やないやろか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/31 02:18
怪人(ファントム)の美学 -美影愛-
「美影愛」という役者さんは 独特でした、不思議でした。 九州の男臭さと関東の洒落た感じ。 どれでもあって、でも、どれでもない。 不思議で、得体がしれない。 ひたひたとオーラの滲む、 まるで魔力と美学を持った、 うつくしき紳士、怪人(ファントム)でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 2

2012/08/30 15:56
誘い -大衆演劇の≪客席≫から≪客席≫へ-
大衆演劇って、濃くない? あ、舞台上は勿論のこと、≪客席≫も(笑)! 今日はそんなウザくも素敵な≪客席≫をテーマにした、 大衆演劇への勝手にラブレター・ファンレター、もとい、「誘い」、です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/29 22:08
舞台と人間 -狐狸狐狸 World、芸の≪本音≫?!-
「自分の世界に入って≪集中≫…(スイッチ)インして踊りたい」 「お客さんなんて放ったらかしで、曲の世界に入り込んで、曲の主人公になりきりたい」 ≪自分に正直に生きてきた≫(名言、いや、迷言?!)その役者は言う。 これって、正しい? これって偉い? 解らない。 でも、これって、ちょっと、≪役者の本音≫じゃない?!(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/08/25 19:18
女形・切なさという≪プロの技≫ -『くらやみ橋から』-
『くらやみ橋から』(大月みやこ)の 最後のサビ、最後のキメどころで 後ろを向いたその人は 振り返ってため息をひとつついて前に進み、 切ない顔とポーズを決めた。 キメる前にため息をひとつついた。 うわぁ…「あ・ざ・とーい!」 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/08/20 15:35
「THIS IS大衆演劇」、「なう」。
ギランギランの照明と モックモックのスモークの中、 さっきまでキャアキャア系舞踊を魅せていた彼が 袴姿でバリッと、超“イン”して『安宅の松風』を踊る。 「THIS IS大衆演劇」、しかも、「なう」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/08/20 15:16
「隣りの女」 -大衆演劇の「心中もの」舞台から-
向田邦子の『隣の女』って短編。 それは一人の女が“グラッ”と落ちて、でも「戻ってくる」お話。 随分昔にテレビドラマ化もされたらしい。 その際のタイトルは『隣りの女〜現代西鶴物語』。 読んでいるうちに思い出したものは、 大衆演劇の「心中もの」舞台と、それに魅入る客席です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/18 15:50
おんなが袴で踊る『はぐれコキリコ』 -美穂裕子-
「袴踊り」をやれば客席が沸くという傾向が好きではありません。 袴を着て踊っていようがダメな踊りもあるもの。 なのにカタチだけでワァワァ絶賛されるのが「どうやねん。」って思ってしまうのだもの。 そんなごっつ好きやからこそ ごっつ生意気&ヒネクレた目線で観てしまう「袴踊り」で、 でも、印象深かったのが彼女の『はぐれコキリコ』です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/08/17 21:28
「私」のカラー(個性) -≪海の男≫@舞台-
舞台上に現れたのは、同じ≪海の男≫。 かたや、表情と硬派な仕草でキメる≪海の男≫in鳥羽一郎の男歌。 かたや、ゆぅらりと「踊り」の所作を流れるように魅せる≪海の男≫in天童よしみの女歌。 対照的なカラーの≪海の男≫、あなたは一体、どちらに“グラリ”?! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 15:55
“野菜”のススメ -若い役者さんたち@舞踊ショーへ-
舞踊ショーで若いイケイケの子がポップスを踊る! それって楽しいし! お客さんウケも絶対にいいし!  踊っていて自分もノれるし! でも…! ともすれば自分の生まれる前の曲だとか、 この曲は名作過ぎてまだ俺には早いかもって曲にも、 チャレンジしたらきっとおもろいで! 長ーい目でみたら、きっと、エエことあるで! そない思うのは、ちょっとオバハンになってきたワシの“お節介”でしょうか?(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/04 03:15
“腐女子”目線からの『名月赤城山』@大衆演劇
で、そんな国定忠治を主役とする芝居『名月赤城山』話、ふたたび。 こんどはちょっと、“腐女子”的な目線からの巻。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/28 13:35
虚実×虚無とバイタリティ -『名月赤城山』@大衆演劇-
国定忠治は≪滅びの美学≫。 男の寂しさ、切なさ、やりきれなさ… それが「舞台=生活」という バイタリティ溢れる大衆演劇の舞台で演じられる。 「虚」と「実」が、正反対! なのだけれど、だからこそ、 大衆演劇で『名月赤城山』を観るのはたまりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/07/28 03:09
≪女≫の戦い ≪女≫の本音 -「嫁姑系喜劇」から-
大衆演劇の古くからの芝居と言えば、 ≪男≫の生き様を描いた男臭い芝居が主流。 けれど、それとは正反対の、≪女≫の、生活感あふれる芝居もある。 それは、いわゆる、「嫁姑系喜劇」…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/27 15:51
それってやっぱ人生 -大衆演劇=≪人間舞台≫-
大衆演劇の舞台には、人が生きている、生きていく姿が垣間見えます。 いいものも、悪いものも、何もかもが、生活=舞台ゆえに、現れます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 22:38
「きゅん。」あるいは「グッ。」 -舞踊ショーは三位一体の「物語」-
例えば、“ソナ・ポケ”! 曲は、『好きだよ。〜100回の後悔〜』! この曲で今時のイケメンが踊ると、客席がポッと“胸キュン色”に染まる。 そんな瞬間を体感したことはありませんか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/20 10:42
≪これまで≫と≪今≫と≪これから≫-レーザー照明の『名月赤城山』-
レーザービームみたいな照明の中に居たのは、 『名月赤城山』の国定忠治。 24歳の、国定忠治。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/18 16:15
両手は胸の前でグーにする-『三日月』(kenjyo style)-
オジサンが雰囲気たっぷりに『三日月』(絢香)を踊っていました。 ≪「頑張っているからね」って、「強くなるからね」って≫ 女形で、両の手を胸の前で握りしめて。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/16 13:41
それは“アイカワ・ショック” あるいは“アイカワ・パンデミック”
その現象をワシは勝手にこう命名したいと思います。 “アイカワ・ショック”と。 もしくはこの命名でも良いかなとも思います。 “アイカワ・パンデミック”。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/15 02:55
「THE 男!」芝居の面白さ -『天保水滸伝』から-
先日観た「ガチ!」の『天保水滸伝』には痺れました。 有名な場面「笹川の花会」から始まり平手造酒が死ぬまでを、浪曲入りの芝居仕立てで! ラスト、平手が血を吐いて倒れるときのBGMは長渕剛の『一匹の侍』! 血を吐く平手@長渕、そこに座長がカッコよくキメたナレーションで 「天保15年(だったよね?)8月7日、平手造酒ここに死す」!…うわぁ…! (※正確ではない。それ系) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/13 15:54
荒くれ漁師から香水の匂い-大衆演劇は≪生≫の魅力-
例えば、ハチマキに手甲脚絆に裸足の漁師から香水の匂い。 これ、大衆演劇の魅力(のひとつ)やと思うのです。 おかしいよね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/07/08 07:48
朝比奈兄さんは笑う -How to 『喧嘩屋五郎兵衛』3-
「コイツは、本当は心に錦のある男なんだ」 歳をくった「朝比奈」は五郎兵衛をそう褒めていました。 そしてラストシーンでは、 事件を越えて少し大人になった五郎兵衛に 「この件で随分大きくなったなぁ!はっはっはっは!」と声をかけて、笑っていました。 大衆演劇のテッパン狂言『喧嘩屋五郎兵衛』。 主人公の兄・「朝比奈藤兵衛」は 若い五郎兵衛の≪兄≫であり、 「ヤクザ」の道の先輩… ううん、「役者」という道の≪先輩≫です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/03 15:29
リアルときメモ -若い役者さん@大衆演劇を観る楽しみ-
「≪リアルときメモ≫しに来て下さい!」 これ、仲良しのOSK(少女歌劇)の営業さんが放った名言。 ときメモ…「ときめきメモリアル」とは、 可愛い女の子に告白するゲーム。 いや、可愛い女の子を育てるゲーム? 若い役者さんを観てゆくということは、 そんな≪育成ゲーム≫のような楽しみもあるよねぇ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/02 19:22
美意識と美 -同魂会会長・誕生日の女形-
女形のステージ。 52歳のお誕生日公演夜の部。 いったん閉まった幕が空いて ぴょんっと舞台に飛び出てきた会長の鬘は 白? いやシルバーに青(水色)のメッシュの入った鬘。 その鬘は会長に、会長だからこそ、 とても似合っていたように見えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/30 11:31
紅 -弁天小僧(56)-
56歳の「弁天小僧」は笑っておられました。 牡丹のようなお嬢さんならぬオッサンは 傘をさし、振袖を着、「俺、もう、56よぉ?!」と、 笑っておられました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/30 11:30
人生 -あなたも@狐狸狐狸ワールドへの誘い-
「人生」を見たければ大衆演劇の舞台に行くといい。 大衆演劇の舞台には、「人間」がいっぱいです。 「人間」の本質(ナカミ)がいっぱいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/22 08:12
男 -伍代孝雄-
ふわふわ花のついたマイクで 素晴らしきユルさで前川清を歌い、 歌い終わった後は ちょっとオネエサマのような口調でユル〜くお喋り。 送り出しでは握手した手に残るほど香水の匂い。 そんな伍代孝雄座長(伍代孝雄劇団)の姿は “伍代さん”やなく、まさしく“孝雄ちゃん”でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/06/22 07:59
追う -ワシ@狐狸狐狸ワールド-
「しんどいなぁ、果てし無いなぁ、体力もゼニも要るなぁ」 大丈夫かなぁ。 大丈夫じゃないかもなぁ。 でも、面白い。 諦められへん。 逃れられへん、逃さへん。 だからこそ、ぼちぼち、ぼちぼち。 …え?何の話って? ワシの≪追いたいもの≫、 大衆演劇(=人間社会?!)のお話…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/21 09:54
色気 -≪腐っても鯛≫いや≪老いても役者≫-
例えるなら、≪腐っても鯛≫いや≪老いても役者≫。 ワシは大衆演劇の舞台に上がる そんな役者さんたちに眩暈がするほどの「色気」を感じます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 19:33
街 -「つくばYOUワールド」(「SPA湯〜ワールド」)-
大きな温泉センター「つくばYOUワールド」(「SPA湯〜ワールド」)は、 まるで、ぎゅっと凝縮された≪ちっこい街≫のようでした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/18 20:54
歴史(変わるもの、変わらないもの)-劇団美鳳-
32歳のお誕生日公演。 その舞台にかかったのは、 人気少年漫画をベースにした芝居! ラストは花魁ショーでゴールデンボンバー! 関東の大衆演劇劇団でまず名前の挙がる「劇団美鳳」の 穏やかな中にも熱い雰囲気を秘めた“白鳥さん”と、 ちょっとワルっぽく毒っぽい魅力の“黒鳥さん”は、 関東で王道に、昔を踏まえながら、 今も、「あたらしいこと」に笑顔でジャンプ、いや翔んでおられるようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2012/06/18 04:18
糸 -『上州土産百両首』@大衆演劇-
縦の糸は牙次郎、横の糸は佐次郎。 縦の糸は椿、横の糸はあきら。 いや、そうじゃなく、 そうやけど、そうじゃなく、 縦の糸は「昔」で、横の糸は「今」。 縦の糸は「舞台」で、横の糸は「客席」なんだね。 そう思わされ、笑って泣ける、大衆演劇の『上州土産百両首』に出会いました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/16 20:31
華 -獅童礼斗-
まァるい顔にそぐわぬ、三日月みたいな目。 まるいのかトガっいているのか。 「純」なのか、「妖」なのか。 いや、「純」なのか「愛」なのか。 その名は、今、「獅童礼斗」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/12 16:52
笑顔 -藤川雷矢-
あんなええ表情(かお)を観たら、 はじめて観たのに、 はじめてでも一瞬で「うわぁ」ってなっちまうや。 ウソじゃないや。 なんだかめっちゃ「これから」にワクワクするや、 藤川雷矢(「劇団翔龍」 花形)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/12 16:41
なんでもあり@関東(も、関西も九州も皆!)-劇団翔龍-
大衆演劇って、「なんでもあり」! 綺麗事ではなく綺麗事も何もかも全てポーンッと超越して「みんな違って、みんないい」! 関東の面白劇団「劇団翔龍」は、 そんな「大衆演劇の魅力」を改めて感じさせてくれます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/06/12 16:23
陽炎 -舞踊×曲の力を『戻り橋暮色』から-
大月みやこの歌う『戻り橋暮色』は、 大衆演劇の舞踊ショーでの、いわば「テッパン」曲のひとつです。 巷では、でも、そんなに有名ではない、この歌。 なのに、なぜこんなにも使われるのだろう流行るのだろう?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/06/11 13:43
『惚れ神』の正しい鑑賞法 -「私」と大衆演劇-
決して美形でない。 決して超絶巧いこともない。 一番後ろの席から観たら、 ゆでたまごに黒ゴマの目鼻みたいな座長が、 ふわふわ・フリフリの衣裳で、 変な舞台幕の前で、『惚れ神』。 超キュート!めっちゃええ表情(かお)! 東京の温泉センターの一番後ろの席で、ワシはのけぞって笑いました。 笑ったあと、本気で、ホロリ、涙しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/06/10 15:46
ナカミ -『唐人お吉』(『お吉物語』)@大衆演劇-
“唐人お吉”(『お吉物語』)のヒロイン、 下田芸者・明烏お吉さんは 自分を殺してお国のためにハリスさんの下へ行ったのに 帰ってきたら洋妾だとさけずまれ、 お酒に逃げるしかなかった女、孤独を抱えた女。 そんなお吉さんは、 人が情を寄せては返す 人間だらけの大衆演劇という世界で、 毎日笑顔で生きている大衆演劇の役者さんたちが、 スッ…と、気持ち、入り込める役なんちゃうかなとワシは思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/05/19 07:41
想い駆け巡る“ドキュメンタリー大衆演劇”-『拉致 母千里』-
劇団「春陽座」の初代・新吾さんが演じたのは 名付けて「ドキュメンタリー大衆演劇」。 テーマは、北朝鮮による日本人拉致の問題。 1時間半ほどの間、娘「めぐみ」を拉致された母 「横田早紀江」に成り切り、ほぼ独り語りの一人芝居。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/05/17 22:14
存在 -沢田ひろし-
「春陽座」には「沢田ひろし」サンという役者さんが居ます。 オッサンではなくニィチャンでもない、ちょうどいい歳。 痩せすぎず太ってもいない、ちょうどいい体型。 座長ではなく花形でもなく、家族でもない、あの存在、あのポジション。 嫌味なくらいのびやかに踊り、たっぷりと芝居するその舞台姿は もう、「巧い?ハイ!巧いですよッ」って感じの“のびのびさ”!です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/05/15 03:32
魅力 -「大衆演劇」らしさって?!-
旅から旅への「大衆演劇」、その役者「らしい」役者ってどんなんやろう。  この世界「だからこそ」の魅力ってどんなんやろう。  これ、この世界を観始めてからずっと、ワシが興味を持っているテーマです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/05/12 22:32
エンターテイナー -近江飛龍-
仕事で『おはら節』を聴いていて、 ふと思い出したのは“飛龍さん”こと近江飛龍座長(近江飛龍劇団)のことです。 5年前、新開地劇場であった座長大会で、 確か『さすらいおはら節』を歌いながら、ゴンドラから降りてきた。 めっちゃ元気良く、めっちゃ気持ち良さそうに「♪ア、ヨーイ、ヨーイ、ヨイヤサァッ!」。 あの全く意味不明な、でも物凄くええ表情(かお)ったら!(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/05/11 04:07
生きてる生きてく -『森の石松』-
清水次郎長の子分、 血の気が多いお調子者、 情に生きて突っ走って死んじまった「森の石松」。 バカだからバカゆえに 愛され続けてきたこんなニィチャンは今、居るでしょうか? 居ないかなぁ、ここまでのお人よしでお調子者なんて。 いや、でも…居ると思うねん。 ≪その瞬間≫、「生き返り」、「生きる」と思うねん。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/05/08 18:25
オー・オン・ステージ -大衆演劇はシャンソン?!-
ワシは大衆演劇に“シャンソン”を感じます。 シャンソンって、 凄い衣裳で、歌の世界観を、もォ全身全霊で表現して朗々と歌い上げる。 歌い上げる姿はもう完全にイってもうてて、 ≪でぃずいず「己の世界」≫で≪あいあむin マイワールド」≫。 「エンタメ」と「マイワールド」、 正反対なものが混在する倒錯的舞台が、 ワシらを「曲の世界」と「踊る彼の世界」に引っ張り込み、 「ケ」(非日常)の別世界へと誘う…それはシャンソン、それは大衆演劇… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/07 20:02
「幕の内弁当」がいい-舞踊ショーにおけるポップスの割合-
大衆演劇のショーにおけるポップスの割合って、重要やと思いませんか? 大衆演劇のショーにおけるポップスの割合って、なんか、多くなったと思いませんか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 6

2012/05/05 19:49
俺 -紅あきら(同魂会・会長)-
「紅あきら」(同魂会 会長)の芝居は、ホンマ、面白い。 好きとか嫌いとか関係なく、いや、好き嫌いが分かれるくらい面白い。 それは俺の「型」からリアルな“素”が滲む芝居。 生臭いほど「格好」いい、自分に正直な「俺!」の芝居…。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/04/25 23:03
生 -大衆演劇の「心中」-
「心中」…想い合う二人がこの世では一緒になれないから死んであの世で一緒になる。 想い合っているのにゲンジツどうしようもならない…という哀しさ・儚さ…美しさ。 ん? でも「心中」ってホンマに綺麗?! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/21 21:55
What a Wonderful 狐狸狐狸World -大衆演劇とは…-
大衆演劇の≪本当の≫魅力というのは、 「2つの正反対なもの」がぐっちゃぐちゃに混在し、 “滲み”&“漏れる”ところだと、ワシは思います。 ≪「型」と「素」≫ ≪「虚」と「実」≫ ≪「舞台」と「舞台裏」≫ ≪「キラキラ華やかな、舞台」と「ひそひそジメジメした、舞台裏(&客席?!)≫…。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/04/16 23:42
真夜中のダンディ -興行師×役者の『斬鬼丸正伝』-
芝居の最後の最後… 舞台中心でキメ、客席からハケていくダークヒーロー、“斬鬼丸”。 その背に流れる曲は桑田佳祐の『真夜中のダンディ』! 新感線?! いいえ、「大衆演劇!」。 そしてなおかつ、「ぴったり!」。 スーパー兄弟・龍美麗座長の誕生日公演の際に初演され、 先月3月の浪速クラブで再び舞台にかけられた芝居、 『斬鬼丸正伝 狩人は闇に疾る』の作者は、大衆演劇興行社の興行師さん! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/04/16 14:44
虚実 -『花街の母』@ワシと大衆演劇-
「厚い化粧に憂いを隠し、酒で涙をごまかして」 は、名曲『花街の母』でワシの好きなフレーズです。 この歌をモチーフにして作られた同名タイトルのお芝居は、 ワシに「大衆演劇のホンマの面白さ」を嫌ってほど教えてくれた“師匠”の十八番です。 先月、このお芝居をかけるスーパーな劇団を観に行ったら…。 (今日はちょっと長いよ!って、最初に断っとくよ!笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/04/02 22:39
アゲ♂アゲ♂EVERY☆舞台 -『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』-
DJ OZUMAの『アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士』は あのショーパブのノリまんまのリズムのせいか、祭っぽい。 いつぞやの紅白歌合戦の裸バカ騒動の一件のせいか、アホっぽい。 大衆演劇の舞台でもよく使われます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/31 14:14
祭 -藤美一馬-
ショーの中盤、 幕が開くとおおきな太鼓の前に、座長がひとり、立ってました。 そこに流れてきた曲は『夏祭り』。 線の細そうな、白い座長が、 撥を構えて、さいしょ静かに、ドン・ドン・ドン…。 イントロ終わり、ロックになったら、ドコドンドコドン、ドコドンドコドン! ドコドンドコドン、ドコドンドコドン!! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/03/30 14:17
「!」だぜぇ〜-伍代孝雄-
“伍代さん”は若い座長ではありません。 ベテラン座長です、一人座長です。 中には「まだ座長」と言う人も居ます、そうです、座長だぜぇ〜! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/03/24 00:26
余裕-姫京之助-
“姫さん”は年齢不詳に色っぽい。 「老い」? 感じさせない。 よぼよぼしてない、ダラダラしてない。 しんどそうじゃない、きたなくない。 なんだか、禍々しいくらい色っぽい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/24 00:21
フルコースは最後まで -舞台=人生を味わうために-
大衆演劇の舞踊ショーで、 客席の空気があきらかに盛り下がるときがあります。 それは、ちょっと歳をとった人の出番だったり、 「誰?あの人?!」的な役者さんの出番だったりします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/03/19 06:08
距離と舞台 -『男と女のラブゲーム』-
先日テレビをつけたら映ったのは、 秋元順子と山川豊が『男と女のラブゲーム』を歌う姿でした。 熟したリアル色香を感じさせる秋元順子と何歌ってもお色気フェロモンを出す山川豊。 順子が寄り添えば、豊は必要以上に顔を寄せる。 2人が腰とか肩に手をまわして微笑み合って、「水割り行きずり古い傷」。 まさに「順子と豊のラブ舞台」でした。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 21:10
魚 -澤村慎太郎-
澤村慎太郎座長(「紀伊国屋劇団」)の化粧、 特に、「目元の化粧」は印象的です。 平べったくて白くて目が黒いのです。 ワシにはその顔が「魚」に見えるときがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/17 17:48
強さ -里美たかし-
イケメンと言うより、爽やか王子。 でも、その胸の内はメラメラと燃えている。 だってこの好青年座長は「ニコッ」だけど、ときどき、「ドキッ」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/03/14 08:16
リアリティ -『花街の母』@大衆演劇-
大衆演劇のお芝居『花街の母』は、 金田たつえの名曲から、若葉しげるさん(「若葉劇団」・総帥)が作ったオリジナル芝居。 この芝居のヒロインは、オバハン芸者の「奴(やっこ)」ちゃんです。 芸者やけどオバハンやから、お酒の相手と歌に三味線だけでは食われへん! せやからどうするかと言ったら…「朝までしっぽり」の御付き合いで稼いでいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2012/03/12 05:29
キラキラ -龍美麗(スーパー兄弟・兄)-
スラリとした長身にクールな顔。 クール?! いや、中性的、漫画顔。 マライヒ? ディズニー映画『白雪姫』母? 宇野亜喜良の絵? そんな顔の“ビレーくん”はスケスケ・キラキラ! いっぺん観たら忘れられへん顔した龍・美・麗は眉・目・秀・麗、努・力、「人」! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 4 / コメント 6

2012/03/08 17:08
色気- 虚無感とバイタリティの『東京発』(見城たかし×堀内孝雄)-
“ジャジャン!ジャーン!”から、サビが始まる、ドラマが始まる。 歌の中の女は「東京発」、北国へ行く。 東京発、いや元・東京大衆演劇界発、 今は九州とか関西とか地方廻りのおっちゃんは歌い出す。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 13 / コメント 0

2012/03/05 04:47
スタンダードナンバー-『歌麿』(さゆり×面×人形振り)-
女形で、お面を使って、人形振り。 …といえば、『歌麿』(石川さゆり)。 ワシ、この“セット”(この曲・この演出)、何劇団、何人踊るんを観ただろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/29 22:58
沢村千代丸、『乾いて候』
「昔からこういう田村正和風の役が似合うと言われていました」 「やっと出来ました」 「でも最初で最後です」 「もっと若くて綺麗なときにやりたかったっ」 沢村千代丸、乾いて候。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/02/29 01:13
炎 -お七(伊達娘恋緋鹿子)-
「八百屋お七」は、 火事の日ぃに会ったあの人にもっぺん会いたくて、 自分で火事を起こして、火刑になります。 文楽・歌舞伎の『櫓のお七(伊達娘恋緋鹿子)』では、 お七は、好きな人を救いたくて、火の見櫓の半鐘を叩いて、火刑になります。 そんなお七は、「若さ」ゆえ、ただただ「突っ走った」? いや、たぶん、「そうであってそうでない」。 お七は、たぶん、めちゃめちゃ、苦しみ、悩んだんやないやろか。 お七は、放火、または、半鐘を打ったら自分がどうなるか、解ってヤったんやないやろか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/28 19:01
ケータイなう -舞踊ショーで、小道具で-
100回くらい忘れようとしたけど…忘れられへんこの舞台。 ……ケータイ。 噂には聞いていた。しかしこの目では観たことが無かった。 この目で観たそれは衝撃度ハンパ無かった。 ……ええねぇ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2012/02/19 19:22
総帥-紀伊国屋章太郎-
その姿には歳や老いや疲れが一切滲んでいません。 その姿には暗さやマイナスの空気が一切滲んでいません。 その姿には嫌味がない、過剰な自意識なんて滲んでない。 「劇団紀伊国屋」、紀伊国屋章太郎。その肩書は、“総帥”。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/16 00:58
なんでもありの魅力 -例えば、「巧い人が奇抜な舞台」-
ワシは、「巧い人がケッタイな格好してる」のがわりと好きです。 ワシは「巧い人がケッタイな格好してる」に「大衆演劇らしさ」「大衆演劇の面白さ」を感じます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/15 23:18
プロフェッショナル 仕事の流儀 -おもちゃ劇団篇-
市川おもちゃ座長のお母様は市川恵子さんです。 市川おもちゃ座長の娘さんは市川小恵子ちゃんです。 「小」恵子ちゃんです。 市川恵子さんと市川小恵子ちゃんが相舞踊をしていました。 not「2人で踊っていました」but「2人が踊っていました」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/14 21:59
虚実皮膜 -『唐人お吉』、とある女形-
かつて若い頃お吉を演じており、 さいきん、若い座長にお吉芝居を立てたとある役者が、 若い頃、自分のファンに言うてたんやって。 「お吉なんて酒飲んであんなんで、ええ女やないで。 俺、演じてはいるけど、あんなんええ女やないと思うで(笑)」 って、話を、さいきん、当時のファンから聞きました。 ワシは思わず笑ってしまい、帰ってひとりになってからすこし泣きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/14 21:40
酒と涙と歴史と鼻水のお吉 -『明烏お吉』(劇団喜楽)-
オヤジたちが若き日にやっていた『明烏お吉』(唐人お吉)が、20歳の誕生日公演で演じられました。 20歳になったばかりの男の子が、叫び、泣き、全身全霊で、若い若いお吉を演じました。 それは「劇団喜楽」のお吉、いや、「劇団喜楽」に今、「ゲスト」しているコたち中心のお吉。 これからの、若いコたちの、お吉芝居。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/02/10 00:58
本音 -『雪國』、とある女形-
吉幾三の『雪國』は、しょーもない。 未練たらたら女がぶつぶつ言いながら 追いかけて追いかけて追〜いかけて… って、これ、キレイな言葉で言うと「一途」?  いや、これ、「ストーカー」、しかも「意固地なストーカー」だ、性質(たち)が悪い。 …しょーもな! だって、こっちはあーたの一途さなんて知ったこっちゃない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2012/02/06 07:20
イエロー鬘 -ケとハレ、聖俗、「妖」、大衆演劇の魅力-
初めて大衆演劇を観たとき、度肝を抜かれたのは“イエロー鬘”。 LとかVとかってな、ブランドのロゴを模った簪を挿した黄色の鬘に 薄紫のえ〜ぇ着物着物着た“姐さん”が「叶わぬ恋ならば堕ちてゆきましょうどこまでも」。 曲のキメ、流し目、その瞬間、照明・真っ赤!…完璧やん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/02 18:59
アホみたいなドレスの魅力-That's 大衆演劇、笑い泣き-
「大衆演劇の舞踊と言えば着物」! そんな思い込みがワシにはどっかあります。いや、これまでありました。 「白塗り言うたら着物」! どっか思い込んでいます。安心しています。 せやから、いざ登場してきたときビックリして、アタマん中、ぽっかぁーん。 もう何年も観てるし、ドレスもほんまにカワユイのも本気でイタいのもぎょうさん観てきました。 せやけど、いまだに慣れません。 登場した瞬間、やっぱり、げらげら笑ろてしまいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/01/28 20:32
追いかけて追いかけて-木馬“すぺしゃる しーと”から-
近っ!!! 圧倒っ!!! 得なんか?損なんか? そもそも有りなんかこの席は? けど、んん、ここ、おもろいな。 ここ、客気分やけど、 ちょっと役者目線も味わえるんとちゃうのん? あ、意外と舞台上(近く)から、 客席の客の顔って見えるもんなんや。 うわ、こうしてみてみると、 おばちゃんばっかしの中、若い人、 若い人、中でも美人の顔って目立つし、気になるな。 美人は美人でも ケバすぎずギャルすぎずでもブサイクでも地味でもない、 楚楚とした美人ってごっつ気になるな。って、何言... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/28 04:11
「踊る人」が好き。…というおはなし
ワシは「踊る人」が好き。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/01/16 04:48
いけいけ!わっしょい!-良太郎@『ごきげん歌謡笑劇場』-
偶然テレビをかけたならば、NHKの『ごきげん歌謡笑劇場』がやっていました。 大川良太郎座長(劇団九州男)が、芝居に、ショーに出てました。 とほほ。ふふふ。あーぁ。わはは。でも…わっしょい! 悪くないじゃん。ええ感じやん。 天下とってくれ、良太郎! ニタッと笑って、うれしく観てしまいました、ワシ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/01/15 03:24
“外的”&“内的”舞台の魅力 -ワシ的舞台の楽しみ方-
今年初の観劇で改めて感じたのは、 舞台の魅力の奥深さ、底知れなさ…情報量の多さ。 んー、いわば、“外的魅力”と“内的魅力”(?!)。 これ、ワシが思う舞台の魅力。これ、ワシ的舞台の楽しみ方。 ワクワク・ドキドキ&しみじみ・ニマニマ。 まさに、舞台に「行け行け行かねばワクワクドキドキお客様役者様」! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/09 04:45
真似る 学ぶ 観守られる -例えば、三代目南條のぼる-
三代目・南條のぼる座長(花組むらさき)の顔が、舞台が、 ワシには“ショーエン”に見えました。 せやからワシ、相反する2つの顔になって観ました。 「うーん、どうなの?!」&「わ、これから面白ぉ〜!ふふふ」。 “プチ○○”から“ミニ■■”、そしてそこからホンマの「私」に…。 これ、もしかして、若い役者さんをみる一番の楽しみかもしれへんね。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/01/07 04:48
逃げず 重ね 確かに「プライド」 -市川おもちゃ@座長大会-
その真っ白な化粧顔から滲むのは「プライド」。 「名門」「名家」「この名前」!…「この芸」! せやから市川おもちゃ座長の その真っ白な化粧顔は、より上品に、より綺麗に見える。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/01/04 22:49
喝采 -大衆演劇と私、これからも、それでも-
いつものように幕が開き、 恋のうたとかいろんなうた踊ってる「あなた」。 大衆演劇という、 舞台と客席、役者と客の距離が近い(ような気のする)その舞台で これまで生きてきた「あなた」、今もそうして毎日生きている「あなた」。 そんな「あなた」の“ナカミ”は「あなた」の舞台に滲む。 せやから「私」は興味を持つ…「あなた」の舞台に…「あなた」自身に…「惚れる」! 感謝!そして、覚悟はいい、“師匠(センセイ)”?! ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 8

2011/12/31 09:35
見世物が魅せる「力」 -沢村“妖”千代丸@『暁月夜』-
芸って「見世物」。 芸人って「見世物」。 悪い意味ではありません。 普通じゃない、人とは違う。 だから「見世」「見せ」「魅せられる」。 良くも悪くも含め、 ええも悪いも飛び越えた …「己(我)」の魅力で。 座長大会で『暁月夜』を踊る 沢村千代丸座長は完全に異形の者、カブいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/30 01:54
「我」 -座長大会の風景 大衆演劇の風景 人間の風景-
親交会年末座長大会を観てワシが思いを馳せたのは、役者の「我(が)」。 親交会年末座長大会に出演する役者とお客さんを感じ、 ワシが「ほんまにもぉ…」と、笑い、苦笑いし、 でも「ええな。嫌いじゃないな。しゃあないな」と思ったのは、人間の「我(が)」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/12/29 04:44
芸<人の魅力の境地-組長の『身も心も』@座長大会-
前の座長はまだお花を貰い終えていない。 でも次の曲のイントロがもう流れてくる。 キザっぽくカッコよろしすぎるイントロが流れてくる。 わわ、次、 今日の座長大会に出演してる どのイケメン座長がキメてくれるのだろう。 そう思ったらば、 まだ舞台手前の方でお花貰ってる若い座長を見もせず、 舞台後ろから、のっそり、悠然と、歩いてきた。 踊る?いや踊るとか通り越して、歩く。 歩くを通り越してもはや…「そこにおる」! その人は「関西大衆演劇親交会 相談役」で「組長」。たぶん、妖怪。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 4

2011/12/29 00:26
化身 -Dear, マリリン・モンロー-
マリリン・モンローは女神?それとも悪魔? マリリン・モンローの言動は全て意識的?それとも無意識的? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/12/28 21:33
喝采 -大衆演劇と人ってヤツ、「私」と「あなた」-
大衆演劇を観始めた頃は、ただ、舞台の上に上がるものだけを観ていました。 けど、この世界、この芸の世界の面白さはそれだけじゃない。 観るうち、そう感じるようになりました。 芸だけじゃないよ。この世界の芸は。…良くも悪くも、「その人そのもの」の魅力なんだよ。 いつものように幕が開き、「私」の近い距離にいる「あなた」は、 今日も胸元に華やかな勲章を貰い、恋のうたとかいろんなうた踊ってる。 大衆演劇の舞台には、良くも悪くも“その人のナカミ”…「人間性」が滲み、漏れてる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/12/28 04:21
酔多話 -歌の力、舞踊の力、大衆演劇の魅力-
大衆演劇の舞踊ショーを観ていて、しみじみ感じるのは「歌の力」。 もうちょい詳しく言うなら「歌詞の力」、「ことばの力」です。 なんなんでしょうねぇ、あれはねぇ。 気付けばがっつり感情移入。 気付けば客席の「私」、がっつり物語のヒロイン気分。 バカみたいだけれど、バカみたいなこれが、楽しいのだ、キモチイイのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/29 10:30
例えるならば「親戚の寄り合い」-大衆演劇の客席風景-
大衆演劇の客席というのは、例えるなら「親戚の寄り合い」。 お正月とか、そんな定期的に、いろんな親戚が家に集まる。 例えて言うなら、そんな感じではないか、と。 …いや、親戚と言っても、血は繋がってへん他人同士なのですけれどね(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/28 12:44
役者の「目」
おもろいことなんか何にもない。 信じられるものなんか何にもない。 そんな殺気、凄味を感じさせる「目」。 しかし、殺気や凄味と同時に、怯え、諦めもちらつく「目」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/11/27 14:33
近そうでまだ遠い? 恋しくて憎らしい?-『大阪LOVER』ふたたび-
大衆演劇のショーで『大阪LOVER』(ドリカム)がかかるときの、 あの会場中の盛り上がりは、一体、なんなんでしょうね。 最新の曲、ヒット曲、ええ感じの曲が出ると即舞台で使われる、 「今」の魅力いっぱいの大衆演劇。 せやけど、ワシ、あの、『大阪LOVER』はそれでも、 これからも、結構ずっと、「スタンダード」(古典)として、 長いこと、飽きず、飽きられず、使われていくんやないかと思います。 だって、皆、好きじゃん?! 笑 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/19 14:50
やりとり、かけあい、攻め受け…“キャッチボール” -芝居って-
台詞を言うだけが芝居じゃない。 台詞を「受ける!」のが芝居だ。 「言う」→「受ける」。「受けて言う」→「それをまた受けて、言う」。 これが、芝居。 「受けて、返す」「返されたそれをまた受けて、返す」ってな、 いわば、“キャッチボール”。きっと、それが、芝居。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/19 14:20
父と息子-似てるけど似てない、似てないけど似てる、その「これから」-
父と息子。 父と息子って、やっぱ、やっぱ「父と息子」なんだなぁ。 体型も、芸風も、雰囲気も、選曲も、 そして勿論、年齢もちゃうけど、 けど、やっぱ、やっぱ、父と息子って、うん、「父と息子」なんだなぁ。 なんのこっちゃという感じですが、 そんなことが、目に見える「舞台」というカタチで感じられるのって、 大衆演劇の魅力(のひとつ)だと思うのです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 02:17
「おはなし」のびっくり箱、おもちゃ箱、「作品」の宝石箱-舞踊ショーの魅力-
大衆演劇の踊りって、ひとつひとつが「作品」。 その日その瞬間の舞台にあらわれ、消えていく「作品」(踊り)たち。 毎日毎日あらわれ、消えてゆく。 ひとつとして同じ踊り、同じ芝居、同じ「作品」は、無い。 でも、だからこそ、目に焼き付けておきたいね。忘れたくないね。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/12 03:18
今日も劇場へ行きましょう -「ハコ」の中、大衆演劇のススメ-
世の中えらい不景気な時代で、いろんなことにあぶれた人がおおて 劇場に来る女達もみんなどことのぉ破れかぶれみたいな人たちばかりです。 …と言うと、ちょっと、誤解を、招きますか?(笑) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/11 14:15
好きだよ -「花形」役者、その光、その魅力-
綺麗なものって、いいですよね。 誰がどう見ても、「うつくしい」ものって、 いやはや、ほんま、いいですよねぇ。 綺麗なコぉが!イマドキの!ラブソングで! …踊るって「ええなぁ」と、しみじみ、ニンマリしました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/08 12:38
匂いのはなし -香水篇-
舞台から香ってくる香水に、気付いたことはありませんか? むせ返ったことや、よろめきかけたことはありませんか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/07 15:39
That's “スペシャル” -女形大会-
「女形大会」のめくるめくあの感じってなんなのでしょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/07 15:07
『Love song』 -惚れる楽しさと人間的魅力-
技巧派のベテランがひばりの『おまえに惚れた』をふぅわり色っぽく踊った次に、 若く輝く座長があゆの『Love song』をイキイキと踊り終えたと思ったら、 重鎮会長が杉良の『おまえとおれ』をダンディー&セクシィに歌い、聴かせる。 あなた! これが惚れずにいられますか?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/06 02:45
芝居の面白さ、大衆演劇の面白さ -その日の「変えてみた」『川北長治』-
「いつも津軽弁でやっているこの役、その津軽弁をやめてみました」 それだけで、その1つの趣向(試み)だけで、芝居が変わる。 同じストーリーの芝居でも、その芝居、全部、全然、変わる! 大衆演劇の芝居ならではの、面白さ、観ごたえというものを教えてもらいました。 また、芝居の面白さ、大衆演劇の芝居の面白さを、教えてもらいました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/04 15:48
ドキドキと、わくわくと、緊張と、期待と、うれしさと…-「初日」の空気-
初日の空気! 初日の幕が開く あの(ときの)空気! 大衆演劇の初日の空気って、たまらない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/02 00:14
大衆演劇のお芝居の面白さ-同魂会イベント@守口、会長の『戻り橋』から-
いつもよりちょっとでっかいハコで『戻り橋』。 大衆演劇の劇場ではない劇場で、 大衆演劇のお客さんばかりでない中の『戻り橋』。 何度か芝居小屋で目にしたそのお芝居、 キャスト違いでも観たことのあるそのお芝居、 もっと言えば、 別の劇団でも観たことのあるそのお芝居を、 違った環境(公共ホールで、大会で)で観ると、 改めて違った目で観ることが出来て「うぉー」、 改めて「うぉー。芝居って面白い」と思ったお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/10/29 19:58
漁師と役者、海と舞台、“遠洋漁業”の『あばれ玄海』
着流しに、鉢巻きに手甲脚絆。 プラス、帯も前で結んでで、足元は草履ではなく素足。 毎日命がけで海に出る漁師の仕事。 毎日舞台に出る役者の踊り。 せやから、『あばれ玄海』は格好いい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/10/24 01:26
ワッショイ!-『銀座のトンビ』を、大会にて-
「あと何年、あと何年、あと何年だとしても… 俺は俺のやり方でお祭りやってやるけどね、ワッショイ!」 こんな歌詞の曲で踊る役者さんを観て、それを観るお客さんを観て、 思わず「わはは」、けど、同時に「ホロリ」。 ちくしょう、やっぱ、 濃いぃなぁ、大衆演劇って、人間って。 ちくしょう、やっぱ、 でも、せやから、魅了されるんだろうな、大衆演劇に、人間に。 そんなことをふと思わされました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/10/22 21:50
匂いのはなし
化粧の匂い。 煙草の匂い。 食べもんの匂い。 香水の匂い。 …舞台からの。 それに加えて、客席からも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/13 20:37
ベテランさんの影マイクによる司会…にみる、「舞台」の素敵さ
影マイクって言うのかな、司会って言うていいのかな。 舞踊ショウの進行をベテランの役者さんがやる。 ワシはあれが好きだと気付きました。 ん〜と、結構、深い理由で。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/13 19:53
ケ・ハレ・舞台・人間-とある動画から大衆演劇の魅力-
まぁちょいと観て下さいよ、素敵な動画がアップされていたから。 これ。これ。これ…に象徴される気がするのですよ、 ワシが大衆演劇に魅かれてやまない理由は。 皆さんがどう思って観たかは解りませんが、 ワシ、ワシはこれ観て、げらげら笑いました。 げらげら笑って、フフフってなって、グッと来て、ちょっとホロリと来ました。 これ。これ。これ…に象徴される気がしますよ、 好きとか嫌いとかそんな主観の問題ではなく、惹かれてやまない理由は。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/10/10 03:43
「おんな(がた)道」「げいしゃ道」、「やくしゃ道」
芸者…。 芝居での芸者役だとか、 踊り(女形)で芸者さんの姿で踊ることって、 もしかしたら「最高峰」なんじゃァ、ないか。 一番の「基本」であり、 でも一番の「難問」でもあり、 もしかしたら、究極の課題…「型」なんじゃないか。 そんなことを、ここ最近、ふと、思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/10/06 23:03
男ばなし&女ばなし 舞台ばなし&客席ばなし-大衆演劇の魅力-
森進一の『男ばなし』をご存知? あのド演歌!情念! ドロドロドロォ〜!な歌の森進一が、 なんだかポップに!ソウルフルに! 歌っている応援歌的歌なのです。 いわば色気と元気? 全然ちゃう二つが1曲に! この曲を観るのが好きです。 この曲を≪3人で踊ってる≫のを観るのが好きです。 この曲を≪3人で踊ってる≫のを観ると、 ちょっとニタッと嬉しくなります。 大袈裟に言うと、 「大衆演劇って、ええなぁ〜」と思わされるのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/05 02:57
人生のベテランさんたちの色気のおはなし
年寄りを年寄りと言うのはカンタンです。 ベテランをベテランと言うのはカンタンです。 ベテランを表すのに 渋い とか 味がある とかいうのはめちゃカンタンです。 でもこのひとらがふとした瞬間に見せる色気って、 もしかしたら、若い子のそれより破壊力あるんやないか。。 なぜならそれは「色気」を通り越して、「生きてる(く)」魅力(大袈裟)かもしんないから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/10/03 13:31
「お前らしく「で」いいさ」と粋心会のシメで“菊ちゃん”踊り、笑う -橘菊太郎-
その日はこれからが楽しみな若手ばかりが揃った大会でした。 その日舞台に現れたのはピッチピチでキッラキラで力溢れ力漲るような若いメンツでした。 皆、皆、飛び出さんばかりの勢いで「これぞっ!」な踊りを見せて魅せた、その日。 その日の最後に現れた“おじさん”は五木ひろしの『暖簾』を踊りました。 この『暖簾』がねぇ…ほんまに『暖簾』だったんだ、いや、そんな気がしたんだ。 この日この人のこの曲だから、もう、ほんま『暖簾』だったんだ。 そう、これが、これこそが「オトナ」の格好良さ、きっと「役者」... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/09/29 21:33
そんなあなたの「I LOVE YOU」は、だからそれゆえ「I LOVE YOU」
尾崎豊つったら、 「若くして駆け抜けていった!」とか 「青くて春で熱くて!」とか「若者の主張で!」とか、ね。 一般的にそんな風に語られたり、そんな風にみられ、聴かれたりしますよね。 先日(ん?ちょうど先週か?)、この曲を若い座長が歌ってるのを観ました。(聴きました) 「あ、なんか、ええなぁ」って思いました。なんか「似合う」…ような気がするなぁ、って、ね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/25 05:49
父と子、役者と役者 -『壬生義士伝』-
父と子ってのは、父と子だけれども、 でも役者としては、ずっと、永遠にライバル? いや、最初は、父と子は師と弟子、なのだろう。 けれども、ある日、ひとつの芝居で、 長い長い年月からしたらその“一瞬”で、 父と子は、父と子だけれども、 役者として、ほんまのライバルになれる?! そうしてそれから、さらに切磋琢磨して、 お互い、より、いい「役者」になってく、輝いてく…。 それって…父からしたら、 父と子として、でも役者として、 すごく、嬉しい瞬間なのではないか。 1本の芝居を通し... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2011/09/24 06:19
「夫婦なお吉物語」からはとても「女」(らしさ)が…?!
強くも儚く死んでいったお吉を演じ切った女総座長は カーテンコールで感無量のいい表情を浮かべておられました。 その横で鶴松な座長は、ええ感じに、気負いなく、ええ感じに、ほぅっとしてました。 うん、総座長の旦那さんの座長、座長やけど総座長を立て、下がり、【みてる】鶴松。 一歩引いて? いや、敢えてその位置から“みてる”?そんな鶴松な座長、座長な鶴松。 …あ、夫婦なんだなぁ、こういう夫婦の、こういう夫婦座長の、「夫婦なお吉物語」だなぁ、だったなぁ。 そしてそんな「夫婦なお吉物語」からはとて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/24 01:01
役とスジと、“ナカミ”?! -大衆演劇のお芝居の魅力-
例えば、きっとたぶん大元(原作)が同じ芝居でも、 「ウチの劇団」風… 「私(俺)が演じるこの役」or 「ウチの座長に演じさせるこの役」となると、 同じシーンの、同じ意味合いの台詞でも、 ちょっと変わりますよね? 大衆演劇の芝居って、 基本的には、口立てで、台本芝居ではないやん? ほな、発する台詞は、基本、「自分の言葉」。 口立てしてつけてもろたり、貰ったりしても、 それを発するときは、自分の、中からの、言葉。 ほなその芝居のその役には、 ものすご「自分」…「素の自分」… ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 8

2011/09/21 03:37
華と咲くか月と欠けるか -例えば、華月慎-
やさしげ。 とか きれい。 とか 上品。 とか そんなカンタンな言葉じゃ表せない雰囲気。 儚い。 とも違うし。 なんなんでしょう。 解りません。 解りませんが、一言で言うと、 なんか、禍々しい雰囲気を感じたのはなぜでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/21 00:30
巧さは旨さ -舞台の面白さ、人の好みの面白さ-
ワシはどうも「巧い」人が好きなようです。 「巧い」の定義なんて解りません。 ワシは踊りを習ったこともないし、 芝居をガチで真剣に勉強した訳でもないしね。 てか「巧い」なんて結局主観だしねぇ。 なので何が「巧い」、 ほんまに「巧い」が何なんだかワシは解らないし、 そんなことを偉そうに言うほど偉くはありません。 けど、「巧い」って、なんとなく、解りませんか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/20 06:45
厚い化粧に憂いを隠し、酒で涙をごまかし継ぎ、継がれ、継がせ -『花街の母』-
ひとつの芝居が、「継がれてゆく」。 過去に、誰かから誰かに継がれたその芝居が、 また、あたらしく、若い誰がに継がれてゆく。 その瞬間を観る。 こんな幸せなことはないんちゃうか。 しかも、客として、ちょっと情を寄せてる (あ、はい、つまり好きってことでいいよ。笑) そんな役者さんが絡んだその芝居、その瞬間を観る。 こんな幸せなことはないんちゃうか。 …あ、最後4行の文は、ちょっと、余計ですかね?!笑 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/09/18 04:49
役者、『神奈川水滸伝』
『神奈川水滸伝』はヤクザを描いた曲です。だそうです。 でも別にほんまにそうだろうとそうじゃなかろうと、 ま、どっちゃでもええ話です。 あ、『神奈川水滸伝』は某ナントカ会のテーマ曲だそうです。 ま、それもどっちゃでもええ話です。おもろいけどな。 その男はヤクザではありません。 いわば、ヤクザな商売フーテンな商売。 あ、いやいや、せやない、男、一匹、きりりと旅鴉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/09/18 01:26
「わるいひと」-客観/主観、冷静/思い入れ…『  』からみる大衆演劇の魅力-
例えば、舞踊。 【同じ役者】。 の、【同じ曲】。 しかも、【同じ衣裳】。 …だとしても。 世の中には、同じ舞台なぞ、ないのです。 だから…面白いのです。 ワシには、今、それが何より面白く思います。 さて、あなたは、どうですか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/17 22:53
We are JOKER、Wind of LIVE-大衆演劇×人間の魅力-
冗談じゃねぇぞ、こんなんじゃねぇ、こんなんもんじゃねぇ。 狂亂の音色、俺は座長だぜ役者だぜ。 死ぬ程あびた、そして、これからもあびていくだろう 賞贊、罵聲…困難が俺を…Rah!! 境界はねぇぞ Home & Away、劇場&センター。 「JOKER」を手に生涯賭け、 ワシら皆のデッカイ夢を乗せて輝いてけ、 Come back 何度でも、「JOKER」!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/09/17 01:34
“相思相愛” -「舞台」と「客席」が、一瞬! 瞬間!-
「舞台」の上に居る人と“相思相愛”になれたら嬉しくないですか? …んー、ちょっと、ちゃうな。誤解招きそうやな。 「舞台」の上に居る人と、その瞬間、 “相思相愛”になれたら嬉しくないですか? …逆な言い方をすれば、 あ、今、「通い合ってる」「通じ合ってる」 って瞬間を感じられたとき、嬉しくないですか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/11 02:21
舞台・客席・舞台袖から…
芝居をしていたとき、 つっても学生演劇ではありますが、 芝居をしていたとき、 役者してたとき、 ワシは、舞台袖が好きでした。 自分の出番前だけでなく、 関係ない時も、邪魔やのに、舞台袖に居てました。 なぜなら、そこは、一番「舞台と客席」を見、感じられるところだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/05 21:09
『ultra soul』に関する大衆演劇とか人とかのエトセトラ
『ultra soul』はお好きですか? 大衆演劇の『ultra soul』はお好きですか? はーい!はーい!(挙手) ワシは大好きですー! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/05 20:22
大衆演劇人生劇場-センターと役者と飛車角の爺ちゃん、舞台と客席-
舞台から芝居好きな役者さんが訊かはる。 「明日のお芝居、何しようか迷ってます。ここで今決めようと思います」 「『赤城山』、『飛車角』、『座頭市』…」 ほな、すかさず客席から声が飛ぶ、「飛車角!!!」。 これ、先月のおはなし。三重県のセンターでのおはなし。 そんなことが、そんだけのことが、でも、凄ぇ、 「ええわぁ、ええなぁ」「たまらんなぁ」って、嬉しくて、楽しくて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/09/02 23:00
ホッとする -『宗右衛門町ブルース』のおっちゃんから-
舞踊ショーにて。 今をときめく座長や花形役者さんやイケメンぴちぴち若いコさんら…ではなく その出番の合間合間に挟まれた… もしくはラストに見せられる華やかな創作ショーの前に出てくるような役者さんたち、 あなたは観ますか? 気に、しますか?…「ホッと」しますか? ワシはナマイキながらホッとする…ような気がします。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/08/31 23:21
芝居と“教科書”Sとワシ。
これ、ワシの“教科書”S。 芝居絡みのもんもありゃ、そうじゃないものもあり。 でも、これら、全てワシの“教科書”…にしたいと思っている本S。 いろいろあるけど、これらかなぁーと、常に開けるよう、積んでみている本S。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/27 00:06
彼にナニカが“憑く”瞬間、舞台と客席は『One Love』
ワシはその子が好きなのです。 その子、子ぉとか言うたらあかんなぁー。座長やもんなぁー。 その子…あ、失礼、やっぱ失礼、でも呼びたい… 紅劇団・紅大介座長のその瞬間、 “憑いた”と思わされる瞬間って、なぜだろう、 他のどんな若い子さんやベテランさんのその瞬間より、 「ハッピィ空間」を感じさせてくれる気がするのです。 その“ナニカ”が何よりの魅力だと感じ、 ワシ、つい、目が離せなくなってまうのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/08/26 05:48
『役者音頭』にまつわるRow & Row
『役者音頭』が好きです。 『役者音頭』は 富美男ではなく武生の歌と知ったのは最近です。 『役者音頭』はディスコ調です。 『役者音頭』は めっちゃ簡単で誰でも解る歌詞だからこそ、 めっちゃ簡単で誰でも解る歌詞でも、 きっとめっちゃ深い意味がいっぱいです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 23:00
『おさん』-心中物と役者とお客と生と死とオッサンとワシ-
心中物が流行るのは何故?! それは色っぽいから。 究極的に、究極的に 色っぽい からだと思うのです。 そんな心中物のうち、この「おはなし」、この女(ひと)。 …に成るのが巧い“テクニシャン”のお話。 “テクニシャン”なオッサン、いや、『おさん』のお話。 …どう? 如何? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/08/19 03:46
新宿 西成 歌 街 人…あれこれ
新宿、新宿、新宿、みなと町〜。 あ、これ、森進一。 ここは天国、ここは天国、釜ヶ崎〜。 あ、これは、三音英次。 関係ないけど、関係ないけど、最近の鼻歌ふたつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 22:15
芸人? 阿国! 神?! -ハコの風景、芸人と「人」の風景-
あれ。 あの歌手。 あの芸人。 あれぞ「見世物」。 あ、卑弥呼?んーん、あれ、きっと阿国! そう、きっとあれ、あれぞ、「神」。笑。 そんなことを感じたのは、決して、 彼女が巫女みたいな衣裳を着ていたから …だけではないはずです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/17 20:00
「なんでもあり」!の魅力
大衆演劇の魅力は「なんじゃそりゃ」なトコやと思います。 大衆演劇の魅力は「むちゃくちゃやな」なトコやと思います。 …あまりええようにきこえませんかね? ほな…こない言おう。 大衆演劇の魅力は「なんでもあり!」なトコやと思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/08/04 21:51
『川の流れのように』、しみじみ…
『川の流れのように』って、いいね。 『川の流れのように』って、しみじみ、いいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/07/31 12:45
もくもく、ゾクゾク。今日は何割?! -舞台×客席-
「今日は力、何割で踊りました?」 「んー…7割かなぁー(ニタリ)」 また、別のとある日。 「今日は7割やったやろ?!」 「いやいや、8割に見えました。かっくいーっす」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/29 13:33
アンティウス -『美しい昔』-
赤い地の果てに愛を求める「あなた」は誰? 雨に誘われて消えていった「あなた」は誰? 美しかったのであろう「昔」と、 過ぎ去っていった「あなた」に想いを馳せる舞台上のあなた。 雨に打たれて、よろけ、コケて、天を仰ぎ、 ハンカチを噛みしめる「あなた」は、役者…女形。 切なげで憂いを帯び、 ゾクッとするような表情で人間の匂いを漂わせ、 見せて、魅せる、「あなた」は…役者…人間。綺麗。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

2011/07/28 16:20
『恋の奴隷』の奴隷なおはなし
奥村チヨはあのヒット曲『恋の奴隷』を歌うのが嫌だったそうです。 あの歌詞、あの歌詞ゆえに。笑 せやけど、歌って、歌ったら、 ファンかな、ストーカーみたいのがいっぱいついたそうです。 あの歌詞、あの歌詞ゆえに。笑 ってのを、己の関わっている番組の収録中、 そして、その後寄った芝居小屋での舞踊ショー女形の踊り、 同じ、この、『恋の奴隷』を聞いて、思い出しました。 笑えへんけど、笑えるエピソードでしょ?笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/28 14:47
GIRLS A GOGO -大衆演劇・女優さんS篇-
女優さんが好きです。 大衆演劇の女優さんが好きです。 オバサンも新人さんも 美女も美少女もそうじゃない(オマエガイウナ?)のも好きです。 女優さんが舞台の上で、いい表情… ニッコリ、うん、もちろん、キメのニッコリもやねんけど、 なんかそのキメのニッコリ以上にニッコリ笑顔に見えたとき… 見えた踊り、見えた日、見えた瞬間って、嬉しくなりません? そんなワシはやっぱ女のくせにちょっと“オッサン”入ってますか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/28 14:08
幻の影を慕いて酔って酔わせて候-『影を慕いて』-
『影を慕いて』は 作詞作曲した古賀政男が、 人生に絶望して、 自殺しよとして、 けど、助かった! そんなときに、浮かんだ、生まれた曲。 それを知ったのは、いつぞや、“これ”を観る前だったかなぁ。 それとも、“これ”を観終わってから調べたんだったかなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/26 15:10
ゼンブ?イチブ!いやイチブ?ゼンブ!…『イチブトゼンブ』
流れてきたのは、B’zのイントロ。 走ってきたのは、 花道(だったかな?)から走ってきたのは、 めちゃめちゃカッコイイ、いーぃ男さんです。 せやけど、決して若くはない、男さんです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/24 11:55
夢見る少女じゃいられない こと ない -このろくでもないすばらしい世界-
解ってるいつまでも夢見る少女じゃ… いや、解っててもいつまでも夢見る少女で居たくない? いいじゃん、いいじゃん、 だって、ホワット・ア・ワンダフル・ワールド! 夢見る少女じゃいられない、こと、ないよ!笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/22 16:28
ヘビーローテーション -MAXハイテンション大衆演劇篇-
I want you! I need you! I love you! 虹色、レインボーな照明の中、 ぴちっぴち、きらっきらの男のコが、 めっちゃめちゃキュートな女形でニーッコリ! それ、ホンマ、もう、「MAXハイテンション」! 「ヘビーローテーション」!笑 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/07/21 03:20
お芝居の話 特に 大衆演劇のお芝居の話-「同じタイトルの芝居でも」篇-
大衆演劇で 「あ、この芝居、前に他で観たことあるわ」 っての、ないですか? 「あ、この芝居、キャストとかスジ、 ちょっとちゃうけど、あれと一緒や」っての、ないですか? ワシはよくあります。で、だから、余計、面白さに気付きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/20 16:15
追分だとか、鴉だとか -追分鴉と「人」のおはなし-
右へ行こうか左へ行こか。 ここは追分、道しるべ。 そんなときに歌う唄、 で、踊るその姿は、 おっと、どっこい!おっとこまえ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/07/20 15:54
光と私 -劇場にて-
やっぱ好き。 この「光」が好き。 この「光」は何の光?! わかんないけど、好き。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/19 14:29
エェェ、春団治 -会いたい、いや、もう、会うてる篇-
会える訳ないやろうけれど会いたい人のひとりに桂春団治が居ます。 あ、当代の、あの色っぽいおじいちゃんな三代目春団治ではありません。 初代です。初代春団治です。 あの赤い人力車で有名な、かの破天荒で素敵なお方です。 会いたい、会いたいの。誰か、呼んでくれへん? あ、イタコさんとかに頼んだら、ええかしらねぇ?笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/07/18 16:17
揺られて男は「花」になり、黙って役者は「川」になる -『川』-
あなた、流れて、今、ここへ。 でも流れてきたあなたは、 ここで、しっかり、 足、とどめ、足、踏みしめ、 今、ここに立っているのですね、その足で。 揺られて、忍んで、演じて、踊って… 黙って「男」は「花」になる、いや、黙って「役者」は「川」になる。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/07/16 16:03
『ああ、いい女』を見せて、魅せるのは、「ああ、いい男」
「ああ、いい女」を、 花道から駆けてきて、 キメッキメで踊るその男(ひと)は、 もう、まさに、「ああ、いい男」。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/16 03:47
塗って、塗って塗って、“ハダカ”を塗って -「大衆演劇」のお話-
あ、肌。 あ、肌、 うわ、ボコボコ…。 あ、このひとら、このひとらの肌って… こんなんなんや。 このひとら… このひとら、毎日、毎日毎日、 何を塗って、塗り込めているのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/15 15:39
やっぱり、「お徳」のおはなし
「イエスマン」っていいことかしら? でも自分の身を守るには「イエスマン」ほどラクなことはないよね。 だからみーんな「イエスマン」になっていく。 …しょーもな。と、思うワシは、やはり、ナマイキですか? んーん、そんなワシは、 やはり、「お徳」に憧れる、ガキンチョです。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/14 14:22
喜劇の話 特に 大衆演劇の喜劇から気付いた喜劇の面白さの話
告白します。 ワシ、これまで藤山寛美の芝居 ってか松竹新喜劇の良さがあまり解りませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/13 03:33
女ごころ、役者ごころ-酒と簪と紙の『お吉物語2』-
「花の命は短くて苦しきことのみ多かりき」 男はいい。パッと散りゃあいい。 けれど女は? 女は灰になるまで貴女の女? うん、女は情よ。でも女にも、女だから、意地があるのよ。 情とプライド、それはまさに「女の意地」? そんなええ女の、情や気持ちの象徴のような「赤い玉簪」と、 ゲンジツの象徴のような「生きるための紙っきれ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/12 16:14
お芝居の話 特に 大衆演劇のお芝居の話、もっかい-「もっかい観る」篇-
あー、お芝居っておもろいなぁー。 そんな単純なことを改めて思う今日この頃です。 お芝居って、なんでこんな、おもろいんやろ。 最近、大衆演劇のお芝居の面白さを改めて感じ、 そんなことをひたすら思う今日この頃です。 …と、ついこないだ書いたところですが、 また、さらに、そんなことを感じる今日この頃です。 前に観た「特別芝居」を4年ぶりに別キャストで もっかい観ることが出来、余計にそんなことを感じる今日この頃です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/11 15:35
格好いい「おはま」と人間臭い「おはま」はどちらも素敵に「おはま」-『瞼の母』-
この2か月の間に観た「おはま」。 この2か月の間に観た2人の「おはま」。 あ、『瞼の母』の、忠太郎の母、「おはま」ですよ。 同じ劇団のお芝居。なので、同じ構成のお芝居。忠太郎も同じ。(若き座長) でも2人の違った「おはま」はどちらもきっと、めっちゃ、凄ぇ「おはま」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2011/07/09 16:15
もっと近く近く -「大衆演劇」のお話-
匂い、匂い。 匂いがするの。したの。 って気付いて、 気付いたとき、眩暈がしたのです。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/07/08 03:12
それは『夜桜』、姥桜
あのポーズは何のポーズ? 桜の散るポーズ? それとも、散りゆく春を惜しみ、願い込めちゃうポーズ?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/07 06:26
「桜」と「女形」のお話 -とある着物から-
すごく見たい着物を見ました。 着物?!うん、着物です。 それ、雑誌で見たのです。 それ、雑誌で見たときから生でこの目で見てみたかった着物なのです。 でもその雑誌はかなり前の雑誌で、 なのでまだ今もその着物を着て 舞台に出ていらっしゃるのかはワシは知らず。 でも機会があったときに訊いてみたら、 その着物のときのその曲は、もう使っておらず? けど、うわ、その曲じゃなかったけれど、その着物、見た。見られた。 …わぁ、桜だ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/05 02:40
その『二度惚れ酒』は「二度惚れ踊り」-演歌×踊り+…-
『二度惚れ酒』に改めて惚れなおしたのは 「二度惚れ」というタイトルに引っかけて書きたいからではありません。 いや、ちょっとはそうかもしれませんが(笑)、 ま、なんしか、改めて、「二度惚れ」やなぁと思い、 そんな己に気付き、観終わった後、ニタリとしたことは事実です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/04 15:46
お芝居の話 特に 大衆演劇のお芝居の話 -※己の話も若干多め-
あー、お芝居っておもろいなぁー。 そんな単純なことを改めて思う今日この頃です。 お芝居って、なんでこんな、おもろいんやろ。 最近、大衆演劇のお芝居の面白さを改めて感じ、 そんなことをひたすら思う今日この頃です。 これはワシがたかだ学生時代やけど 役者なんぞ演出なんぞやってたから、思うこと? いや、モノカキ桃だからこそ、思うこと? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/04 03:38
「勉強させていただきます」 -舞台に役者、客席にも役者-
「勉強させていただきます」のおはなし。 今回は、役者さん篇です。 そのひと、ワシのお近くに座りはり、 うおっ、と一瞬、緊張してもたわよワシ。 でも、そのひと、 ジッと、ジッと舞台を観てはってね。 そんなのを、ちかーくで感じられたワシは、 なんか、グッと… グッとこなくてもええんかもしれへんけど、 きてしまってね。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/04 00:57
経験豊富が迂闊千万 ほんに彼らはテクニシャン-『酒供養』-
ワシらは皆、なんでこんなに『酒供養』が好きなんでしょう。 そんなこと考えたこともありませんか? なら、ワシが教えてあげましょう。 なんで「あげましょう」だなんて、 上から目線なのかさっぱり解りませんが。 でも、ワシが教えてあげましょう。 なぜなら観ていて気付いたからです。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/03 04:41
近そうでまだ遠い? 恋しくて憎らしい?-『大阪LOVER』-
くだらねぇ曲だなぁ〜。 大阪人ナメとんちゃうかぁ〜。 ちょっと大阪弁使ったからってさぁ、 そんなもんで、あーた、 特にワシら大阪人は、こんな、 わざとらしくたっぷり大阪弁使った大阪の曲、 には、厳しいで〜。と、思ってたこの曲。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/07/03 03:51
森山大道 × 女形
至近距離でした。 至近距離だったから老いたシワさえ見えました。 至近距離だったから、 白く塗ってるけれど、塗ってるから、 毎日、毎日塗ってるから荒れた肌が、 その肌の荒れが見てとれました。 モノクロ白黒だったから、 まっすぐなモノクロだったから、 その肌の荒れ、でも笑顔が飛んできました。 その笑顔はええ笑顔、でも、どこか歪んでいて見えました。 まっすぐ。まっすぐ。歪み。 写真家・森山大道が撮った女形の役者の写真です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/29 02:25
「なう」「LIVE」大衆演劇 -とある日、NHKに出ていたちびっこ役者さんから-
ちょいと前の話ですが、 NHKのお昼の番組で大衆演劇特集がやっていました。 そこではお決まり(?!)の子役も登場していました。 「大衆演劇と言えば! こんな可愛い役者さんの登場です!」みたいなさ。 彼、びしっと踊ってました。 男阿修羅の羅生門〜言うのんを踊ってました。 踊り終わったらお決まりの(?!)トークコーナー。 お隣に座った興行師さんに見守られ、 あどけない口調で喋るちっちゃい彼。 会場、と、解らんけどお茶の間で観る皆の 「かわい〜!」ってな雰囲気、感じたワシ。 そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/27 04:41
新感線 × シェイクスピア × 演劇 × 大衆演劇= ?!
新感線とシェイクスピアは合う!というお話を一席。 新感線とシェイクスピアと大衆演劇のお話を一席。(ん?) んーん、演劇、舞台、人間、の、面白さのお話を一席。(デカいな。笑) さ、本日のネタは、そんなもんに、 そんな理由から、ずぅっと魅せられちまい、 そしてこれからも、ずぅっと魅せられていくだろう、 トホホなワシの、つらつらとした四方山話、気の向くままの与太話。 …お暇なとき、お暇な方は、一席、如何?!笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/20 15:14
「キリッ」の噺
よく好きな役者さん嫌いな役者さんそのタイプを訊かれます。 なんで、とか、どうして、とか、どんな、とか。 好きなんは、「キリッ」な人です。 嫌いなんは、「キリッ」じゃないような気のする人です。 な、なんだよ、「キリッ」って。笑 でも、これ、私的には役者さんどうこうだけの話じゃなく、 人、皆に当てはまる…というと大袈裟かもしれませんが、 そんな感じなのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/19 22:45
THE KING OF KOJYO -NEO BLOOD(イマドキ)時代劇-
荒城さんの芝居は面白いです。 最高!とか大好き!の面白いではありません。 いやぁ、そう作りはるねんなぁ、 ふうん、面白いことしはるなぁの面白いです。 今風なんです。 けど筋は古典なんです。 例えるなら、 エグザイルなんです。 けれど時代劇なんです。 面白いね。 チグハグなんですけどね。 でもそのチグハグさが、 良くも悪くも、ふうん、面白いなぁと思います。 いくつかしか観たことありませんが。ワシ的にはね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/18 22:02
Eye -踊りんときの「目」、そして人の「目」-
ワシ、「目」マニアです。 芝居んときの、 踊りんときの、「目」マニアです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/06/17 03:05
『ゴンドラの歌』 × 『プレイボーイツイスト』-遊びをせんとや生まれけむ-
きらっきらなもんって、グッときませんか? ピッチピチなもんって、グッときませんか? グッときて、ホロッときませんか?ワシだけですか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/15 01:44
聴かせる+観せる=魅せる?!それが役者の歌のステージ
人が気持ちよさそうに歌っている姿ってなんであんなに笑えるのでしょうか。 んもー、気持ち良さそうやなぁー。 んもー、気持ち良さそうに歌ってるなぁー。 にたにた、ぐふ、うふふ、あかん、耐えられへん、堪えきれへん、げらげらげら。 なんか嬉しくなっちゃって、にたにた、の後、観ている自分が崩壊して、げらげらげら。 ワシら(客)、放ったらかしかい!って、思わない? けど、ええわ、放ったらかされても。って、思わない? その気持ちよさ、なんか、気持ち良さそうすぎてムカつくわ。 でもムカつくくらい... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/14 04:22
今日までそして明日から(※あくまで、ぼちぼち)
ワシ最近、 只でさえ貧乏暇なしな時間を見つけてではあるのですが、 いろぉーんな、むかーしの舞台映像観たり、 いろぉーんな、むかーしのこと書いた本を紐といたりしてます。 ホントは、それより人の、生の、声。聴いたり見たり感じたりがいい。 ジジツリアルなうは、「現場」、 嬉しくも悲しくも、今、今の現場にあると思ってる。 だから怖かろうと面倒くさかろうとうざかろうと、 足を運び、己の目で、見て、感じて、が、大事。 でも、己の動きだけでは限界があるし、 ちゃんと、ちょっとは、本や資料も... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/13 15:27
Dear, 小野小町 -「関寺小町」×「メランコリー」-
小野小町をご存知? めちゃめちゃべっぴんさんやったんですってね。 いや、会うたことないですけどね。 めちゃめちゃべっぴんさんで、めちゃめちゃモテたんですってね。 で、めちゃめちゃモテてはったから、 きっと、すごくめちゃめちゃ感じ悪くて、きっと友達も少なくて、 実はそりゃある程度はアタマもよろしかってんやろうけれど、 モテとる自分に酔うてるうちに、 時代とか、歳とか、気付けば、老いてゆき、あらら、あーぁぁ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/13 15:03
花言葉をご存知? -「桃」と「舞台」-
生きてるっていうことは、 演じたり、失敗したり、稽古したり、 いーろんな本番があったりっつう ≪舞台≫に立つということで、 ほな、ワシらは皆、 素ぅやけど演技して生きている≪役者≫やと思うのです。 ほれ、シェークスピアのおっさんもさ、 昔、そんなん言うてたやん?(知り合いか。笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 14:16
葉桜や人に知られぬ昼遊び-アンヂェラスとシバイとワシ-
大学の、学生さんたちのゼミで“先生”をして参りました。 東で学ぶ可愛いお嬢さん方とお坊ちゃん、 とてもインテリジェンスな雰囲気漂うクールな先生の前にて、 西の、妙齢の女1匹、俗っぽ〜い内容を、より俗っぽく…ううん“楽しく”! ちっともアカデミックではない喋りでざっくばらん! もしかしたら営業妨害・講義妨害かもしれないことを好き勝手に喋って参りました。 で、その後、気の置けないデザイナー女史とお茶。参りましたその場所は、浅草…「アンヂェラス」! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/06/10 17:16
「喝采」 -降りそそぐスポットライトの中それでも私は-
いつものように幕は開きます。開きますよ。 誰が居なくても。あなたが居なくても。 嬉しくも悲しくも、悔しくも楽しくも、 どんなことがあっても、毎日、 毎日、関東だろうと関西だろうと、開くんです。 開くったら開くんです。 だってそれは「仕事」で、 あなた(方)は「プロ」で、 そしてその世界ではそれが=マジで=「生活」。 それは「旅」、 生きて舞台してってことが生活で、 そんな人生という「旅」。 降りそそぐあのライトのその中、踊ってるのは誰? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/06/04 06:33
咲き誇り舞ヒ踊ル「あなた」 なう 「私」の“桜”小町
くるっくる! ひらっひら! 踊っていたその美少年は紙吹雪を撒いたのよ。 ぱーっ! その紙吹雪は花吹雪! ぱっぱら、ぱーっ! わー! 桜舞ーう、散る散る。 だから、綺麗ーっ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/06/04 04:02
THIS IS 虎! I AM 関東!俺の!俺の!林友廣(達)の、大衆演劇の舞台を観ろ!
ギャー!で、出たぁ。「虎」が出たぁ! なんて顔。これ、人間の顔ちゃうで。何、これ。何、この顔。 クワッ!うわ!吠えた! ギラッ!うわ!見え、きった! うわぁ!食われる!食われてもええ! ギラッギラ!THIS IS 虎! I AM 関東! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 8 / コメント 2

2011/05/28 05:10
お湯を召しませ、召しませ大衆演劇 -入浴の女王-
大衆演劇の魅力って「あったかさ」。 改めてふとそんなことに気付きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/23 03:53
あん時ゃ玄海竜ニ、ひとりしみじみ思い出してる舞台の上
なななな、なんて軽い身のこなしなんだ。 なななな、なんて深い、 ワルそうなのにあったかというか、 深い、受け入れ力のありそうな笑顔なんだ。 あん時ゃどんな舞台でした? あん時ゃどんな役者でした? ひとりしみじみ思い出してる舞台の上。 んーん、思い出してる暇なんかもなく、 ひとりにこにこ、たっぷり、踊っていたよ、舞台の上。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/20 00:28
「花形」舞う舞う、花が咲く咲く-ポジションと人のお話-
彼はすごく顔がきれい。スタイルもきれい。 立ちをやっても、女形をやっても、 とても絵になる、美的にきれい。 なんちゅうのかな、役者顔というか、 化粧しやすそうな顔というか、薄い顔というか、そんな顔。 しゅっとスタイルもよぉて、うん、文句なくて。 でも、ほな、 それに加えて踊りがものっすご巧いか?!と訊かれたら、 ううん、私は、 あくまで私の目には、 「いや、別にそんなことはないんやないか」で。 でもね、そんな、彼がね…? ああ、だから、観るの、観続けるのって、面白い! ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/05/18 03:50
「夢芝居」-大衆演劇は「旅」、旅役者はタイムマシーン-
ダブルのスーツにサングラスにパナマ帽。 ポケットにハンカチーフ。 ちょい下向いて。思いっきり格好付けて。 イントロと共にセリから花道に上がり、歌い出したのは『夢芝居』。 6年ほど前の私は、その瞬間、げらげら笑ってしまってね。 そう、6年前の私は、6年前、22歳。 梅沢富美男の『夢芝居』は知っていても、 梅沢富美男がそんな格好で 『夢芝居』を歌っていたなんて知らない22歳。 なぜなら私、 梅沢富美男がそんな格好で『夢芝居』を歌っていた ちょうどその頃に生まれたのですもの。笑 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/05/16 05:38
近く近く -「大衆演劇」のお話-
これは「片岡長次郎」という役者が「日本大衆演劇協会の副会長」だった頃のお話。 「熊本の長次郎の本拠」である「ガレージを改装した彼の小屋」でのお話。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/05/15 21:45
「俺らの家まで」-機嫌直して!来いよ!来いよ! 「劇場」まで-
「いいかい?男はどんなときでも浮気のひとつくらい 誰でも持っているものさ。納得出来ないだろうが」 納得出来ねぇよ。 「“でも一番大切なものだけ、 胸の奥に閉まっているものだよ、わかるね、それが君さ”」 わかんねぇよ。 けど、けれど…ひゅぅぅ、言うぅぅ。 「女好きはおいらの悪い癖、でもアソビなんかじゃないよ〜」 「機嫌直して!来いよ!来いよ!おいらの家まで〜」 めっちゃ勝手やん! でも…めっちゃカワエエやん。 たまらんやん。むかつくなぁ。 でもだから、ええやん、ええやぁん?... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/05/13 02:48
「優しい光」-弱い光、強い光、一瞬の光…優しい光-
君の中の孤独を照らす「優しい光」になりたくて。 君は「私」の孤独を照らす、優しい月のような光で。 …んー、優しい月ではないような気もするけど。 もっと刹那的で強烈で、 刺激の強ぉいきらっきらギラッギラなもんに見えるけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2011/05/10 13:58
櫻の花の散るごとく -桜守、姥桜-
人間は「花」やと思います。 「花」が世間という「舞台」に生きてるんやと思うのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

2011/05/07 13:29
連れてって-「ケ」から「ハレ」 「惚れ神」と「夜叉」…と私-
人間の臭い。 香水の臭い。 香水から漏れて臭う人間の臭い。 塗って塗って素顔…「素ぅ」を隠した役者。 白く塗って、ぶわっとした、 綺麗な豪華な衣裳で着飾った役者。 あたる照明。にぎやかな音楽。 うっとりと観る人、人、人。 送る役者。受ける客。 もっと欲しい。もっとちょうだい。…「連れてって?」 つまんない日常から…そちらへ。 解ってる。この数時間という一瞬が終われば また日常に戻らなきゃいけないことは。 けど、だから…だからもっと。 「私」をそっちへ…「連れてって」 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/05/04 00:36
同じ舞台を2回観る楽しみ -『逢いたくて逢いたくて』篇-
「2回観る」楽しみに目覚めました。 「同じもの(芝居・踊り)を2回観る」、 そんな楽しみに目覚めました。 これは危険です。これはズブズブ行きそうです。 …やばいなぁ。笑 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/02 16:10
「惚れ神」のお話 -「舞台」×「客席」:情交(?!)-
『惚れ神』っつう神がおるそうですわ。 と、石川さゆりが言うてます。 いや、ううん、すぎもとまさとが言うてます。 ううん、ううん、大衆演劇の役者が舞台から言うてるように見えます。 余裕たっぷりに、素敵な上から目線で、手招きしながら、踊りでね。 「惚れなさい?自分を捨てて惚れなさい?」 「しあわせ祈り、酔いなさい?」…ひゃあー! でも、うん、オッケイ!…惚れるよー!惚れてねー!笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 0

2011/05/01 23:10
役者音頭 -モノカキ桃と大衆演劇と「人間」篇-
絶賛が嫌いです。 世の中に完璧なものなんてないと思うのです。 絶賛する人は目が曇ってるか、 まわりが見えんようになってるか、 それを見つけてハマっとる自分に酔うてるように思います。 …ん?ひねくれてます?笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/04/19 01:57
「花」 -大衆演劇って、人間って気持ち悪い…ええなぁ篇-
「大衆演劇って気持ち悪ぃなぁ…」 と、座長大会の客席の1片隅にてふと思ったのは、 若ぁい、イケメンの人気座長が踊り、 めちゃめちゃええ笑顔でニカァッとキメて、 んでもって、それに対してオバ…もといお姉さんらが 「キャー!」「わー!」「たかしー!」「アイカワー!」なんて叫ぶ… うん、呼ぶ、とか、掛け声かけるとかではなく、 叫ぶ(笑)のを、観、聞いた瞬間です。 「大衆演劇って気持ち悪ぃなぁ…」 ううん、ううん、ちゃいます、ちゃいますよこれは。 そう、そうですけれど、ちゃいますよ。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/18 03:01
化粧なんて… -あ、いやいや、そうじゃなくて『素顔』篇-
化粧って、なんでしょうか。 パッとしない素の自分を隠し、つくること?(−→+) それとも、素敵な自分をもっと素敵に見せること?(+++) 化粧なんてどうでもいいと思っていたけれど 今夜死んでもいいから綺麗になりたい? その答えは、たぶん、そのどちらもじゃないかしら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/04/08 08:29
それは「私」の枯れない溶けない斬りやまない孤独の唄 -『遊侠三代』-
人斬り。は、文字通り、人を斬るのが仕事。 仕事というより生業。 うん、生きるためのわざ、であり、ごう。 誰かの依頼を受けて、人を斬る、 ことで、お金を貰う、そのお金で生きていく。 なんてまぁ、なんて仕事なんでしょう。 無理!出来ひん!人を殺すなんて!斬るなんて! って、思う? うん、思う! けど、斬らなきゃ生きていかれへんのですよねぇ。 だって、斬らなきゃお金貰われへんねん、 食うていかれへんねん、生きていかれへんねん。 ほな斬る。斬らなしゃあない。 昨日も斬った。今日も... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/04/08 07:37
大衆演劇の「母」 、または梅干しおむすび -ねぇ総帥篇-
だって白すぎるのだもの。 白すぎて解りやしない。 厚い化粧に憂いを隠し、 どれほど涙や“素”をごまかしてこられたのかなぁ。 真っ白に塗って、女に化け、女になって、齢70。 これまでどう生きてこられたのでしょうね。 どう生きてこられたから、 あの、とことこっ、にこっ、ぽてぽてっ、にこにこっ、 うふっ、うふふっ、うふぅぅ〜、 はぁん、ふふふ、ハイどぉも…な、 あの女形が舞台に生まれるのでしょうね。 ねぇ総帥、こっち向いて。笑 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/04/03 10:35
『堕落論』 -例えばアイカワノボルとかね。篇-
嗚呼。私たちはなんで“ワルいヤツ”が好きなのでしょう。 嗚呼。私たちはなんで“ワルいヤツ”にオトされたくなってしまうのでしょう。 「性」?「性」と書いて「サガ」?まぁ、なんて「業」。「業」と書いて「ゴウ」…GO! 貴方とならば何処までも。連れてって連れてって、非日常の世界へ。 つれて逃げてよ、ついておいてよ。揺れながら心咽ぶ客席の私…なんちゃって。 これがホントの『堕落論』。「白痴」のような笑みを浮かべ、誘うアイツにご用心。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/04/02 05:33
「きれい」の噺、ふたたび。 -「きれい」に気付け! 篇-
「観方がすれてしもとる!」 と、言われてしまうとそれまでなのですが 私は「ただ見た目が綺麗なもの」に退屈してしまいます。 「綺麗やなぁ」とは思うのです、最初の数分は。 せやけど飽きてしまうのです、最初の数分で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/25 19:53
「舞台」って「人」ってウソ・ホント -まるで「藪の中」&「羅生門」篇-
≪舞台≫って「ウソ」です。 「虚構」です。「つくりごと」です。 「事実」じゃァない。 なのに「現実」とリンクするときがある。「嘘」なのに「本当」。 …これがいわゆる「虚実皮膜」の面白さ?! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2011/03/20 04:50
ギラギラ -ホメられなくてもきっとこれから物凄ノビていくのだろうくん達-
ギラギラしてるコって観てて楽しくないですか? ギラギラしてるオッサンって 観てて正直キモいなぁと思うこともありますが(でも好きよ。笑)、 ギラギラしてる若いコって、 そのギラギラさが伝わってきて観ててワクワクしませんか? ギラギラしすぎていてその過剰な自意識にちょっと疲れたりもするよ。 けど、それくらいギラギラしてるってのは、 ギラギラがもう自分の中で抑えきれなくて外に漏れてるってことやん? そんな君のこれからってどうなってくのよ?! って、こっちも目ぇギラギラなってまうやん。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/03/19 20:05
惚れた。-「だから」「それでも」書くという話(覚悟?!篇)-
あなたは「惚れて」ますか? 「惚れる」って楽しいですよね。 いろんなものが見えてくるもの。“世界”が広がるもの。 それまでとは違ったモノの観方、 例えば同じモノをみても違って見えたりする、広がる、わぁ楽しい。 人生(オーバー。笑)って楽しい!ビバぱっぱらぱぁ! けど、「惚れる」ってシンドイですよね。 …楽しい、けど、しんどい。ホントに、しんどい。 苦笑。いや、でも、笑。それでも、それでも「笑」だ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2011/03/16 05:57
おいでおいで→←欲しい欲しい -例えば『夫婦春秋』の「…おまえぇ〜…」-
舞台の上から、あなた! 他でもなく、紛れもなく、あなた! に向かって「飛ばして」こられた…気がする(ここ重要)とき。 例えばそれはキメッキメのウインクを飛ばしてこられたとき。 例えばそれは人差し指で真っ直ぐ指さされたとき。 例えばそれは物憂げェな視線で手を差し伸べるようにされたとき。 例えばそれは思いっきり見つめてポーズをとられたとき。 …という気がする、気がした、気になった… そう、「そんな気になった、なってもた」(笑)とき。 あなた、嬉しくないです、あなた? ぎゃっとなっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/03/06 04:44
桃的、お芝居の楽しみ方 -もっとさらに(&今更)篇-
同じ演目のお芝居を観る。何度も観る。 私、最近、その楽しさ面白さに気付きました、気付けるようになりました。 これまでは気付かなかったんです。 気付かなかったのは避けていたからなんです。 同じ演目のお芝居に当たることを。 でも最近、偶然…うわぁ…当たることが増えました。 で、「ええーっ」と言いながらもその醍醐味に気付かされたのです。 これ、発見。これ、嬉しい事。これ、これからウフフと楽しめる醍醐味。 気付かせてくれたことに感謝。そして気付いた自分をも褒めてあげようかな。(はぁ?笑)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

2011/03/05 03:52
「遠征」考-あるいは「舞台」がものすご好きな、でもちょっとヒネクレ者ゆえの「やばいっ」考-
あなたは「遠征」をしますか。 わざわざはるばる遠征をしますか。 して、したらその場合、 ちゃんと、じっくり、観ることが出来ていますか? ウーム、むむむ、ふふふ、わはは。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/03/03 05:51
虚・実…人間演劇、人間舞台、あ、やっぱ夢芝居・花舞台
芝居が、てか「舞台」ってヤツが…好きなんですよねぇ…。 あ、この「…」は思い入れる間の「…」なんですけれど。笑 あ、でもね、芝居、舞台自体には、 もしかしたらそんなに興味がないのかも…とも思うようになったんですよねぇ…。 あ、この「…」はまた思い入れる間の「…」なんですけれど。(しつこい?笑) ほな、じゃあ、何が好きなの?何に興味があるの?!って訊かれたら…… 私、やっぱ、気付いたのですよね、改めて感じるのですよね最近、 私の興味あること、それは≪人間≫だなぁ……、なぁんて。 あ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/02/27 14:06
例えば『神奈川水滸伝』 -着流し、鬘、傘一本、最後の方でガバッと入れ墨-
着流し一枚。鬘もシンプルなもの。 例えば散切りみたいなのとか。 出来れば黒。カラーじゃなくて黒。 そして、傘、一本。 それがいい。それでいい。 そして最後にチラッと、 いや、ガバッと入れ墨が見えたらいい。 勿論ホンモノのじゃないよ!ホンモノはヤだよ!(笑) 着ている、衣裳の、入れ墨が見えたらいい。 それってきっと「真骨頂」?それってきっと「到達点」? その良さを見せてくれたら嬉しい。 その良さを見られる力をつけておきたい。その格好良さをね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/02/12 04:01
「舞台」と「客席」の「一瞬」の関係、それを効果的にするか邪魔するか。笑
要らんねん。 あれから色々考えたが…要らんねん私としては。 皆が好きだということも ワシの周りの皆がハマってるから知っています。 なぜならあれによって「サイコー!」「神!」が演出されるもの。 だから私これ書いたら友達を失うかもしれない(笑) けどこれは個人の「好き嫌い」。 やっぱり、思い出して思う、あれ…要らんわぁ、私は。 いや、「邪魔せんとって欲しい」ねん、私は、ヘンタイ桃は。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2011/02/09 02:38
それ行け「オッサン役者」!! -OLD is NOW-
「桃サンはオッサン役者が好きですよね」とよく言われます。 「オッサン、あ、ごめんなさい、ベテラン役者が好きですよね」と。 そうですね。いいえ。そうではありません。 そうですけれど、そうではありません。 私は若いイケメンが好きです。あ、それはウソです。 でも、私は決して「役者と言えばオッサン」な訳ではありません。 いえ、正確に言うと、オッサンなら、ベテランなら、歳くってたら、 ほいでちょっと上手けりゃ誰でもエエ!誰でも褒める!好き! …って訳では、ないのです。 ここ、ここ重要なの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/02/09 00:52
それぞれの『お吉物語2』 -「元」座長/関東の女形役者・見城たかし篇-
舞台にお金が舞う。 ほんまもんのお金じゃない。 紙で出来た、小道具のお金が大衆演劇の舞台に舞う。 大衆演劇のお芝居のラストシーンで舞う。 「あたしはこんなお金なんか欲しくないんだよぉ…!」 大衆演劇のお芝居の舞台で万感の思いでヒロインが、 いや、ヒロインに象徴される“皆”が投げたあのお金。 ベタな演出ですね。ベタを通り越して陳腐な演出かもしれません。 でも、もしかしたら、ベタだからこそ陳腐だからこそ、 私は「うわぁっ」となったのかもしれません。 ゾクッとしたのかもしれません。... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

2011/02/03 18:59
それぞれの『お吉物語2』 -「今」座長/若い若い“持ってる”コ・紅大介篇
若い、若い若い「お吉」。 気持ちが前に前に前にあふれ、つんのめるようで。 でも、その若い若い「お吉」は その舞台その瞬間、「お吉」を、 本当に「お吉」を生きているように見えました。 私、だから、グッと来ました。 グッと来て、でも「まだ早い。あんたにはまだ早い」 って言いながらちょっとだけ、ちょっとだけ泣きました。 伝え、伝えられ。教え、教えられ。継がれ、続いていく。 これ、今この瞬間。 それはきっと、「歴史」…みたいなもんを観た瞬間。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

2011/02/03 18:51
虚実皮膜の『夢日記』、「あなた」の「私」の『夢日記』
「お涙頂戴」が嫌いです。 けれど『夢日記』は好きです。 大月みやこの『夢日記』は好きです。 あ、ちょっとちゃいますな、 大月みやこの『夢日記』での個人舞踊は好きです。 誰の、と言われたらサテ、ですけれどね。 だっていろぉーんな人が踊りますやんか。踊ってはりますやんか。 あなたの頭の中にも「この人っ!」てのがきっと居るはず。 ほら、ほら、頭の中でその人っ!が今、踊り始めたはず。 うん、私も。凄いのんが。…って、あれ?!笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

2011/01/31 21:44
i 罠 B wiθ 「舞台の上でその曲その瞬間を生きているU」 -「出」篇-
芝居をやっていたとき。 と、言っても学生演劇なんですが、 よく「出のインパクト」と言われました…役者したときね。 あ、私も役者に言いました…演出したときね。 ゆえに、私、お芝居のときは勿論、 踊り、個人舞踊のときも、 「出のインパクト」というのに注目してしまいます。 特に、個人舞踊のときは、特に。 何?「出のインパクト」って。 それは文字そのまま舞台に出てきたときのインパクト。 お客さんの目の前に現れたときの第一印象 とでも言うのでしょうか。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/26 04:35
広くも近く 近くもデカく 気持ちよく-博多新劇座の心意気-
おおきな舞台だなぁ。ひろぉーい舞台だなぁ。 この舞台に立つのはさぞかし気持ちがいいだろう。 ほんま、一言で言うと、「気持ちいい」だろう、その一言。 あたしゃ別に特に快楽主義者でも刹那主義者でもありませんが(笑) でも、「気持ちいい」ってエエことじゃない?最高じゃない? でもね、「1人で気持ちよすぎ」になっちゃうとダメなんだよね。 なぜなら貴方は役者、「客」の前の役者。 お客さんを気持ちよくさせなきゃ…いや、それもちゃうな。 お客さんと一緒に、「一緒に!」気持ち良くならなきゃ。ねぇ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/26 02:54
俺らたちはおいらの花魁にさくらん錯乱-大衆演劇の華-
その花魁ショーはね、面白かったのです。 若い座長が作った(と思われる) その花魁ショーは 花魁と助六と大店の御隠居?(意休?) 皆が軽快にステップを踏むのですよ。 イマドキのPOPS… ビッグバンドの伴奏にヨコ文字の歌詞が流れる中、 ああ、皆が御機嫌にステップを踏むのですよ。 これ、まさに「錯乱」。『さくらん』よりもさらに錯乱。 私、ふふふ、と、笑ってしまいました、 ニタッとして、ホ・レ・テしまいました。 グッと来てしまいましたのよ。 なぜならね・・・というお話です。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/25 04:48
「男のお姐さん」 -女形役者って…というお話-
「女のオッサン」である私。 女なんですけどナカミはオッサンな私は それゆえか、逆に「男のお姐さん」にとても興味があります。 居ません?居ませんか?あなたの周りに? 男のお姐さんは、でもお姐さんやけども男やから、 余計、性質が悪いことないですか? ちゃうな、悪いというと言葉が悪いなぁ。 ある意味、人として「最強」じゃないですか?(笑) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/17 19:57
客席LOVER、舞台LOVER、恋しくて憎らしいなんとやら。
「ここ、ワシの席ッ!」 と言うと小屋の方に怒られてしまいそうですが、 でもここ、ワシの中ではワシの席なのです。 ワシがこの小屋に行ったとき、 空いていたら、 そしてワシの気分が乗ったら、 ここはワシの席なのです、 少なくとも、以前まではね。 って、知らんがな。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/17 04:30
恍惚のブルース -個性、自由奔放、己に正直…で、惚れてまうよね篇-
「個性的」と「変」は紙一重。 「天才」と「キチガイ」は紙一重。 「男前」「カッコイイ」「最高」の基準は人それぞれ。 そんなことを≪大衆演劇≫を観ていて感じたりします。 で、うひゃあ!ってなって、でも、ニタァってなって。 エエやん。楽しいな。ウレシイやん。人間ってエエな。 人間ってどんな人間でも毎日生きてってるんやなぁ… どんなむちゃくちゃなヤツも、個性的過ぎるヤツも、 支えられ、愛され(?!)て、毎日を生きてってるんやなぁ… なぁんて愛しく思うんです、うふふ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/16 03:00
三つのお願い聞いて、聞いてほしいの -某劇場某劇団立看板篇-
これ、劇場の入り口にあった立看板です。 劇場さんからのお願い事ではありません。 「劇団さんからの」お願い事です。 はた、と立ち止まる私。ふむ、と考えこむ私。 ウソ。ううむ、と、思ってしまった私。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/13 05:31
「たっのしそ〜」な姿がスキ -ズッコケ役者/お客さん道-
「たっのしそ〜!」に踊ってはりましてね。 でも、その「たっのしそ〜!」は 踊ってる本人だけじゃなくて、 踊ってる本人が「たっのしそ〜!」だったら お客さんまで一緒にたっのしくなるんですよね。 ましてや普通のお客さんならまだしも、 そんな踊っている彼に 他のお客さん以上に過剰に(笑)、 勝手な思い入れや肩入れや そんな余計で重たいものも含めて(笑) 情(じょう)が湧いていたら、 踊っているたっのしそうな彼を観ると 他のお客さんよりも、もっと、もっとたっのしくなる。 そんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/12 02:49
ホレました? ホレましょう。 ホレさせてA -踊り篇、好き嫌い篇-
踊りの話をさせて下さい。 3つ前に こんな記事 書きましたが、 あれよりもっとクダけて、ユル〜イ感じで、 踊りの話をさせて下さい。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 2

2011/01/05 02:39
ホレました? ホレましょう。 ホレさせて -What A Wonderful World-
なんでもありなんです。 どんなんでもええんです。 顔じゃないんです。 ううん、でも顔ですよ。 テクじゃないんです。 ううん、でもテクですよ。 必ずしも若さじゃないんです。 ううん、でも若さはそりゃ強いです。 けど、若いだけじゃ、若いときしか通用しないし。 だから結局、「俺らしさ」「俺のカラー」 …ううん、だからつまり「俺」、 なんちゅうか、「俺のすべて」なんです、きっと。 そんな「俺らしさ」って人それぞれ、様々、役者の数だけ。 だから…面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/04 05:24
Not「大衆」、But「体臭」演劇?! -「虚」と「実」…近さとか匂いとか?!-
大衆演劇は「体臭演劇」。 と、以前、若手カリスマ座長が 新聞のインタビューで答えていたのを 読んだことがあります。 が、正直、もひとつ、ピンときませんでした。 ただの語呂合わせ?!っちゅうかサ。笑。 けどね、さいきん、「巧いなぁ」というか、 「ふむふむ、あー」、 「なんとなく、そうなのかなぁ。 そんなものなのかなぁ」なんて。 そう、大衆…体臭というか、 人間臭いを通り越して、 体臭なのかなぁ、と。ナントナク。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2010/12/28 08:20
今鳴いたカラスがもう笑う。 -役者なぁーんてステキな酔っぱらいカラス-
旅から旅へ、な役者の姿を 「カラス」 と、見るようになったのはいつからでしょうか。 彼らの姿が 「カラス」のようだ、「カラス」とダブる/重なる… そんな風に、見るようになったのはいつからでしょうか。 ≪都会のからすか、俺たちは≫ ≪カーカーカーカー、今鳴いたカラスがもう笑う≫ ≪役者なんて、役者なぁーんて酔っぱらいカラス(ほんと、そうよね)≫ …なぁーんて。わはは。 いやぁ、カラス。カラスたちは格好良いです。 さぁ、カラスさん、カラスさん、遊ぼうじゃないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/12/28 04:29
「粋」について少ぉし -関東・関西・九州…とある芝居のとある役から-
私、コテコテの大阪人(関西人)です。 ゆえに関東が苦手です。 しかし関東に憧れがあります。 何が憧れって、それは関東の「粋」な面に。 それは芝居、役者でも同じことかも。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/23 03:47
男が女、男と女、嘘とホントの「女形」
女形って? なぁんて、ふと考えたりしちゃうのです。 女形って? あなたの好きな女形はどんな女形? ねぇねぇ、どんなの?どんなのがお好き? それって自分の理想の女性像? それとも自分とはかけ離れた女性像? あ、お客さんも、役者さんも、ね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/22 04:20
酔っぱらっちゃった ‐桃的大衆演劇の魅力‐
「芝居小屋」が好きだなぁ、 「舞台」というものが好きだなぁ。と思います。 …何をまたまた改まって。笑。 でもね、私、やっぱり、それでも、 うん、なんかかんやで、 芝居小屋が好きだなぁ。と思うのです。 …何を今更、そして、わざわざ、改まって。笑。 舞台には、芝居小屋には「気」がいっぱい、 そりゃあもう「気」がいっぱいいっぱいです。 とてつもないにいっぱいで、 キモチワルイほどに渦巻いていて、 喜怒哀楽愛欲悪、 うわ、うーわぁ、ぎゃあ、ぎぃやぁ、いやぁもう、ホンマ嫌ァ …っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/19 23:36
花染められて-プレゼント着物の1光景、1関係-
とてもきれいで愚かな光景を観ました。 きれいでアホウで、きっらきらでした。 そのぴっかぴかに輝く新しい着物を着た その役者はとてもとても誇らしげでね。 でも、ちょっと、ほんのちょっとだけ 「もう、しょうがないなぁ」 「困っちゃうなぁ。もう、困らせないで下さいよ」 な、表情(かお)にも見えてね。 そんな役者の目はちょっと潤んでいました。 そして、 その着物をその役者にプレゼントしたお姉さんの目も 潤み…ううん、潤むじゃない、涙ぐんではりました。 それはね、とてもとてもキラキ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/16 06:07
若いコとぶわっとした鬘で『天城越え』 -「過去・今・未来」が「今、この一瞬、一舞台」に-
その組舞踊は、 真ん中に女形姿の座長。 そしてその後ろに紋付袴(?)に正装した若手衆 …んん? ひとり違和感のある人が居てる。 ん?その鬘。 その若い役者さんがよく被るような鬘で踊ってるけど、 んん? なんか違和感ある。 なんかその鬘、似合ってるけれど似合ってへん。 そんなあなたはベテラン役者。 思わず、笑ってしまいました。 バカにしているのではない。 うわぁ、ええやん、ええな、素敵やぁん、な、ニタリ、ニコリ笑いです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/15 03:38
「あ、よいしょォ!」「座長ッ!」な、あの一瞬。
ハンチョって言うんですか? ハンチョウって言うんですか? 語源とか、正式名称とかわかんないんですが。 歌舞伎でいうところの「大向う」みたいな、あれのことですわ。 あ、その、もっともっとカンタンにしたヤツっつうか、 身近で気さくな感じにしたやつです。 あれ、あれ、おもろいよね。あれ、いいよね。 舞台上の役者にあれがかかり、役者が気持ちよさそうな顔をする。 もしくはニタァってなる。で、会場皆もウフゥってなる。 あれ、いいよね。って感じて、私は笑いながらもグッとくる。笑。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/08 03:48
「酔って候」 -トコ兄さん&姉さん、今宵したたか魅せ魅せられて-
その真っ白な女形は、酔って、酔わせて、酔って候。 あ。…気持ちよさそうやなぁ。 私ら?うん、気持ちいいよ。 私?そりゃあもうこの空間。たまらないよ。 酔わせたのはあなた、酔わされたのは私ら。 せやけど、あなたを酔わせたのは私ら、 酔わされたのは、あなたらでもあるのでしょう、きっと。 ― この一瞬、そう、それはこの数分の間の舞台事。 嘘と本当が交錯する、舞台での出来事。 ああ、舞台はアア夢だ夢だなぁ。 …なんて、ああ、ふわァり。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

2010/12/02 04:23
「舞台」って、「舞台」って -All the world's a stage-
「舞台」って…おっもしろいなぁ。 改めてしみじみと感じる今日この頃です。 「舞台」って…自分でも気付かない自分が出てくるのかもしれない。 いや、出てくるのでしょう。 「舞台」って…一瞬、一瞬の夢なのでしょう。 「舞台」って…何だ、ううん、なんしか「舞台」は「舞台」だ。 日常と非日常、裏と表、明と暗…なんしか、 コインの裏表が交錯し、入れ替わり、ごちゃ混ぜんなって、 でも、きれーーに見せられる、摩訶不思議なびっくり空間だ。 って、なんのこっちゃですが。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/11/28 12:40
このひとはこれからどこに向かって行くのかな、黒のスケスケ着物座長
はじめに断っておきますがこれは私の感想です。 私の観方、私の意見、そして私の思いです。 と、はじめに断っておいてから始めます。笑。 あなた。先日の座長大会にゲスト出演したあなた。 あなた。立ち役の踊りの際に黒のスケスケのシースルーな着物で登場したあなたです。 なんていうの、もう、ほぼハダカみたいな恰好で踊っていたあなた。 ほいでいっぱいいっぱい勲章みたいに“お花”を貰って帰ったあなたです。 私はあなたを…ポーッとではなく、ジィ〜ッと観てもうて。 ふうん、って言うて、でも、う〜ん、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/11/24 03:39
だからだからもう役者なんかしたく…ないことない橘佑之介
橘佑之介の好きなところ。 それは… 若くて薄い顔なのに苦労顔なところ。 弾けているのに何%がシンドそうに見えるところ。 細くトリガラみたいなのにめちゃキメキメ“かっこよす”な舞台姿。 なのに、かっこよすでイケイケのりのりガンガンなのに、 なんだか滲み出ているようなあの顔あの舞台姿。でした。 そんな彼がまた、いや、遂に、いやいや、なんやかんやで 劇団「魅星」ではなく「炎舞」の副座長に復帰したそうです。 復帰記念の舞台に立った“ゆーのすけ君”はハジケテはりました。 そしてそのハジ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/20 17:24
踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら -「大衆演劇」…「人」-
「大衆演劇」 それは生活=舞台=毎日=仕事=趣味=「生き様」な超・特殊世界。 だからこそ、いやがおうにも舞台に、芸に、「人」が“滲む”、“漏れる”。 だからこんなに気になり、面白くて。 だから、ああ、気持ち悪いけど好きなんだよなぁ…。 そうはっきりと気付いた近頃の私です。 そんな私はふと、ここで、やっと(笑)、 ひとつの劇団…ひとりの役者(!) を追ってみようかと思うようになったり… うん、やっと、やっとね。ニヤリ。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/18 15:42
「舞台」の鴉、舞台の「鴉」。
「例えどんな姿になろうとも俺たちはあんたにずっと… ずっと、生きていて欲しいんだ」 とあるお芝居。 落ちてゆく相手の背中に手を振って、 思わず子供のように両手を振ってその姿を見送ってその旅鴉、 いや、その役者は目に涙を浮かべてそう呟きました。 …のを、私、私は観たんだー…。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/11/13 17:12
“まるごと”なPOPSTARである「春団治」を骨まで愛して
メールをいただきました。 メールフォームから。 お会いしたこともないひとりの大衆演劇ファンの方から。 拝読して、「うわぁ」って笑顔んなって、 嬉しくなって、グッときてしまった。 ≪大衆演劇って世界は人生を見てるみたいで「いいなぁ」と≫ そうですねぇ、そうなんですよねぇ、だから…観てしまう追ってしまう。 ああ、人生は芸に出るんですよね、 私たちは彼ら彼女らの人生、生き様の滲み発される舞台を観て、 彼ら彼女らをいわば“まるごと”愛しちゃうのですよね。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 2

2010/11/04 14:21
Don’t think,FEEL、大衆演劇/夢芝居花舞台
大衆演劇ってヘンテコ。 綺麗やけど綺麗やない。 決して芸術じゃない。 決してうつくしく品よくセレブで趣味の良い物…ではない。 むしろ逆、下世話で露骨でリアル。 …だからこそ、美しく、面白い。 人間が人間臭く人間のまんま出る、大衆、いや、うん、体臭演劇。 だからこそ、でも、それゆえ、汚くって、ああ、それでも綺麗。 舞台=生活=仕事=生き甲斐、オール=(イコール)、オール直結。 ほな、そりゃあ出そうと思ってなくても、 いや、出したくなくても出てしまうんじゃないか、 その人間の素... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 6

2010/10/31 06:23
芝居小屋。定位置。My席。…の理由とか目論見とか。好きな訳。
「朝日劇場」なら… 上手っかわのいっちゃん後ろ、の、 出来ることならむっちゃ大入りで補助席出てるとき、の、手すりの後ろの補助椅子。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2010/09/24 22:12
『旅鴉』 -PRIDE-
そこに見えるは義理?人情? いや、そうじゃなくて、それもあるけど、 それよりもきっとこれじゃなかろうか、 ― プライド。 それは己が生きてきた道、 己という人間を己にしているモノ…“ナカミ”=己。 それは時に他人からは只の自己愛としか見られない …かもしれないけれど、そうじゃなくて、 ただ、ただ「己」。 それは、己が生きていくということ、その生き方…生き様。 そんなのが、2人の旅鴉と、1人の百姓にーちゃん、 …いや、それを演じる役者から伝わる気がする。 だからグッと来る、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 11

2010/09/15 05:53
立ちで、着流し一枚で、音すら何でもよくて…って理想?いや、究極!笑
女形も好きなんだけどね。 でも立ちも好きなんです。 あ、もしかしたら立ちの方が好きかもしれないです。 …えぇ?! でもワシ若いから、いや、若い=バカいから、 女形が好き〜、女形が観たい〜 とことさらに言うてるんです、言うときます。 でも立ち…ワシが憧れるのは、立ちだったりもします。 (どっちやねんってツッコミはなし、だってどっちもなんだもん。笑) それも着流し一枚の、立ち。 たぶんそれって究極的に役者の素…みたいなもんが表れる芸、 なのかもしれないなぁ、なんて思う今日この頃... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/13 04:04
「女形」考 -きっかけは え?! 古田新太?!-
女形が好きで。 なぁーんでこんなに好きなんだろうなぁ、と よく考えるに、 あ、、ワシ、 ワシ自身が女だからかなと思う今日この頃です。 だってワシ、女、女やから男が好き。 いや、そういう意味じゃなくて、でもそういう意味で、 残念ながら同性愛の傾向はありませんので男が好き。 そんな「男」が「女」になる。 無理がある、 その無理をナントカして女になる。女よりも女になる。 その“ナントカ”にまつわる眩暈のしそうなほどの …倒錯! ああ、ワシが女形が好きなのは この、「倒錯」の... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

2010/09/06 21:59
あなたの橋ものがたり -『戻り橋暮色』-
大衆演劇の舞踊ショウのお好きな方がお好きな曲に 大月みやこの『戻り橋暮色』があります。 子連れの女とその子供と、 いなくなってしまった誰かわからへんお父ちゃんのお話。 いや、その女の気持ちを歌う、あの物語。 台詞入りで、まるで曲やのにお芝居みたいになっていて、 せやからちょっとお得感、いや見応えがあって、 いやん、なんだ、ちょっと感情移入しやすくって、 観る方も踊る方も、なので、ちょっと入り込んで、入り込みやすくってさ。 で、これがかかると「来た!」って思う方は少なくないはず。... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 6

2010/09/03 20:06
にやにや、ニタニタが好きなワシ、変態。
ニヤケ顔が好きなことに最近気付きました。 ニヤケ顔…にやにや、にたにた、な顔。 決してエロ顔ではありません。 ま、そんなときも人はニヤケ顔になることが多いですが。 にやにや、にたにた、には、なんだか、なんとなく、 その人の素が表れるような気がするのです。 いや、そのとき、人は一瞬、“素”になるような気がするのです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/08/30 04:47
キミの背中には羽根がある?
後ろ姿で語れるようになるのは、 いや、後ろ姿が語るようになるのは、 いつからでしょうか、 いや、どれくらいの、何からなんでしょうか。 歳?でも、きっと歳だけじゃないんだろうなぁー。 なんてことをあっちゃこっちゃで考えたりするワシです。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2010/08/21 04:42
浪花しぐれ、大衆演劇界の“春団治”へのラブレター
ニタァっと笑って言いはった、「私のテーマソングです」。 そして歌い出したのは『浪花しぐれ「桂春団治」』。 酒も呑めなきゃ女も抱けぬぅぅぅぅ、 そんなど阿呆は死になされぇぇぇぇぇ…。 きゃあ!ってもうその瞬間惚れて、 タマラン!ってもうその瞬間笑って、爆笑、 でも目、ウルッと来て、でも、ニタニタ。 嬉しい、おもろすぎ、アホっぽすぎ、 せやから、かっこよくって、素敵で、メロメロ。 …ああ、“芸人”だ。 ワシが「芸」、いや「人」というもんを面白がり、愛してしゃあない理由。 「ケッ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 4

2010/08/17 04:03
鏡にまつわるエトセトラ -前売り券のオマケ篇-
とある大衆演劇の劇団では前売り券を買うと鏡をくれる。 ロゴ入りとか役者の写真や名前入りじゃなく、ふつ〜の鏡。 ん?も、もしかしてそれ、100均とかで買うてきたやつちゃうの? …と、ワシも、たぶん皆も思ってると思うんですが、 皆、貰えるもんは嬉しそうに貰ろてはる。 ん?も、もしかしてこれ、関西人やから? …と、思わんこともないんですが、そんな「鏡」。 男が女に鏡をあげるってことは、 役者が客に鏡をあげるってことは、 なかなか乙なもんじゃないかと、思ったり、思わなかったり。笑。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/08/14 05:04
シケ(鬘)の話-はらり、くらり、大衆演劇-
シケの話をしたいと思います。 海のシケじゃないよ。 鬘のシケだよ。 シケた話じゃないよ。 シケ。 それはほつれ髪。 今日はそんなシケから、 ほつれほつれて「大衆演劇」ってヤツについて。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/31 22:36
紅大介とその劇団をスキな理由
例えば大衆演劇の踊りって だいたい2パターンに別れると思ってたんです。 @アピールアピール A入り込む入り込む え?極端?笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/07/21 16:49
酒と泪と菩薩と客と男と女…と、ワシ。笑
役者がね、 たまに“菩薩”に見えるときがあるんです。 ぼ、菩薩?!菩薩って何?! って訊かれたら、 宗教に疎いワシは、 正確なことは答えられないのですが。えへ。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 10

2010/07/18 04:45
技よりナカミ -役者の色気篇-
あれは凄み? いいえ、色気。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/05/09 04:16
大衆演劇の役者が一番輝くのはお花がついたとき。
大衆演劇の役者が一番輝くのはお花(ご祝儀)がついたとき。 と、言うと、「そんなことない!」って言われるかしら。 でもそんなことないことないと思います。 そんな露骨なこと言わんでもええと言われたらその通りですが、 生きるってのは綺麗事だけじゃ無理なんですもの。 でも彼らはそんな綺麗事だけじゃ無理な中綺麗な舞台姿を見せる。 ご覧、綺麗な舞台姿でお客さんに夢見せて生きていく。 せやからワシはかの世界を面白く思うし、 その綺麗で汚い、汚いけど綺麗、 いや汚いからこそ綺麗な世界を見つめる... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/03/28 02:10
トホホでワハハな大衆演劇=≪人間≫いっぱいの体臭演劇
やはり大衆演劇に行っています。 「飽きた!」とか「(客の)世界が狭い!」とか言いながらも、 でも、それでも、なんだかんだで行っています。 仕事私事でいっぱいっぱいでも、 それでも、行きます、行ってしまいます。 ほんで、“収穫”を得て帰ります。 かの世界には情報量がいっぱい、 ≪人間≫がいっぱいでこんなにおもしろいこたぁないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2010/02/15 00:52
人生は舞台、人は皆役者でマスクマン、今宵会うひと皆うつくしき。
人には誰しも変身願望があると言われます。 自分以外の誰かになりたい。 今の自分から変わりたい。なぁんて、サ。 そんなとき手っ取り早いのが内面から、ではなく外見。 ヘア、メイク、衣裳、などなど。 そんなものをしてみると、 ちょっと自信がついたみたいになって、 ちょっと自分が変われた…ような気が、あくまで、気が、して。 でも、思うのだ、 うん、変わる、ちょいとはそんなもんで変われる、楽しい。 でも、結局は“ナカミ”“素(す)”だ、って。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2010/01/26 03:38
「足」を観る。
あし。 あしをね、 観てしまうのですワシは。 あしさばき。 踊ってるときの足。 そんなワシはコンジョワルなのか。 それともオタクなのか。 いや、ただ単にシツコク一途なのか。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/14 22:14
見上げればきらきらきらきらと「電飾衣裳」空に舞う
その姿は「ひとりディズニーランド」。 もしくは「ひとりメリークリスマス」。 初めて観たとき笑い泣きしました。 ええい、ああ、君からもらい泣き。 ほろり、ぴかり、ひとり電飾衣裳。 アホでしょ。これ。 アホすぎるでしょ。これ。 最高でしょ。これ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/12/25 17:18
男は黙ってサッポロビール。役者は黙って白コート。
この衣裳。 こういう格好。 この背中。 そんな役者がワシは好き。笑。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/14 21:16
もっと、もっと。見せてよ、見るよ。
ジーッて観るもので。 舞台上に出てないものも 観たい、読みたい、感じたい。 …そう思って観るもので。 気になってしまうんです、 目がいってしまうんです、“あなた”に。 絶対、昔、凄かったでしょ。 昔、ぶいぶい言わせて(死語)たでしょ。 座長とか、 それくらいデカいポジションでやってたでしょ。 なぜなら、あなたからは、 ガンガンじゃないけど、穏やかだけど、 穏やかなのに凄味のような、 そんなオーラが出てるから、見える気がするから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 2

2009/11/28 02:58
真っ昼間の奥様番組に、女形
真っ昼間のテレビに、異形のモノ。 なんやあれ! 真っ昼間の奥様番組に、白塗りの女。 嘘。女じゃなくて女形。 あれなんや! 浮いていました。 あかんものを見た気がしました。 いいね。背徳感。 やっぱありゃ表の世界じゃない物。 一瞬ギョッとしました、そのあと、ニヤッとしました。 ええもん見ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/11/09 23:58
オンナガタ考。
「女形」ってのは、 役者の「“素”っぽいもの」 …それはつまり人間性とか、 …さらに言うと性格とか趣味嗜好とか女性観とか ほんでもって…生きてきた深さみたいなもんとか… が出るような気がするんです。 なんとなく、するんです。せやから、好きなんですよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/21 17:34
アチャラカ・ワールド
『ブラジル音頭』が好きです。 アホっぽいからです。 アホっぽくてゴキゲンで イケイケでワクワクだからです。 なんだかオメデタイ感じ。 アタマワルイ感じ。 意味不明な感じ。 せやから好きです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/10/19 15:58
ふらっと行く? 行きつける? 敢えて選ばず通ってみる?!
憧れがありまして。 それは「行きつけの芝居小屋」を持つこと。 無い物ねだりだと思います。 が、「それもちょっとええな」と思ってたんです。 劇団によって行く小屋を決める…のではなく、 毎月、同じ小屋に行って、そこに乗る劇団を観て、 なんなら、芝居目的ではなく、気分やついでに観に行って、 「ここはあかんな、先月より愛想ないわぁ」とか 「先月の劇団より好きやわ、毎日通うわ」とか言うの。 が、しかししかし、どっこいしょ。 「行きつけ」が出来そうなのです。…根性と足次第で。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

2009/10/04 21:24
秋の夜に「色気」考、というか「エロ」考
今日は「エロ」について書きます。 月が替わって一発目やのに「エロ」って。笑。 でも書く。 好きなテーマです。 芸にエロは大事やと思います。 エロって書くとなんかあれですね、 せめて「色気」って言いましょね。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/01 23:56
昔より今、でも、今よりも、先…攻めてくれ魅せてくれ
チャラチャラした芸風の役者さんがあまり好きではありません。 でも、「冒険している」役者さんは面白いと思います。 「守る」ばっかりではなく「攻める」というか。 てか、冒険してへん役者さんは、どうなん?と思ったりも、する。 だって、いくら大衆演劇といえども、 昔のことをそのまんまやってたら時代錯誤。 流行らない、お客さん、ついてこない。 さぁ、あなたはどう?変わっている?なにか、仕掛けている? 最近気になるのはそういうとこ。…すれてるなぁ。笑 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/20 00:54
赤橙黄緑青藍紫、喜怒哀楽愛欲悪 -大衆演劇の魅力-
先日、 大衆演劇を初めて観たという男性(わりと知と理が立つ方) の感想を聞く機会があってね。 言うには、 「あれやな、 (大衆演劇の役者は)“セックス・シンボル”やな」。 …うおー!ワシがうだうだ書いてることを、 一言で全て言い表してしもた、このひと! 物書き桃は地団太踏んで悔しがり、でも、「うん、うん」と頷きました。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 4 / コメント 6

2009/07/17 03:45
落語と個人舞踊の桃的あやしい関係
ワシ、 大衆演劇の個人舞踊を面白いと思うようになったのは、 落語が好きだったからだと思うんです。 え?何の関係があるの?って感じですが。 前からそない思ってた、 けど、今日ひさしぶりに落語を観て、確信したもんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/04 02:46
それが新開地劇場の魔力というものでありましょう
新開地劇場の舞台はデカいんです。 なんでそない思うねやろ。 だって朝日劇場かてデカいのに。 なんやろな、でも、デカくてね。 いろんな大衆演劇の劇場や小屋に 入り浸るようになった今、 改めて思うのは「舞台がデカい」。 デカいというより、広いか、横に広いというのか。 全てはワシのとらえ方ですが、 でも、それゆえ、この劇場は手ごわいと思うのです。 手ごわい…役者にとっても、それを観る客にとっても。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 8

2009/06/24 16:35
大衆演劇への旅
『大衆演劇への旅 南條まさきの一年二カ月』を読みました。 なんだよ、ちくしょう、ちょっと泣きそうになったじゃないか。 なんでかな、わかりません、が、そないなりました。 「なんでかな」の理由は、きっと、いっぱいあるのでしょうが、 今、己の中でまとまっていない。頭、わるい。 ワシは頭より先に気持ちが動いてしまう人間なので、ばか。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2009/06/13 06:56
さくら、さくら、花吹雪夢吹雪。
やっぱり、とても綺麗です。 何の文句があろう?いや、ある訳ない。 これ、これや、 なんだかんだあって、これが魅力なんだろう。 なんて美しい、なんて俗っぽい、 なんてキラキラ、花吹雪! 大衆演劇ってヤツの「原点」を、 改めて、教わった気がしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/05/29 03:39
惚れちゃった ‐桃的大衆演劇の魅力‐
惚れています。 やっぱり、やっぱり、惚れています。 この世界に、 そして、「人」に。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/05/10 07:28
「しょーもな」‥だから(でも)好きだというお話
正直な話、 ワシは大衆演劇に飽きてきています。 嘘です。 ホントを言います。 ワシは大衆演劇が別に好きではありません。 ううん、これも嘘です。 どう言うたらええかな。 あ、これだ、 「大衆演劇というもの、 それをとりまく“ひと”、 そんな世界」が好きです。 そう、大嫌いで大好きなんです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/04/27 16:58
一蝶の夢。
夜の芝居終わり、送り出し終わり、 劇場近くの「超激安スーパー」でいつも見ました。 さっきまで、客席のいっちゃん前で、ペンライト振ってた、おかあちゃん。 「座長〜!」「○○ちゃぁーん!」って盛り上げて盛り上げて、 役者にもよくいじられてた、賑やかな賑やかな、おかあちゃん。 さっきの顔とは別の顔、きっとこれが「いつも」であろう顔で、 買い物していました。ああ、もう、ぐっとくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/03/30 14:34
恋をしたり涙流したりして、音楽にのせて舞台で踊るんだ
こないだから、まだレミオロメンの『粉雪』について考えています。 昨日一日はずっと粉雪祭でした。聴き過ぎ。 ・・暇?! 暇なの、桃?!  いや、原稿やりながら、仕事ブログやりながら、 でも、頭の中は、i-tuneは♪こなーーゆきィ〜。 いや、正確に言うと、 「『粉雪』から考える、POPSを使って踊る大衆演劇の個人舞踊について」 ・・他にすることないの?! それともほんまにアホなの?! ちょっと、桃、アンタ、気持ち悪いよ。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/12 03:51
物語的「歌」考察。
レミオロメンの『粉雪』って、“演歌”じゃないですか? あ、いやいや、わかってます、演歌じゃないですよ。 “演歌”と書いたのはですね、なんと言いましょうか、 あの、絶唱ぶり、 きれいやねんけどドロッとした声、情念あふれる声(私的感想)、 サビに向かって、これでもか!と盛り上がりすぎて行く感じ、 あの、サビ周辺、ものっすご、〈演歌のスピリット〉を感じませんか? ワシだけですかね? ワシ、“そんな曲”、大好物なんですよ。ふふふふふ、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/01/10 02:21
『キセキ』
座長大会が好きです。 なぜなら、あれは、アホの集まりやからです。 仮面舞踏会ならぬ、白塗り舞踏会。 それに付随する誠にもって不純な気持ち、気持ち。 お金!着物!ハートマーク!わぁ!きゃぁ!カッコイイ!綺麗! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2008/12/20 18:10
「むらさき」にみる、ワシが大衆演劇を好きな理由。
「自分がなんで大衆演劇が好きなんか、なんでこんなにハマってるんか」 その劇団を観ると、その理由と魅力を改めて、感じさせられます。 豪華絢爛、奇妙奇天烈、支離滅裂、百鬼夜行、百花繚乱。 新しい、古い、きれい、気持ち悪い、きれい、ぶさいく、泣き笑い。 太いの、細いの、美しいのん、醜いのん、わけのわからんのん。 メロメロ、引き引き、爆笑、胸にグッ。 ・・・全部ひっくるめて、好きです。これが“大衆演劇”なんやと思うのよ。 その劇団は「むらさき」、舞台の上は福袋!おもちゃ箱!よッ、これぞ、見... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/12/15 17:31
これ以上、なにを殺ぎ落とせる?
お化粧、衣裳、きらきら照明。 出てくるだけで「わぁ」「きれー…」、ああ、もう幸せ。 それが楽しくて行っている。 それが何人も何人も次々に出てきはって、もう、まさに“めくるめく”って感じ。 だから、舞踊ショーに人は魅了される。うん、ワシもそう。 だけど、だけど。ワシは、どこでこんなにスレちまったのだろう。 それとも、ほんまもんの変態なんかしら。そうかもね。 シンプルな衣裳にシンプルな鬘、「オレ、かっこええやろ」アピールや色目ゼロ、 そんな、あれ見て、ゾクっときてるんだから、ねぇ。笑... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/08 02:39
平成花魁風俗〜大衆演劇ショウ編〜
「花魁ショー」が嫌いです。 嫌いなくせに、よく当ります。 嫌いなくせに、当ると、ジッと、ジッと観ます。 今まで、何人の花魁を観たかしら。 でも、果たしてその中に、“ほんまもんの花魁”は居たかしら。 ああ、してみると、もっといろんな役者さんの花魁、観てみたいもんやね。 嫌いやけどね。観てて、気持ちゾワゾワイライラ落ち着かないけどね。 実はこっそり筋金入りの花魁マニアのワシは、 やはり、ものすご、花魁ショーで心揺れます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2008/11/24 17:11
すっぴん
舞台というのは「ハレ」の空間やと思っています。 現実とはちゃうもんを見せる場。 せやから、塗って、着飾って、きらびやかに。 せめてここでは夢を…というハレの場。 やから、そう思ってるから、ワシは好きじゃないんです、「すっぴん(での)ショー」。 面白い、盛り上がる、見てみたい、うわ、見てもた、ちょっとラッキー。 やけど、ううむ、それはどうだ、舞台に見世物として乗せるもんなんやろか。 と思うと同時に、なぜか、関係ないくせに、観てて、こっちが照れたりする。笑 なんだか、もう、見てらんな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2008/11/17 03:23
せんないね、せんないね、幸せになっててくれたらええね。
迷ったけど、書きます。 こーゆーのは、オトナ≠ネらスルーしなあかんとこなのでしょうが、 でも、書きます。心にひっかかってならんので、書きます。笑。 大衆演劇を観だしてまだ数年です、ワシ。 でもでも、そんな数年の間やのに、 「前に観た劇団をもっかい観にいったら、あれ?!居てない?!」 というのがよくあります。あれ?○○さんは? え?辞めた?消えた?逃げた?別の劇団にいった? スルーして、「今」を楽しまないといけないとはわかっていても、寂しいんですよね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/09/06 23:37
桃♪’s ブラジル音頭。
ブラジル音頭をご存知ですか? え〜、ブラジルといえばサンバでしょ、音頭なんて間違っちゃって〜。 …違います。音頭で合うてるんです。 「殿さまキングス」というユニット(?)が唄ってます。 サンバなノリで演歌な歌い方でしっかり音頭です、お囃子コーラスあり。笑。 変な曲です。でも最高なんです。ワシ、大好きです。 大衆演劇の好きな方には神曲です。ね。笑。 松井誠がカバーCD出してます、『誠のブラジル音頭』…あー、はいはい。笑 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/03/23 03:46
イマドキJ-POPでの舞踊は今様大衆演劇、生きてる、魅せてる、踊ってる。
大衆演劇の舞踊ショーが好きです。 中でも、イマドキのPOPSで踊ってるのを観るのが、ワシは好きです。 いや、曲だけとったら、 ヨコモジばかりの、歌詞の意味よく解らんようなPOPSよりも、 まるでもう、一つのお芝居のような演歌の方が、好きだ。 でも、踊りとなると、 「は? 白塗りで、着物で、なんでそんなありえんような曲選ぶ?」 みたいなPOPS使われるとたまらない。爆笑しながら感動する。たまに泣く。 なぜなら、「生」と「今」を感じるから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 2 / コメント 6

2008/03/04 03:48
漠然かつ一人で突っ走ってる「大衆演劇賛歌」、もとい、「人間賛歌」。笑。
曲紹介ある、でも、なかなか舞台上に現れない。 心配になる数十秒、すると、ぱァっと飛び出してくる座長! 純白の裾引きの女形でひとさし舞うて、アップテンポの曲に移行。 お客さんの反応に合わせて表情変える、楽しい振りの動きする、 お客さんも、めちゃエエ笑顔。 …なんなんだ、この空間。 面白て綺麗で、泣けてきた。 大衆演劇にはまって4年目、 「なんで皆こないハマってるねん」「なんでワシこんな虜になってんねん」、 その、謎と魅力の“尻尾”を、なんとなく、ちょろっと、つかみかけた …気がし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/28 23:52
きれいはきたない、きたないはきれい。座大=大衆演劇=《人》。
今年も座大に行きました。 恒例、2日間開催される関西大衆演劇親交会’s 年末座長大会です。 一昨年初めて行き衝撃感じたこの大会、去年しみじみ感動したこの大会、 今年は…両日共行きました。 …大馬鹿者ですね。笑。 去年この会場を後にするとき、決めてたん、 「来年は2日とも行きたい、いやさ、行く」って。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/12/21 21:15
恋に落ちたら誰もが誰かのpop star、神サマがワシに下した使命は。
先月ワシが大須で観て、感激して、ココにわーっと書いた 京大の玉三郎≠アと南條まさき先生、ご本人からコメントを頂きました。 ひとりパソコンの前で静かに大騒ぎ、 落ち着かないので、とりあえず大衆演劇友達(?)の姉様にメール。笑。 感激とめちゃ嬉しいのと申し訳ないので気持ちぐちゃぐちゃワラワラ。笑。 ここ最近カゼひいたかも、とかテンション低かったワシですが、 一瞬でシャンとなりました。笑。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 02:47
芝居観る醍醐味。この小屋。大衆演劇。なかなか楽しい、気持ちいい。
水曜日、お昼、ひさしぶりに芝居行きました。 観たい劇団いっぱい来てたのに今月はなんだかんだバタバタしてまして。 やっと行けた。いやー、実に一ヶ月ぶり。 (竜ちゃんの大公演は除いて。だってありゃワシ、スタッフやし。笑) 肝心の劇団さんの感想(めっちゃ観たかったトコ!)は後にじっくり。 でも、その前にこれ書いときたい、ここで言うときたい、 「ワシ、オーエス劇場好きやわー…」。 笑。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/28 03:12
俗の華ほど美しい?! 大舞台狂乱役者浮世絵図。
昨日おとといと2日間、 大阪は国立文楽劇場にて、 三代目の特別公演が行われておりました。 前にもチラと書きましたが、 何のご縁か、オイラ、スタッフとして参加してきました。笑。 客席座って丸々最初から最後までじっくりという訳にはいかんが、 舞台もちょこちょこ(モニターも含めて)観たりも出来たし。 なかなか楽しい、濃いィ2日間でした。疲れたけど。笑 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 17:30
今日も今日とて濃いィ小屋に、「人」観に、「人」しに、出かけます。
「何か変なオーラ発してるって。 人寄ってくるオーラ(笑)」 最近、芝居観に行き仲間(なにそれ。笑)のお姉さんにこない笑われる。 大衆演劇行くと、ワシ、やたら声をかけられる。 おっちゃん、おばちゃんらに。笑 顔見知りの人に会うて「あらー久しぶり」みたいなんも、ま、たまにおる。 でも、それ以外にもやたら声かかる。知らん人から。 それが、姉様にはオモロいらしい。笑 で、いわく、 「行ったら必ず2〜3人は喋られるやん。絶対、アンタなんかあるわ」。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/30 03:58
アイカワが『哀歌』で魅せた大衆演劇のバカで俗でタマラン素敵さ
月ィ替わったけど、2月の楽日、ひさびさ芝居にゆきまして。 けっこ、気合い入れて、「行くぞ!」と数日前から決めてまして。 冷めながらアツく、そんなんしとる暇ないやろ日に、出向きました。 ココ観るって、決めてました。 訳あって、やっぱりニガテやとわかってる座長を1人で観てきた。 そして、本当に、いい観劇となりました。  ワシ、お礼言いたいよ、“殿下”。 やはり、この方は、今、最も輝いてる座長さん(の1人)です。紛れもなく。 今、いっちゃんノってる役者さんです、哀川昇座長。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/01 03:26
キザ考A。キザと人間味の微妙な関係。そして濃く輝ける理由。
とある、若い座長さん。 ナルシストです。キザです。キメキメです。殿下です。 ワシね、どんな役者さんでも「嫌いっ、もう観たくないっ」てのはないねん。 文句は何観ても言いますが、誰を見ても、 嫌! もう二度と観たくない! ってのはないねん。ほんまよ? でも、ワシはその若い座長さんが、唯一、ニガテでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/11 02:52
桃♪的キザ考。でも、好きなんは照れのあるキザ。
キザってなんやろー…。 これ、最近、大衆演劇の役者さん観てて思うテーマのひとつです。 キザ、ってか、なんていうか、超ナルシスト系、というか、 あ、せや、「自分の世界入り込み型」? 笑。 それらは皆、全部ちゃう意味なんですが、 似たようなニュアンスも、ワシの中ではあって。 キザな芸風の役者さん、大好きです。認めます。 世界入り込んで終わるまで出てきません型の役者さん、大好きです。 でも、そんな芸風の役者さんが皆好きかと言われたら、ちゃう。 なんなんや。なんでアレは「キャー」言うの... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/02/10 02:40
桃♪的、いいお芝居の条件
ちょっととっ散らかった文章になると思うけど、書いてみます。 昨日、また、いいお芝居に会うたので。 はい、うん、そォ、紅さんとこの。笑。 大衆演劇のお芝居を観て、泣いた、と言えるんは初めて。 (筋、全体って意味でね) あれ? 大衆演劇だけ? いや、ちゃうわ。 ワシ、お芝居(どんな分野のでも)観て、 泣いたなんていつぶりやろ。わからんくらいや。 そして、その帰りし、ずっと考えてました。 ワシ、こんな冷たい根性悪のワシに「届いた」のはなぜか。 てか。いいお芝居って、一体どういうモン... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/22 03:58
芸の力の女形。その人がその人の力で、女になる瞬間が好き!
ガキんちょの頃から、ワシは女形さんが好きです。 思えば、ワシの女形大好き歴は、小6の頃からです。 思えば、あれが、こんな悪いオタク道に進むきっかけだったのね。笑 勿論、最初は、見た目から入りました。 「あれ、ホンマに男?!」でした。  当然です。小学生にそんな深い観方は出来まへん。笑 でも、今はちゃいます。 まだまだ大衆演劇のファン歴は浅い浅い素人ファンですが、 女形に関してはやかましくウルサイです。 見てくれキレイなだけでは、満足しません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/19 18:30
今宵会う人皆美しき、アホやけど皆めちゃ美しき〜第16回歳忘れ顔見世座長大会
「第16回歳忘れ顔見世座長大会」2日目、夜の部。 バイト終わって、1時間遅刻して飛んでいきました。ザ・根性。 去年衝撃を受けた、あのギラギラ感をどうしても味わいたくなって。笑 やー…凄かった!! 綺麗なもん、おもろいもん、どひゃぁなもん、いっぱい。 ゾクゾク。わくわく。 綺麗事ではない、めっちゃ《人》を感じられる…、 あーもう、なんてアホなんや、カッコええんや、面白いんや、素敵やな。 そんな大衆演劇のオモロサが福袋のように詰まっておりました。 去年より、より、楽しめた。より、お... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 10

2006/12/22 02:42
人が好きなんよね。人が劇場(そこ)におるんよね。
追っかけな9月が終わりました。 もう正直に書くぞ…28日間の内、24日通った。 思い返せば、今月、ワシは姫路に3日間だけ行く予定でした。 ところがどっこい。 蓋を開けてみればこんな有様。 笑。 元々予定になかった話なのでね、 今月はホンマにいろんな人にご迷惑をかけ、ご協力を頂きました。 ちょっと無理をしました、ちょっとだけ。笑 せやから、ちょっとしんどかった。ちょっとだけ。笑 でもね。 ほんまに楽しかったです。今、振り返って思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/29 03:17
歳忘れ顔見世座長大会〜ちょうど一年、また惚れ直し?!
行きました。行ってしまいましたよ、座長大会に。 ええィ、厄払いじゃ、今月は一回も大衆演劇観てないし、 年末の座長大会観るってちょっと憧れやったし、 「当日券取れるかどうかわかんないけど、とにかく行っちゃえ!」 勢いだけで、夜の部開演の一時間前に劇場へ駆けつけました。 ・・・行って良かった。大満足です。 いや、満足どころかもうお腹いっぱいです。もたれるくらい。 楽しかったー。 いい気晴らし&活力になりました。 (写真は花吹雪さんのポスターより二代目桜座長。オトコマエですなァ) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2005/12/23 01:22
個人舞踊は総合芸術?!〜5分間の物語を奏でる艶姿
大衆演劇お休み月間が終了し(とか言いながら二回も行ったけど)、 昨日は神戸・新開地劇場に行ってきました。 「要ちゃん」こと里見要次郎一座が今月、帰ってきたのです。 先々月、大阪で観たとこなんだけど、 取材のお礼に行かなきゃだし、 今月逃すと一年以上関西での公演はないしね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/03 00:03
地震と舞台と一平さん〜大衆演劇のススメ〜
宮城で大きな地震がありましたね。 一昨日、バイトから帰ってきてびっくり。 宮城で震度6…さくら劇場(大衆演劇の芝居小屋)!?わー! ニュース見て「大丈夫なんかなぁ」を連発。 劇場周辺は、最も震源地に近かったと知り、落ち着かず。 怪我とかあってワシのお気に入りの剣一平サンの顔にキズなんていったら…?! てゆーかあれ以上怖い顔んなったら…?! (失礼な話やなぁ。笑) キャーバタバタキャーバタバタ!!(落語『饅頭怖い』より) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2005/08/18 00:48

トップへ | みんなの「桃的★大衆演劇考」ブログ

桃花舞台 桃的★大衆演劇考のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる